JUDY.jpg 劇団の動画など、ありますよ?
ボス村松ドラマスペシャル「じ・だん」パラパラアニメ
遍歴の騎士ヤマオカ卿の酒気帯びでやんすダイジェスト
けつあごのゴメスダイジェスト
P型柔道一門PV
ミハエルとアイルトンとチュウカドンPV


2019年01月15日

エチケット

昨日、私生活のオイタが発覚して引退した純烈の人のことを書いた。

今日、その人の復帰を嘆願するファンのツイッターが削除されたという記事を見た。

被害者の方の気持ちを考えろ、と批判の声が上がっていたとのこと。

私の昨日の記事に批判の声が上がらないのが、おかしい。

きみたちは、私の記事も読みたまえ。



さて、みんな大好き、俺も大好きな、三村マサカズも、引退した純烈の人のことを、ツイッターで批判していた。

「自分の弱さから、DVしてしまいました」という彼のコメントに、強いのが弱いのに振るうのが暴力である、と。

弱いのが強い方に暴力なんてふるえない。

引退の純烈の人はちょっとカッコつけて言っている。

反吐が出ると言っている。

なるほど、その通りだと感心。

自分の弱さから、っていうのは自分に向かい合ってる風でカッコ良くて、そのフレーズを聞く人に、「人間て弱い生き物」という定型文を想起させる。

三村マサカズのツイートは「笑いとは、程遠いよ」と、引退の純烈の人を、お笑い畑の人間らしく斬って、結んでいる。

ただ、そこには意義があって、どんな状況でも笑いは含まれていると思うんだな。

もちろん、それを笑いにしてはいけないという、エチケットは存在するんだろうけど。

私はそれに触れちゃいがち。

前にそれで、すごい怒られて、今も怒られる。

エチケット。



posted by ボス村松 at 19:10| Comment(1) | JUDY&MURAMATSU | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする