JUDY.jpg 劇団の動画など、ありますよ?
ボス村松ドラマスペシャル「じ・だん」パラパラアニメ
遍歴の騎士ヤマオカ卿の酒気帯びでやんすダイジェスト
けつあごのゴメスダイジェスト
P型柔道一門PV
ミハエルとアイルトンとチュウカドンPV


2009年10月11日

ワークショップへの道(3)

俺、ちょっと演劇の金言を思いついちゃったんだけどジュディ。

何何?

   ***

ムラマツは現在メソッドなるものを確立しようと奮闘中(ネット将棋の合間に)。
第一回第二回の奮闘はこちら。

   ***

「笑ってと言われて、笑える者と、可笑しくないのに笑えませんという者と、拍手喝采の演技までには、案外同じぐらいの距離がある」

へー。そのこころは?

形が出来る人は、はい、ここはクリア。さあ次ってなりがち。笑えない人が笑えた時、笑いたくなった何かが内にある分、迫力が出る。ジュディはどっち派?

私はねー、バリバリ笑える派ですね。

じゃあ、「私、幸せになります」って笑ってみて。設定は結婚記者会見。はい、これ指輪。

ファンタのプルトップじゃん。

ファンタ大好き!いくよ?さん、はい。

「私、幸せになります」 ジュディはニッコリ。

うん。君が上手な役者ということは知ってるからさ。作れることは知ってる。だから、演技は難しいってことを許してさ、多分そのものの気持ちになるっていうのは無理なんだけど、体がホッコリなって喋りたい内圧を心に感じた時に、体に感じてから、セリフを喋ってみてよ。サッカーでもあわててシュートして失敗するより、持ちすぎて失敗した方が次に生きるらしいよ。頭がハッキリしてる分。

じゃあ、3,2,1はい。ってカウントを取るな。

ごめんごめん。

要は心の演技ってことでしょ?

うーん。それよりは手前で大丈夫だと思うんだけどな俺は。現実問題、自分のセリフの順番が来たら喋らなきゃいけないわけだし。ちょっとした内圧だと思うんだ。ミソは。

まー言わんとするところは分かる。

じゃあ、やってみてよ。

nikoniko.jpg
「私、幸せになります」

うん。いい笑顔だ。プルトップが100万カラットのダイヤに見える。それが演技というものだよジュディ(ホントかよ)。


私の劇団、劇団鋼鉄村松のHP
http://www008.upp.so-net.ne.jp/koutetsu/
posted by ボス村松 at 01:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 劇団やってます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック