JUDY.jpg 劇団の動画など、ありますよ?
ボス村松ドラマスペシャル「じ・だん」パラパラアニメ
遍歴の騎士ヤマオカ卿の酒気帯びでやんすダイジェスト
けつあごのゴメスダイジェスト
P型柔道一門PV
ミハエルとアイルトンとチュウカドンPV


2018年01月31日

88版三国志を思い出した

控えた公演の脚本が書きあがっていると、演劇あるあるとして、財布の中に一万円ある気分だ。

今、俺の財布には一万円入っている。

俺、今、3月上演予定の「ボス村松のラジオ」の脚本、・・書きあがっています!

さらに俺には、未上演で書きあがってる短編が数本あるので、財布にはもう一万円入っていることになる。

そして、俺は今さっき、新しい長編「ボス村松の、ぁあ無情」の執筆にとりかかったのだった。

普段はあふれ出てないところに、あふれ出たパッション。

書きたいお話があると、俺の財布にはさらに一万円となる設定なのだ。

総計、現在俺の財布の中には、3万円あることになるだった。

どうなっとるねん。財布の中に3万円て。

国家予算やないかい。こんなにも俺の財布にお金がたまったことはない。

どうしようこの3万円、俺・・。



考えられるのは、

民に施しをして民忠を上げるか、

配下の武将に施しをして忠誠度を上げるか

敵の武将に贈り物をしてそいつを引き抜くか、

兵を雇って戦争に備えるか・・



・・ええ、俺は全ての戦略をKOEIの88版三国志から学んだ46歳です。



88版三国志では民忠を上げるのは基本でした。基本的な国の統治法は二つ。中途半端はよくない。施しをして民忠を上げて将来の税収を目論んでいくのか、臨時徴収をしまくって国を荒廃させたのち、よその国に移動するか、そのどちらか。

「どうせ、よその国に移動するんだから」と略奪(臨時徴収の極端形)するのは愚策で、略奪は身入りが幾分増える分、配下の武将が引いて、彼らの忠誠度も下がるのでやめておいた方がいい。

配下の武将に施しをして忠誠度を100にしておくのも基本。敵に知力96以上クラスの軍師がいると、こっちの武将の忠誠度が95あっても、軍師の助言によって可能になるコマンド入力「***しますか? はい/いいえ」を繰り返されて結構、引き抜かれちゃう。忠誠度が100じゃないとオチオチ10000人クラスの兵は任せられない。

ということで、やっぱりシステム上引き抜かれない設定でほぼ決まっている奴が使い勝手が良い。劉備であれば関羽張飛趙雲諸葛亮、曹操であれば夏侯惇夏侯淵荀ケ典偉許猪、孫策孫権であれば、張昭周瑜太史慈魯粛呂蒙甘寧陸遜。

敵の武将にお金を送るのは、愚の骨頂。お金を積まれて裏切る奴は案外少なく、裏切る奴はろくでもない。武将を引き抜くには名馬を送るに限る。向こうさんも裏切るにしても、「お金やないで?」というスタイルが欲しい模様。

兵はね、もう、富国強兵のためには、雇って大きくしなければいけない。これは基本、これは真実。しかし、雇った瞬間は兵の訓練度が下がり武装度も下がる。武装度はまだ許せるけど訓練度が下がって、移動距離が1ターンで2ヘックスとか、ちょっとありえない。

さて、俺のこの3万円であるが使い道をどうしたものか。

   ***

88版の三国志ではなく現実のサシ飲みの時の話。俺は、終電がなくなったからと部屋に「お邪魔しまーす」と入って来た配下(忠誠度87)の武将と、お目当ての敵武将に出演願うために、「俺20万おまえ10万ギャラとして用立てて、***さんに交渉してみようぜ?」と作戦しました。さて、それは作戦として正しいのでしょうか。

どうなんでしょう軍師どの?


posted by ボス村松 at 12:33| Comment(0) | 劇団やってます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月30日

印字できた!

公演を一つ立ち上げて、実行に移していくにあたって気の重い作業がある。

DMの送付作業だ。

名簿を更新するのに、エクセルを使う。

印字するのに、郵便局の印字アプリを使う。

共に年に1,2回だけ触るだけのモノなので、いつも0からのスタートだ。

劇団の作業だけでなく、

日々のバイトでも、たまーに発生するレジの返品作業は今でも緊張する。

レアなギフト券を貰った時もそうだ。

ヨード卵光の引換券?! そんなピンポイントなギフト券があるのか?!

あるんですね。

引換券には、小さく額面の数字が入っている金券として扱うものと、額面が入っていない、ガチの引換券がある。

ヨード卵光はどっちなんだ!!

探せ!券の中の額面の数字!!

その間に伸びていくお客さんの列!!


あと、俺のようにヒラのアルバイトには他人事だが、リーダーの業務にお歳暮やギフトの受付業務がある。

夜勤の時間帯に申し込みがくることはめったにない。

申し込みがきたときに走るバイト先スーパーの緊張感はハンパない。

業務自体は毎日やっていれば、なんてことないもの。

所定のカタログを見て、所定の用紙に書き込みをしてもらうぐらいのもだろう(推測)。

おせちを申し込まれたお客様のお正月に、おせちが届かないなんて、想像するだに脂汗だ。

たまに、の作業が大変なのだ。

今回のエクセルの作業は、となりに失業中のお嫁さんがいてくれて全面的によっかかりました。

郵便局の印字アプリも、頭の中におぼろげな記憶がまだ残っていて、実にスマートに印刷できた。

用紙と印字の向きが逆だった!!とか、用紙補給のタイミングで印字されてない住所が発生!!などの過去の失敗を回避できた。

まだ、俺は衰えていくだけではない。成長の可能性も残されているということだ。

あとは、案内文の作成と、それとチラシを同封しての袋詰め作業が残っている。

手間ではあるが、手作業だ。できる、できないでいえば、必ずできる。

これにも、件のお嫁さんの手をアテにしてもいいのではないかと思っている。



posted by ボス村松 at 18:38| Comment(0) | 劇団やってます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月25日

ボス村松のラジオの顔合わせ

3月に上演する、ボス村松のラジオの顔合わせがあった。

本読みをしてから、みんなでビールを飲んだ。

ラジオ飲み会.jpg

楽しかった。

脚本はすでに上がっていて、役もすでに決まっていたので、俺は台詞覚えを随分前から始めている。

毎日毎日、脚本を見ていて気付いたことがある。

俺の役が主役の脚本だなあ、と。

自分で書いた本なんだけど、けっこう授かりものなのだ。

あとで、気づくことも多い。

本読みでは、さすがに自分の書いた台詞なので、ボケとかツッコミの大変よく体に馴染む。

おおよそフルスイングで全編を読んだら、演出の屋代くんに

「テンション抑えて」

と言われた。

良く分かってらっしゃる。

脚本の構造がそうなっている。

一方でラジオDJの役がある。それを聞いている、深夜トラックの運転手というのが俺の役。

人から認められたいという欲を、諦めているがゆえの、清潔感を感じさせたい役なので、フルスイングは違うのだった。

相手に、ゆだねる。

仮に、相手がいい演技したり、ウケたりしても、悔しいと思わない。俺の方が面白くできるとか、思わない。

俺の書いた脚本を上手に演じてもらうことに、悔しいというのは意味がわからない。

意味がわかるかんじで、頑張っていきたいと思います。
posted by ボス村松 at 12:04| Comment(0) | JUDY&MURAMATSU | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月19日

テレビ「デナリ大滑空」鑑賞

録画してあった、「デナリ大滑空」を飯食いながら見た。

デナリは、俺にはマッキンリーとして耳馴染みがあった山だ。

開拓者がつけた名前から現地古来の名前に戻ったパターンと思われる。

植村直己が冬季単独登頂を果たしたのち、命を落としたあの山だ。

今回山岳スキーヤーの佐々木さんが、難関ルートから頂上付近まで登った後、これまた急で狭い斜面の南西壁を世界で初めてスキーで滑り降りるという。

なんでスキーで難関の斜面を滑り降りなければいけないのか、という疑問は、なんでわざわざあんな疲れるバタフライという泳ぎ方をするのかというのを問うのと同じナンセンスだろう。

わかったよ。スキーで滑ることに意義があるのね。

しかし、滑り降りるのが主眼の今回に、わざわざ「難関ルートから登る」というのをくっつける意味は分からなかった。

D難度の三回転二回ひねりを伸身でやると難度がH難度に上がって得点が伸びるというものなのか、せっかく京都に行くんだから奈良にもいっとけみたいなものなのか。

とにかく、登りからがキツイ。

下調べに前年に一般的なルートから登った時は、サクッと歩いて登っていた。

一般的なルートでいいじゃん。

本番は、15時間ぶっ続けでスキー板を担いで氷の壁を登る。

両手にピッケルをもって交互に突き刺しながら、足先のアイゼンで登る。足場はない。斜度80度。15時間登って、予定の場所まで達しない。道中一泊多くするしかない。高まる凍死のリスク。雪崩。

二日かけて滑空を始めるポイントまで上りきる。

休む間もなく滑空開始。

っておまえ、もうヘトヘトじゃん。

滑り下りる斜面は十センチほどの厚みがある雪に覆われているが、その下は氷。スキーのエッジが効かない。

風や雪崩で、雪が消えて氷がむき出しになっている部分もある。

「氷を選ばないことが勝負ですね」

だいたい天候が勝負とか、その時の雪の状態が勝負とか、いろいろ勝負勝負と言っているのだが、結論は「行くしかない」に決まっているので、勝負も何もあったもんじゃない。

案の定、相棒1が氷につかまり滑落。ギャー。全部空撮の映像で映っておる。

雪煙と共に意志のない人形みたいな影が斜面を滑っていく。

途中で止まる。動かない。佐々木さんは声をかける。返事がない。

佐々木さんは氷の斜面にスキーを脱いで救出に向かう。

相棒1は靭帯断裂。

「すまん」と泣く相棒1。「いやいやオッケー、生きててよかったよ」

滑空する斜面は、斜度がきつく、周囲も崖、クレパスもある。

そもそもスキーでコケたら死ぬという設定が無理ゲーすぎてわからない。

往年のゲーム、スペランカーのようだ。

またタイトルに「デナリ大滑空」とあったが、俺は全行程をスキーで滑り降りるとは思いもよらなかった。

いい塩梅のところを選んでスキーで滑るのかと思ってた。

正解は、「全行程、スキー板を履いて、スキーをする」、なのだった。

頭おかしい。最大斜度55度。

佐々木さんは、滑空を半ばにして、靭帯断裂の相棒1を連れてキャンプ4まで歩いた。

今回の冒険もここまで。

と思いきや、相棒1は「俺は一人で山を下りるから(靭帯の切れた足で)、佐々木は残りを滑ってくれ」

と言う。

翌朝、一気の滑空はならなかったが、途中でやめたところから再チャレンジ。

ヘルメットに付いているカメラの映像があるんだけれども、これがおっかない。

晴天で視界はいいんだけど、斜面が切れてその先が青空となっている、その先が、崖なのか角度が急になっただけで斜面が続いているのかが、わからない。

空撮の映像で、ルートを間違えて崖に向かう佐々木さんが映る。

俺の気持ちはもうドリフ。「しむらー、崖、崖ー」

気づく佐々木。「やっべー、崖だったよ」

おお、そうだよ。今、おまえ超やばかったよ。

隣で飯食ってるお嫁さんは泣いている。

人生で初めての「危ない泣き」だそうだ。

佐々木さんと相棒2は、最後の難所、超狭い、崖、急、氷、斜面を抜けて無事生還。

植村直己の座右の銘「冒険は生きて帰ること」(マッキンリーで死んでます)を、やはり矜持としている佐々木さんは声を上げる。

「生きて帰ったぞー」

わざわざ死地に行って、生きて帰ったぞもないもんだ。

「やばかった。二回死んだ」

ツッコミ待ちのボケのようでもあるが、たしかにはすごかった。

でもだめだな。この人も死ぬまでなのかもしれん。

訃報をニュースで聞かないことを願う。

奥さんと子供さんを映した映像もあった。奥さん美人。

「極限まで、楽しみに行ってるんだよねー。帰ってきてお話をきかせてくれればと思います」

笑顔。

そして子供に向かって

「この子もすぐに登っちゃいそうだなー」

また笑顔。

まだおっぱい飲むか飲まないかぐらいに見える子供さんは、確かに佐々木さんに似ている。

佐々木さんは「家族を持って幸せを噛みしめると、帰ってこなきゃっていう気持ちが強くなりましたね」

だとさ。しかし、その言葉にはやっぱりどこかに帰って来れない自分に同意してるようにも思える。

つぎは、単独に挑戦か?

見ながら食べたごはんは、鮭チャーハン(俺作)、サトイモの煮物(嫁作)、投入味噌汁(嫁作)でした。





posted by ボス村松 at 19:00| Comment(0) | 文化祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月18日

ギアを上げた、だと?

劇団ミーティングがあった。

バブルムラマツがすごいやる気になっている。

今までギアを2とか3で走っていた彼が、おそらく人生初めて5のところに上げた。

ちゃんとペダルをふめるんかいな、と思うのだけれど、声援は送りたい。

彼のこのやる気には、美人制作の存在があると思われる。

不美人制作ではこうはいくまい。

ママンスキーや、元キラ―村松Jr.には悪いけれども、男とは、そういうもののようだ。
posted by ボス村松 at 17:51| Comment(0) | 劇団やってます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月15日

スマホ持ちになりました。

「だめだ。早すぎたんだ。溶けてやがる」

巨神兵ボス.jpg

失ったスイカを再発行し、撤去された自転車を引き取り、Tカードを再登録し、

ガラケーを捨てスマホになったボス村松は、完全体になったはず。

しかし、スマホはボス村松には早すぎた。

「た、たっち・・ぱねる、そこ・・さわってない・・」

「ぱ、ぱそこんとの、どうき・・ぱすわーど・・」

この機械、なんかよそよそしい。

片手で扱って飯食いながら見ずらい。

毎日見ていた将棋の棋譜速報も開かなくなった。

時間が増えて、よいことだと思います。

知り合いの方々へ。

キャリアのアドレスは死にました。

連絡はGMAILのアドレスか、LINEにおねがいします。
posted by ボス村松 at 16:28| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月11日

おやすみなさい。

ついにスマホが家に届いた。

路駐で撤去された自転車も取り戻し、スイカも再発行されている俺はもはや完全体と言っていいだろう。

スイカを使って星野くんのバーに行って、うちのいらない電子レンジを置いてきた。

ついでに飲んだ。たのしかった。

ともあれ、年初に上げた今年の目標、「電子レンジを置いてくる」を1月にしてクリア。

のこりの11か月を、おまけとした。

ただ現在、スマホをちょっと触って、なんかメンドクサイナーとしり込み中。

一回寝て、起きてからつなげる。

そこで、完全体だ。
続きを読む
posted by ボス村松 at 10:44| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月07日

2018年もまっすぐ歩けそうにありません

2017年の年末の私は、スイカを紛失しスイカを持たず、駅で切符を買い、

Tカードを紛失し、未登録のTカードを使い、

携帯は紛失していないものの、充電器を外すとすぐ電源が切れるので、家電として携帯せずに使っていた。

2018年に入り、Tカードの紛失手続きをして旧カードと新カードを統合、ポイントを使えるようになった。

JCOMの人に来てもらって、ソフトバンクを解約、JCOMの格安スマホを使う算段もついた。

あと3日ほどで、アクオスケータイが届く。

スイカも紛失届をして再発行すると、スイカ内のチャージ金がそのままに新しく使えると知る。

先日紛失届を出したので、あとはJRに再発行に行くだけだ(紛失届提出、即再発行はできない)。

これで、ようやく俺も2000年代の人間に戻れると思っていたところ、

池袋で路駐した自転車が撤去されて、歩きの人間になってしまった。

もう、俺!!

健康診断があった日に寝過ごして、急いで自転車を駆って池袋のクリニックに到着。一か八か自転車を路駐。

一時間ぐらいは大丈夫だろう。

健康診断を終えたところでは、自転車のことを忘れていた。

「ああ、ここのクリニックはドリンクバー無料だった」といらんことを思い出して、

週刊マンガ誌を読みながら、コーヒーを飲んだ。

モーニング面白かったです。

ビルの10階にあるクリニックを出て、エレベーターに乗った辺りで、自転車のことを思い出す。

やば。

一階ロビーからガラスの自動ドア越しに見る、歩道には俺がそこに止めたはずの自転車がない。

はい、しゅーりょー。

辺りを見回すと「午後3:00に撤去しました」との立て看板があった。

腕時計を見ると3:10とだった。10分遅かった!!

30分ほど、マンガを読んで新聞読んでた。

痛恨。

マンガを読むなら、マンキツに行こう。

クリニックのドリンクバーも無料だけど、蔵書は限られてるし、高くつくぞ。

自転車の引き取り額は5000円。
posted by ボス村松 at 08:01| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月01日

あけましておめでとうございます。

一年の計は元旦にあり。

今年こそ、恵比寿スターバーに使わなくなった電子レンジを持っていくぞ。

***

帰省して実家にいる。

これから、妹の友人がお嫁さんになっている、料理屋さんのおせちが卓上にのぼる。

たのしみ。

前にお店に連れて行ってもらった時に食べた前菜は、俺の生涯レベルで記憶に残る味だった。

おせちはどんなことになっているのか。

***

昨日は紅白歌合戦を堪能した。

林檎ちゃんとトータス松本のデュエットが上手でよかった。

一年前の林檎ちゃんは、なんか調子悪かったから、ハラハラしてみた。

やっぱりカッコいい。やっぱりパーフェクト超人だ。

スーパーフライが一番よかった。うますぎるのは、そこに収まってる感じがして好きじゃないんだけど、歌の後半部分になってくると、それを超えてきた。めちゃくちゃ声が出る。とんでもねー。

ぐっと感動した。

ゆずがオオトリで、ゆず〜?と思ったけど、ゆずもよかった。

ガンダムのめぐりあいが、良曲なのは、ガンダムVが名作なのが大きい。

ガンダムとジオングの死闘が頭に蘇る。

ゆずのも、オリンピックが蘇った。

北島はすごかったなー。





posted by ボス村松 at 10:18| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする