JUDY.jpg 劇団の動画など、ありますよ?
ボス村松ドラマスペシャル「じ・だん」パラパラアニメ
遍歴の騎士ヤマオカ卿の酒気帯びでやんすダイジェスト
けつあごのゴメスダイジェスト
P型柔道一門PV
ミハエルとアイルトンとチュウカドンPV


2018年03月08日

餃子飲み

前回練習の反省を生かすべく、抑えて演技をしたら合格をもらえた。

簡単簡単。役柄なんてスイッチ一つだ。

一方、台詞が抜けて芝居を止めた個所もあった。

なさけない。自分の書いた本なのに。

出演者随一の安定感を誇る塩原くんの秘密は、台詞覚えのよさ。

相手の台詞も全部入っているのだろう、自分が脚本のどの部分にいるかほぼ把握しているように見える。

これまた台詞覚えがダメなケツプリオが台詞を飛ばしたり、忘れて言わなくても、塩原くんは機転を利かせて話をつなげてくる。

芝居を一本、気持ちよく終わらせるには、ここまでたどり着いて一人前の気がするんだよな。

そこまで行って、初めて楽しめる。

これまですべての役者活動において、俺の気持ちの第一位は、綱渡りのハラハラ感であることは間違いない。

止める止めないのところで、お芝居がしたいです。

脚本を上から読む。下から読む。斜めから読む。気持ちをこめて読む。口の運動として読む。あらゆる角度から読んで、頭に印象づけるのだ。

これからはバイトの出勤も絞ってあるしな。

がんばろう。

   ***

今日は飲む!ということで、演出のヤシロが練習を1時間早く切り上げて、江古田で有名な餃子屋へ。わざわざ予約まで取ってある。

余裕あるな!!本番1週間前だぜ。

乾杯ののち友情をはぐくむ。

演出、出演者の中に、作品のポテンシャルに対してイケるんじゃね?の気持ちが感じ取れる気持ちのよい飲みであった。

チケットの売れ行きの話はしない。無粋だからな。

ヤシロのその辺の割り切りはすがすがしい。

ケツプリオは飲み会に強いな。おもしろい。

塩原くんは、真面目か。


posted by ボス村松 at 11:31| Comment(0) | 劇団やってます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする