プリズンブレイクイメージ.jpg 新作情報
 「ボス村松のプリズンブレイク」
 2020.7.24(fri)-25(sat)
 @新宿シアター・ミラクル
 2500yen
  

2020年07月08日

知恵熱

昨日も稽古をやった。

知恵熱でた。

「屋代秀樹の積尸気冥界波」をあーだこーだ、役者陣と話し合いの末、骨格をつくる。

不条理色の強い脚本に、無理くり意味つけて、お客さんに伝わるかどうかわからんが、水面下には話の筋を一本流す、というのが今回の俺の作戦。

不条理芝居の勝負ポイントを、どれだけ意味ありげに見せられるかという点に見定めてのことだ。

水面下に話の筋を作れば、はっきり理解できないにしても、お客さんには意味ありげに映るのではないか。

そういう作戦。

当然、脚本に無理くりつけた意味には、アラは出る。

でも、それは必要悪としてゴミ箱にポイ。

なかったことにする。

アラだって、伝えたい筋と同様、水面下でボヤけていているので、お客さんにそこまで変にはうつらないはずだ。

作戦として、姑息ですか?

いやこれぐらい、普通だよね?

次に、この無理くり作った筋を、役者陣に納得してもらう。

納得できないところには、修正案をもらう。

役者さんには役者さんの解釈があり、そっちの方が説得力があったりするのだった。

話合い、やるな。

自分の頭だけじゃ生まれない、アプローチがある。

そんな稽古をした。

慣れないやり方なので、結果、知恵熱が出た。

練習後、二時間経っても、頭がワーンと言っている。

お酒を飲んで、酔っぱらってきたら、治った。




posted by ボス村松 at 09:59| Comment(0) | 劇団やってます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする