JUDY.jpg 劇団の動画など、ありますよ?
ボス村松ドラマスペシャル「じ・だん」パラパラアニメ
遍歴の騎士ヤマオカ卿の酒気帯びでやんすダイジェスト
けつあごのゴメスダイジェスト
P型柔道一門PV
ミハエルとアイルトンとチュウカドンPV


2018年06月30日

チケット発売開始

明けて、7月1日、ボス村松の国産ハーブ鶏チケット開始である。

ここに合わせて、HPを作ったりチラシ作ったり公演のガワを固めてきた。

脚本はとうの昔に完成していて、台詞覚えも一通りはさらってあるで。

同じく7月1日より、バブルムラマツ作演出の「ライオン殺し」の練習が始まる。

上演の順序としては、ライオン殺し→国産ハーブ鶏の順である。

W杯も決勝トーナメントが始まる。

で、バイトが休みの今日に、俺が何に一番時間を割いていたかと言うと、ボス村松の自転車泥棒の脚本書きなのだった。

国産ハーブ鶏の同時上演の、ボス村松のピクニックの脚本改定もした。

お盛んですよ。

さて、そろそろフランスーアルゼンチン戦ですな。

羽生さんは豊島くんに、負けた。

でも面白い将棋だった。

公演特設サイトはこちらから。

   ***

「ボス村松の国産ハーブ鶏」


チケット購入一番乗りは誰だ!!
posted by ボス村松 at 22:47| Comment(0) | 劇団やってます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チケット発売開始

明けて、7月1日、ボス村松の国産ハーブ鶏チケット開始である。

ここに合わせて、HPを作ったりチラシ作ったり公演のガワを固めてきた。

脚本はとうの昔に完成していて、台詞覚えも一通りはさらってあるで。

同じく7月1日より、バブルムラマツ作演出の「ライオン殺し」の練習が始まる。

上演の順序としては、ライオン殺し→国産ハーブ鶏の順である。

W杯も決勝トーナメントが始まる。

で、バイトが休みの今日に、俺が何に一番時間を割いていたかと言うと、ボス村松の自転車泥棒の脚本書きなのだった。

国産ハーブ鶏の同時上演の、ボス村松のピクニックの脚本改定もした。

お盛んですよ。

さて、そろそろフランスーアルゼンチン戦ですな。

羽生さんは豊島くんに、負けた。

でも面白い将棋だった。

公演特設サイトはこちらから。

   ***

「ボス村松の国産ハーブ鶏」


チケット購入一番乗りは誰だ!!
posted by ボス村松 at 22:46| Comment(0) | 劇団やってます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月26日

妹にお小遣いをもらった

先週末、実家に帰省してました。

シースーと、焼肉をごちそうになりました。

さて、東京に戻りますとなった夜行バスの時間が、日本ーセネガル戦とどんかぶり。

なかなかそこまで考えて、バスは取れない。

「しまった、見たかったな」とこぼしたところ、妹が私に、その帰りの夜行バスをキャンセルしなよ。と言う。

「明日帰ればいいよ。新幹線代を払ってあげるから」と言う。

妹は美容師で、去年、実家には一部を改装して小さな美容院のスペースができた。

商売なんてやっていけるの?

始めるにあたって、戦々恐々としていたのだけれど、この一年は順調だったようだ。

一万円出せる身分になった。

お兄ちゃんはおまえがまぶしいよ。

妹は一期一会、まるで戦いのように、一人のお客さんの髪に挑むスタイル。

一つの出来栄えに天にのぼったり、地獄に落ちたりする。

その日の戦いに敗北したらしい妹はしゅんとなっていた。

日本ーセネガル戦はテレビの前に俺もいて、にぎやかに見たいということだった。

俺はありがたく一万円もらって、新幹線代には内心3000円足りないなと思いながら、サムライブルーの引き分け劇を見た。

いい試合でしたね。本田△。

妹は熱心に見るかと思いきや、スマホのパズルゲームをしながらの、観戦だった。

ゴール前のシーンだけ、テレビに目を移していた。

なんやねん。


posted by ボス村松 at 19:11| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月22日

帰省

高速バスって安いよなあ。と思い、もっと気軽に実家に帰ってもいいんじゃない?と思った。

往復で1万円かからない。

特に理由はなく今週末に実家の石川県に帰ることにした。

あえて理由をつけるなら、お盆は「ボス村松の国産ハーブ鶏」の公演前だからあわただしくなりそう。

HP製作が途中なので、それ用のパソコンと、台詞覚え用の脚本は忘れずに。

お土産には食べ物がいいんだろうけど、母も妹も肉を食べないからイマイチ、セレクトする俺の興が乗らない。

この前たべた、キューピーのえびのビスクソースが美味しかったので、それを持って行こう。

多分、石川県でも売ってる。



posted by ボス村松 at 18:51| Comment(0) | JUDY&MURAMATSU | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月21日

羽生竜王が名人戦に敗退

サッカーがコロンビアに勝って、喜んでたら羽生竜王が名人戦で敗退が決定していた。

最近調子が悪い様子。

豊島くんと戦う棋聖戦も失冠して藤井君が勝ち上がっている竜王戦で、最後のタイトルであるところの竜王を藤井くんに奪われるというのが将棋の神様の書いたシナリオなのかもしれぬ。美しい。

「体力の限界、気力も尽きて引退します」

千代の富士→貴乃花のバトンリレーを思い出す。

中原名人の心残りは羽生竜王とタイトルマッチを戦えなかったこと。

ちょっと僕がだらしなかった、と言ったのを読んだことがある。

これもこれで、滋味深い。

   ***

叡王戦ドリームをなしとげた高見叡王は、多分前に、戸辺教室の打ち上げで一緒に飲んだことがあって、

その時はタイトルを取ったら、俺がタカミタイチ物語を芝居として一本作ると言っていたような。

違う人だったかな。

高見叡王、このブログを読んでいたら、お返事ください。

俺、書くの?

   ***

コロンビア戦を見たいなー、と思いながらバイトのレジを打っていて、二時間経って、もう今頃終わってるかなあと思った時に、
「この俺がいつものレジを打っているいつもの二時間の間に、あれだけの人と、思いと、が詰まった特別な戦いが始まって終わっているのだ」
そんな事実に、とても普通が事実に、胸がドキドキして、俺の演劇ダイナモがぐるぐる回った。

そんな話を、焼き鳥屋で辻さんと藤堂さんの前で話したら、

辻さんがすごく感心してくれた。
posted by ボス村松 at 18:28| Comment(0) | 将棋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月17日

クララが立った

ここ数日、「ボス村松の国産ハーブ鶏」のチラシを作っている。

作り始めるまでが、めんどくさいが、作り始めると楽しい。

いろいろ調べてみると、印刷屋に入稿まで、自分の力でできそうだ。

すごいぞ、無料お絵かきソフト!

企画を考えたときにはなかった、辻さんの料理と合わせて上演とか、

同時上演の「ボス村松のピクニック」の不在のマドンナ役を、役にしちゃうとか、

走りながら膨らんでいくのは面白い。

プロデューサー気質みたいのは、あるんだよな。

まずはハーブ鶏の台詞覚えをしてるんだけど、どうしても、うまく覚えられないところが、今日やっと言えた。

四行ぐらいのセリフなんだけど、すげーうれしかった。

クララが立ったと思った。

岡崎慎司もW杯に立てるといいと思う。
posted by ボス村松 at 20:21| Comment(0) | JUDY&MURAMATSU | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月10日

にっぽん、ちゃちゃちゃ

スーパーのレジの話。

お客さんが、一番大きいレジ袋相当の量の商品を買い物かごに入れて俺のレジにやってきた。

しかしその商品の中には、横にすると形が崩れそうなものが混じっている。

そんな時、俺は「レジ袋二枚を二枚に分けますか?大きい袋一枚でよろしいですか」と聞く。

これまでの全てのお客さんは、「大きいの一枚で」か「二枚に分けてもらって」と答えてきた。

二、三日前のことだけれども、初めて「どっちでもいいです」という答えをお客さんから貰った。

おそらくこれまでのお客さんも、どっちでもいいと思っている人は多かったと思う。

でも、これまでの全てのお客さんは、俺の二択の質問に、真摯にどちらかを選んで、「二枚に分けて」もしくは「大きいの一枚で」と答えてくれていた。

どっちでもいいです、と初めて言われて俺は一瞬フリーズした。

その初体験に戸惑う姿は、まさしく代表に初めて選ばれて初めて世界レベルと対峙した代表国内組といったところだろう。

想定外にとまどいました。

そのとき俺は「どっちでもいいですよ」と言ったお客さんに「では大きいの一枚をお付けしますね」

そう言って、一番大きい3Lのレジ袋をお客さんにつけたのだった。

厳密にいくとレジ袋の原価は3L・1枚>2L・2枚なので、正解は逆。

2L二枚が正解。

がんばれ、日本代表。




posted by ボス村松 at 08:50| Comment(0) | JUDY&MURAMATSU | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月03日

お嫁さんの誕生日に、ふたりでごはんを食べました

お嫁さんの誕生日、遊園地、映画、温泉ととしまえんをコンプリートしたあと、練馬駅から徒歩5分ほど千川通り沿いととしまえん通り(だっけ)の交わるところにあるブッチャーズバルに行った。

ブッチャーズバルは、肉屋が直営する居酒屋、だから安い! というよくある謳い文句でそんなのは巷にあふれてる。それだけではお嫁さんの誕生日に値しない。

俺はこのお店の味付けが好き。ドレッシングとか想定よりちょっとおいしい。ラム肉って、こんな美味しいんだと知ったのもこのお店だったな。

夫婦円満アピールのこのブログだけれども、もう、一日いっしょにいたので、レストランの席で改めて話すネタも尽き、ややつまんない人間としてお嫁さんの前に座っていたと思う。しかし、それを解決してくれるのが、アルコールというもので、出来上がった時には俺の方の気まずさは消え、二軒目いくぞ!となった。下戸のお嫁さんの気持ちは知らない。

断っておきますが、我々が二軒目行くなんてことはほとんどない。過去1,2回あった程度のもの。

2、3日前にネット記事で串カツ田中の話を、二人が読んで、お嫁さんが行ったことないという話をきいていた俺が、ひそかに心に二軒目には、と作戦していたのだった。

というわけで、ブッチャーズバルでお腹ぽんこぽんこちゃんにならずに、余力を残して退店。

串カツ田中に行く。

フツーにおいしい。知ってました。

なんだろうね、とんかつなら、とても美味しい江古田の名店、とんかつ藤に行けば、1100円の「シソ巻ネギとんかつ・おかわり1回無料・味噌汁はトン汁」でおなかぽんこぽんこちゃんで大満足になるんだけど、人は、とても美味しいの他に、ちょびっとづつ違う食べ物を食べたいという欲求もある。同じカツでも、串カツ田中はその欲求によく応えてるんだな。

ここでも一時間ほど座って、ウチに帰って、セブンに寄ってアイスを買った。

雨はもう降っておらず、明日は晴れという。

お嫁さんの誕生日が5月というのは、なかなかサワヤカないい季節だと思うのだが、お嫁さん自身は「私の誕生日は、すごい雨が多い」と言う。

俺には自分の誕生日の天気の印象は全くない。

来年のこのブログでお会いしましょう。

また雨の日の出来事を書いてるのかな。

来年のことを書けるぐらいには二人とも病気してないのは、ありがたいことだ。

この歳になると、何より健康が大切だということが実感するところだ。

posted by ボス村松 at 08:07| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする