JUDY.jpg 劇団の動画など、ありますよ?
ボス村松ドラマスペシャル「じ・だん」パラパラアニメ
遍歴の騎士ヤマオカ卿の酒気帯びでやんすダイジェスト
けつあごのゴメスダイジェスト
P型柔道一門PV
ミハエルとアイルトンとチュウカドンPV


2017年11月29日

ラフスケッチ

現在執筆中の、ボス村松の国産ハーブ鶏、先週ぐらいからもう書きあがるとか言っておいてまだ書けてない。

話を展開させるキッカケとなる言い回しに、つっかかって止まってる。

言いたい内容は、もう決まってる。

国産ハーブ鶏。十一種類の秘伝のスパイス。

スパイスとハーブって何が違うんだっけ。

表題に絡む、芝居を回す機能としては重要だけれども、軽やかでさえあればいい台詞。

ラフスケッチみたいに、仮の言葉を当てておいて前に進めばいいんだけど、そんな気分になれない。

ああ、この脚本は書きあがるなと思って、言葉の周りをうろうろするのは気分の良い時間だ。



でも次はラフスケッチから書いてみよう。

その書き方を会得すれば、まずスピードアップ。

副次的に構造的で、バランスの取れた見やすいものになるかもしれない。

次に書く題材は決まってる。

冒頭とラストシーンも、決まってる。

ラフスケッチで骨組みを最初に作ってみる、を試してみるにはおあつらえ向きだ。

ボス村松のラジオの稽古前までは、まだ比較的時間がある。

そこまでに脚本を書き上げられるとなると、

いよいよ俺は脚本家として一段上のステージに、無駄に上がることになろう。

無駄って、愛らしいよね。
続きを読む
posted by ボス村松 at 18:23| Comment(0) | 劇団やってます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする