JUDY.jpg 劇団の動画など、ありますよ?
ボス村松ドラマスペシャル「じ・だん」パラパラアニメ
遍歴の騎士ヤマオカ卿の酒気帯びでやんすダイジェスト
けつあごのゴメスダイジェスト
P型柔道一門PV
ミハエルとアイルトンとチュウカドンPV


2018年07月31日

ボス村松の国産ハーブ鶏、稽古初日前

バイト明け、体が疲れて寝れないので脚本を読み直している。

今日が稽古初日だ。

俺の脚本で、ファンタジー要素が一切入ってないのも珍しければ、面切っての一人台詞がないのも珍しい。

純然たる会話劇。

平田オリザに面と向かって、会話劇と言っても俺は恥ずかしくない。

いい脚本を書けたな、と思う。

下品に落ちない、くすぐり要素満点の洒脱な会話。ウケをとれるかどうかは役者の技量次第。

0にも100にもなる。

会話劇にありがちな、悪口、噂、三角関係、人違いもなし。

会社の仕事と料理の話。

ただ駄弁るわけではない。展開もあり、裏切りもある。

人の生きる悲しみまで届いて、救いも提示される。

この芝居はモノにしたい。

脚本を書き始めて、5年目ぐらいから、フツーの会話で笑わせたいと思っていた。

なかなか出来ないでいて、今、30年近く経って、ようやくこの脚本を得て、

役者としての引き出しも、勝負できるまでになっているような気がする。

3劇場公演の、お料理の回はもう、売り切れそうだけど、他にはまだレティクル座の鈴木くんしか予約入ってない。

30年の集大成を何とか見に来てやってください。




posted by ボス村松 at 12:00| Comment(0) | JUDY&MURAMATSU | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする