JUDY.jpg 劇団の動画など、ありますよ?
ボス村松ドラマスペシャル「じ・だん」パラパラアニメ
遍歴の騎士ヤマオカ卿の酒気帯びでやんすダイジェスト
けつあごのゴメスダイジェスト
P型柔道一門PV
ミハエルとアイルトンとチュウカドンPV


2019年05月11日

ストロベリータルト・・その2

もうちょっとで終わるから。

お嫁さんの実家が加入しているCS放送で「刑事コロンボ」が全作品一挙放送されていたのだった。

鞆の浦を見物しようという朝、朝ごはんを食べながら見ていたそのコロンボなのであったが、出かける予定の時間になって犯人を追い詰めている。

犯人は金持ちの叔父を殺そうと自動車に爆弾を仕込んだんだけど、叔父は計画実行の当日にひき逃げで殺されて、殺す必要がなくなってしまう。
結果、叔父の家には爆弾を仕込んだ車が残された。
コロンボがお話の最期で追い詰める犯人はこの爆弾犯の方ではなく、実はひき逃げ犯の方で、爆弾犯は途中で殺されちゃうんだけど、この爆弾犯が可愛かった。
残された車から爆弾を外したい。でもひき逃げ事件で集まった報道陣やら警察やら(含むコロンボ)が車の周りをウロウロして外そうにも爆弾を外せない。あーもう、あの車、エンジンかけると爆発するのにー・・とオロオロする姿が可愛かった。
「私が車を動かしますよ!」
庭師がスペアキーでエンジンをかけて、車は爆弾犯の目の前で爆発した。

コロンボがひき逃げ犯を追い詰めて、事件を解決するのを待って家を出た。

快晴。真っ青な空の下でのドライブ。

鞆の浦はポニョの舞台。入り組んだ湾に、島が点在する。細い道、坂道に沿って、白塀やこげ茶の板張りを持つ家が立ち並ぶ。

鞆の浦に着いて、まずは、眺望がウリの歴史的なお寺に向かう。

朝鮮通信使がここからの景色が日本一と言ったそうな。所蔵されている文書が、ユネスコの世界記憶遺産にも登録されている。記憶遺産?聞いたことないで。ユネスコってほんと謎団体。

DSC_0112.JPG 日本一の眺望、福禅寺対潮楼からの一枚

DSC_0113.JPG 次に街のシンボルの常夜灯を見物

DSC_0115.JPG 船に乗って仙酔島へ

1時間半ぐらいプラプラしたところで、鞆の浦を切り上げて福山の食べログ4位のお好み焼き屋に向かう。

お昼時を少しすぎてしまっていたので、お好み焼き屋は閉まっていた。

コロンボを見て時間を押したのがいかんかったか。

隣のラーメン屋に入る。

存外、うまかった。

旅行したね、と駅前の駐車場に向かう俺とお嫁さん。

ちょっとまって、こっちでしょとお嫁さんのお母さん。

そうだった!

ストロベリータルトを確認しに、白ばらに行くんだった!

福山の駅の左側に、はたしてアーケードはあった。

その景色に俺はビビビとなる。

ここだ!ここで俺は小学生の時、ストロベリータルトを食べたのだ!

明日から改装休業となる白ばらとは、もう、この一日でしか出会うことはなかった。

運命!

そもそもお嫁さんの新幹線の最寄り駅が福山だったのもプチ運命!

運命の数奇さにおののきながら、勢い込んで店の前に立つ。

お店は改装前日ということで、奥の喫茶は閉まっていて、営業は店頭のショーケースによるケーキ販売のみ。

その店構えは、俺の記憶と照合しない。

やはりケーキを食うまで真贋さだかではない。

ショーケースのラインナップにストロベリータルトは・・、あった!

全然ちがーう。

タルトにストロベリームースの層がなーい!

タルト生地の上にカスタード!普通のやつー!

がっかり。

この店ではなかったのか、40年の月日にストロベリータルトの仕様が変わったのか。

四十年は確かに長い。パパも死んだ。俺もハゲた。

それでも、せっかくなので、一人一個分、ケーキを買って帰る。

俺は裏切りのストロベリータルトではなく、ストロベリームースがまんまるな形をしたヘンテコケーキを買った。

お嫁さんの実家に戻り、テレビをつける。

コロンボだ。一挙放送だからね。

テレビを見ながら俺は自分の分のケーキを食べる。

ビビビとなる。

このムースだ!このストロベリームースの味だ!40年間、探していた味!おいしー!!

俺の母に電話をかける。

「昔、俺が小学生の頃、俺と妹と父ちゃんの会社のところに一週間ぐらい滞在したことあったよね?」

母は答える。

「あったよ」

「あれって、福山だっけ?」

「福山福山。福山にはパパの会社の福山クラブっていうのがあって、そこに一週間泊まったのよ」

「毎日喫茶店入ってたよね。その店って駅から出て左側の」

「左側左側」

「アーケードの中の?」

「アーケードの中じゃないよ」

ええ、マジでー?

母は駅から出て左側ではあるが、アーケード街がある福山駅の南口から出て左ではなく、

お城のある北口から出て左だと言う。

北口から出て左は、もう城しかないんだけどなー。

東京へ帰りの新幹線で、福山駅を使う。ついでに探してみよう。

帰京の日曜日の福山駅。

母の言う北口から左に少し歩いてみて、やっぱり福山城があるだけ。全くのビビビとこなさ加減に早々と引き返した。

そして、もやっとしたまま、帰京した。

福山に母を連れて来るしかないのか。







posted by ボス村松 at 18:00| Comment(0) | JUDY&MURAMATSU | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする