JUDY.jpg 劇団の動画など、ありますよ?
ボス村松ドラマスペシャル「じ・だん」パラパラアニメ
遍歴の騎士ヤマオカ卿の酒気帯びでやんすダイジェスト
けつあごのゴメスダイジェスト
P型柔道一門PV
ミハエルとアイルトンとチュウカドンPV


2018年07月03日

2点取って負けたとか、関係ない

いい試合だよ。戦えてるじゃん。

からの、後半入ってビューティフルゴール2発で2点リードした。

これ勝っちゃうんじゃないの?

この”勝てる・勝ちそう”を何に例えよう・・。

麻雀に例えよう。

東場は小場で流れて、南入しました。

南1局でサクッと満貫ツモ。

南2局の親に回って、配牌開いてみると、いきなり三色イーシャンテン。

流れ来てるわと、ツモってみるとサクッと両面の方引いて、カン8萬でダブルリーチ。

ベルギー一発で振り込んで、親マン直撃、顔真っ青、・・・ぐらいの恵まれに思える。

ドラは絡まなかった。

うん、それぐらいだ。

でも、それぐらいだったら、結構まくられることもある。俺は。

案の定というか、日本もまくられた。

サッカー日本代表やっぱ負けたか―。

やっぱとか言っちゃダメなんだろうな。

しかしベルギーさん、お強い。

でも、よく代表さん頑張ってた。点を取ったシーンだけじゃなく、代表さんのパンチも入ってた。全然戦えてた。

おもしろかった。

とはいえ、というか、それだけに、というか、このなかなか入らないシュートがビューティフルに二発連続で入る超恵まれの展開で勝てなくて、じゃあどうやったら勝てるんだよ。と沈痛な気分にもなった。



はた、と気づく。

いやいや何だよその沈痛。

これ、俺と全然関係ない話じゃん。俺とサッカー。




でも、それ言ったら、何でも関係ない話だしな。




ところで、試合が終わってネットを覗いてみた。

敗戦をふまえた選手たちのコメントがそこかしこにあった。

出し尽くしたけれど届かなかったと皆、泣いている。

他人事ながらやっぱり、そういうのを見ると、ホロリとなる。

宇宙には無数の平行世界があって、その中のひとつに俺たちは生きているそうで、

だったら、俺は・・

2−2の同点になってもいい。いやむしろ同点は歓迎。

俺が生きてる世界を選べたなら、その同点ロスタイムからの本田△のフリーキックが決まる平行世界に生きていたかった。

本田△!と叫びたかった。

フリーキックの軌道がもうちょっと上で、ゴールキーパーは届かない。

ゴール! 本田△!

そのまま笛。

これがよかった。

実際、惜しかったように見えた。本田△のシュートは枠内入ってたし、リプレーで見ると無回転で落ちてたことに、今俺の記憶にはなってる。惜しかった。

前述の、シュートが決まる希望のタイムラインの世界は、多分俺の住む平行世界の隣の平行世界だった。



でも、パラレルを言いだしたら、それはもう、もしもボックスと同じなので、

俺にもしもが使えるなら、

そのときは、自分の芝居が大成功の世界を希望するわけで、

やっぱり日本2−3ベルギーは、俺と関係ない遠いところの話だ。



サムライブルーの彼らにはまあ、よく頑張った。夢をありがとうと結ぶぐらいが実際のところなんだろう。

この敗戦に俺が沈痛になるとか意味がわからない。



これまでのメディア記事で、そーゆー「感動をありがとう」的軽いフレーズを見ると、いい加減消費用のフォーマットに感じられて、げんなりしていた。

でも実際、俺こそが、まさしく軽くて浅い感動の消費者なのだよ。

メディアのフレーズと俺の感傷は実は、全くのイコールで、じつにピッタリしているのだと、さっき気づいた。

そんな皮肉なジカクが面白いな、と思って、今回一時間かけてこの長文を書いた。


ここまで書いて、もう一回、「でも」が入った。

彼らは代表を名乗っている。

こんなショーモナイ俺も数に入れて、背負って、代表して戦ってたのかな。

そっかー。

いや、いいのに。そんなことしなくても。
でももし、背負っちゃていたんだとしたら、お疲れ様、がんばったよ、おもしろかった。
posted by ボス村松 at 16:53| Comment(0) | 体育祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする