JUDY.jpg 劇団の動画など、ありますよ?
ボス村松ドラマスペシャル「じ・だん」パラパラアニメ
遍歴の騎士ヤマオカ卿の酒気帯びでやんすダイジェスト
けつあごのゴメスダイジェスト
P型柔道一門PV
ミハエルとアイルトンとチュウカドンPV


2017年10月13日

演技開眼7合目(1コ登りました)

こんな感じの心持ちで演技できたらいいな、という心持で昨日の練習はできた。

演出のバブル以下稽古場に居合わせた面々も、半ば感心したという感じで我々の演技を「うん、いや面白いよ」と言った。

昨日できた演技に比べると、今まで20年続けてきた演技はノッキングを起こしてたんだな。

台詞覚えの不安に、「テンポよく間をつめて」というバブル演出の切迫感もあって、気持ちとして常にピンチの状態で人前で台詞を喋っていた。

すごい細い線の上を走っている感じだ。

今年夏にやった、ボス村松のピクニック、で二ページの長台詞を思い出しながら、ゆったりと喋ったというのが一つきっかけになっているのかもしれない。
昨日の「人造彼女」では、結構、えーっと・・ぐらいの気持ちで思い出しながらしゃべれた。

イメージでは線の太さが3倍ぐらいある。

普通の役者さんは多分、これぐらいの心持ちでやれてるんだろうなあ、と思った。

今のつかんだ感覚が本物なら、やっとスタートラインに立てた。

遅いけど、よかった。

一日限りの、勘違いでありませんように。


posted by ボス村松 at 15:53| Comment(0) | 劇団やってます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする