JUDY.jpg 劇団の動画など、ありますよ?
ボス村松ドラマスペシャル「じ・だん」パラパラアニメ
遍歴の騎士ヤマオカ卿の酒気帯びでやんすダイジェスト
けつあごのゴメスダイジェスト
P型柔道一門PV
ミハエルとアイルトンとチュウカドンPV


2019年06月15日

レジ袋をお付けしてよろしいでしょうか

スーパーの夜勤バイトを始めて、もう5年ぐらいは経っているのか。

しかし俺は進化することを止めない。

「レジ袋をお付けしてよろしいでしょうか」

レジに立って、お客さんにレジ袋をつけるかどうか聞くタイミングを、昨日、変えた。

これまでは、商品をスキャンしながら、聞いていた。

ピロリン、ピロリン 「レジ袋をお付けしてよろしいでしょうか」 ピロリン、ピロリン・・

それを、スキャンを終えてから、のタイミングに変えた。

レジ袋を手にして、買い物カゴに入れようとしながら「レジ袋をお付けしてよろしいでしょうか」

いらないです、と言われれば、引っ込める。

いい感触を得た。

ミスが減るね、これは。

俺の質問とその答えを受けての行動に、タイムラグがない分、レジ袋が欲しいお客さんには確実にレジ袋が渡り、辞退希望のお客さんにレジ袋がつくことがない。

レジ袋を買い物カゴに入れようとしながら、聞く、というのがミソ。

聞いて、返事をもらってから動くのでは、お客さんの流れが悪くなる。

買い物かごにレジ袋を入れようとしながら聞けば、お客さんがレジ袋を希望する場合には、時間のロスはゼロ。

レジ袋辞退の時は、出したのを引っ込める分、時間のロスは発生するが、8割のお客さんはレジ袋をつける。

この若干のロスで得られる確実性は、ロス分を補って余りあるメリットだ。

巨人の坂本が3年前、ゴジラ松井のアドバイスで、バッティングの軸を体の中心から、キャッチャー寄りの足に変えて、打撃開眼した故事が想い起こされた。

ちょっとしたことで、パフォーマンスは大きく変わるものなのだなあ。

さて、今晩はスーパーではなく、カラオケバイトだ。

カラオケバイトは、まだ出来ないことが多いので、勉強、勉強です!
posted by ボス村松 at 10:20| Comment(0) | JUDY&MURAMATSU | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする