JUDY.jpg 劇団の動画など、ありますよ?
ボス村松ドラマスペシャル「じ・だん」パラパラアニメ
遍歴の騎士ヤマオカ卿の酒気帯びでやんすダイジェスト
けつあごのゴメスダイジェスト
P型柔道一門PV
ミハエルとアイルトンとチュウカドンPV


2008年06月26日

世界一短い手紙

文豪ビクトル・ユーゴーが、レ・ミゼラブルの売れ行きを出版社に聞こうと、

手紙に書いたのが、「?」の一文字。

出版社がその売れ行きに返した返事が「!」

粋だね。

最近私が頻繁にメールしていること。

まず題名に「劇団鋼鉄村松の池森ですすいません芝居の宣伝です」

まず、謝る。なぜ自分がそこまで卑屈になるのかわからないが、謝らずにはいられない。

あとは、「7月4〜6日にかけて芝居をやるのですが・・・云々」と続く。

まったく粋ではない。加えて、返事もない。

しかし、メールがある時代でよかった。これを全部、電話でやるとなると気が重い。

メールをする時点から、相手に投げるだけで、返事を期待してない節がある。おれには。儀式みたいなものだ。もうすぐ本番だなー、みたいな。

もうすぐ本番なので、作演出主演の主宰としては、みんなにチケットが何枚売れたか聞いてみた。

「おれ、4」

以下、8、13、0、1、4、5、と数字が続いた。足すと35だ。

5回公演なので、ちょうど割り切れて7になる。ラッキー7だ。誰が7がラッキーだと言い出したのはしらないが、めでたいことだ。

1公演7人の芝居になっちゃうから、みんなもっと売ってねというのは癪なので、覚悟を決めておけよとその場を締めた。

不人気劇団はつらいなあ。



チケット絶賛発売中。
7月ど頭に公演を控えた私の劇団、劇団鋼鉄村松のHP
http://www008.upp.so-net.ne.jp/koutetsu/
posted by ボス村松 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 劇団やってます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック