JUDY.jpg 劇団の動画など、ありますよ?
ボス村松ドラマスペシャル「じ・だん」パラパラアニメ
遍歴の騎士ヤマオカ卿の酒気帯びでやんすダイジェスト
けつあごのゴメスダイジェスト
P型柔道一門PV
ミハエルとアイルトンとチュウカドンPV


2017年12月12日

サムゴーギャットモンティブ「メンタルヘルスケア」観劇

おもしろかった。



以下、お話。もう公演も今日の夜の回を残すだけだから、書いてもいいよね。



「これ、僕のメンタル」って言って、手のひらの中にパソコンのマウスみたいな形状の光る物体を持つおじさんが主人公。

「よわってるんだ」とおじさん。

メンタルを小動物のように扱う。

そんなおじさんに、お医者さんや同僚や道すがらの人たちは、心配したりツッコんだり。

おじさんは、そんな弱っているメンタルを森に返すべく、森の奥深くに入っていくと、心配した奥さんが探しにくる。

奥さん美人。

一緒に帰ろうとするところに、突然、インディージョーンズが現れて、わやわやしているうちに、インディージョーンズのお宝とメンタルが混ざって、どれがメンタルかわからなくなる。

インディージョーンズはおじさんの大好きな映画。

インディージョーンズの世界(深い森)でおじさんは、インディーと冒険する・・というわけでもなく、おじさんはただただ戸惑う。

インディージョーンズの冒険は結構おじさんとは関係なく、そっちはそっちで進んでいって、おもしろおかしいテイスト。洋画吹き替え調。

だんだんと、インディージョーンズの世界(深い森)が実は、おじさんの心の中なのではないか?っぽい演出が入りつする。

奥さんはインディージョーンズとお芝居の最後の方で冒険する。

おじさんはそのとき、本筋とは関係ない感じで、変なことになってる(おおむね芝居中おじさんは変なんだが)

奥さんはインディージョーンズと遺跡の探検中、

「わたし、ここ来たことがある」と言い出す。「(おじさんと)最初にデートした映画館」

二人の初デートの時の回想とも、今、森の中で実際に起きている出来事とも、見てるこっちにはどっちでも思えるような、いい感じの雰囲気の中、二人はインディージョーンズ4を見る。

おじさんは、がっかりする。

インディージョーンズは1,2,3と傑作だったのだが、4は駄作だったのだ。

おじさんの人生とインディージョーンズ4がかぶる。

そんなおじさんに、おくさんは、「私、けっこうおもしろかったですよ。この映画好きです」という。

「私は、1も2も3も見たことがなくて、これが初めてのインディージョーンズだし」という。

この時点で、奥さんは実は半年前に亡くなっていて、それがきっかけでおじさんのメンタルが弱っているということを、

観客は知っている。相当グッとくる。奥さんは美人で演技も上手い。

インディージョーンズの冒険は、インディージョーンズの方で勝手にすすんでいて、ラストの盛り上がり部に至る。

裏切り、仲間の死、崩落していく遺跡。

おじさんは、崩落していく遺跡の中で、「この森で二人で暮らせないかな」と奥さんに言う。

おくさんは、「あなただけでも森を出ていかなきゃ」という。

インディージョーンズとおじさんは、トロッコで森を脱出。



お察しの通り、ファンタジー色が強くて、説明はぶいてそんなもん、と投げっぱなしのところが、(こういうとおこがましいが)俺の書く脚本に似てる。

ちなみに、俺の3月に上演する作は、「今日と言う一日を、昨日から明日へと運ぶトラックの一夜と、そのカーステレオから流れる深夜ラジオの話」

うん。似てる。

似ててイマイチの芝居を見ると、お客さんはこんな風に、俺の芝居をみてるのかなあ、と死にたくなる。

似ていてステキな芝居を見ると、憧れて、こんなの俺にはできないや、とへこむ。

実に損な性分の俺ではあるのだけれども、憧れによる、星に向かって歩き出す効果もあるので、トータルでは元気をもらった。

サムゴーギャットモンティブ「メンタルヘルスケア」は、オシャレでデートにも使える作品でした。

小劇場では、こんな芝居を見たい、という芝居を見た。演劇IQが高い。

ミセスフィクションズの、ヤッキーゴーホームと伯爵のおるすばんのDVDを見た時と同じ気持ちだ。

あと、ミセスフィクションズのお父さんは健忘症。


この芝居は、えんちえさんが出演ということで、誘われて見に行ったのだが、えんちえさんは、一番話にからまないぐらいの役柄だった。

でも、超絶上手かった。前回の鋼鉄村松のお芝居で、彼女と共演してこいつ上手いなーと思ってたけど、こんな上手かったのか。役者ぢからで、違いを見せつけていた。台詞回しはもすごけりゃ、この場面のこのガヤの時の表情がソレ??という驚きの瞬間もあった。ゆるみがない。彼女と共演して、よく俺、今、生きてるな。

サムゴーギャットモンティブ、何語でどんな意味があるのかも分からないけど、劇団名でもう、やりそうな匂いはしてましたよ。







posted by ボス村松 at 18:20| Comment(0) | 観劇の感想文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする