JUDY.jpg 劇団の動画など、ありますよ?
ボス村松ドラマスペシャル「じ・だん」パラパラアニメ
遍歴の騎士ヤマオカ卿の酒気帯びでやんすダイジェスト
けつあごのゴメスダイジェスト
P型柔道一門PV
ミハエルとアイルトンとチュウカドンPV


2011年01月30日

豆まき観戦

竜王が、椎名町に、豆まきに来たる!

大塚在住、江古田に愛人宅を持つ私である。西武池袋線の池袋から江古田までは俺のシマの感がある。

椎名町は西武池袋線で池袋から一駅目。

この報に、私の中の独り上手がむくりと立ち上がった。

「日曜日、自転車を駆って椎名町へ。何かの芸を披露するでもなかろう竜王の豆まきを見に行く」

そこはかとないニヒルにおかしみが滲む。

せっかくお出でなさるのだから(俺のシマに)、お迎えしなければな。という訳の分からない義務感にも駆られた。

竜王の豆まきに行ってきました。


件の寒波で、寒いものだから、ギリギリまで部屋でグダグダして、意を決して自転車にまたがった。

実のところ、積極的な気分の高揚はない。

着いたときにはもう、豆まきが始まる寸前。

竜王は、朝赤龍関、地元の顔役の人たちと並んでひな壇の上にいて、

ひな壇の前には100人ぐらいの先客たちが今かと豆を待ち構えている。

将棋界から竜王を引っ張っておいて、朝赤龍は格じゃないだろ?と独り毒づく私の独り上手。

横綱白鵬を破る、キセノ里がふさわしい。羽生名人を横綱白鵬に例えた、我ながら上手い人選である。

豆がまかれる。

でかい朝赤龍の横で、竜王は「どうもすんません」の体の照れの笑顔で豆をまく。

そこらの連れて来られた、あんちゃんに見える。

「あんた豆まきに行ってきなさい。今年はうちの町が当番なんやから」「えー」という会話が聞こえてきそうな佇まい。

ブログ、棋譜速報などでは、その等身大がキュートな竜王であるが、

ただ、対世間的にはこう、もっと堂々と、

永世、な感じを、

竜王、な感じを、

押し出した方がよいのではないかと感想を持つ。

あえてにそれを演じる面白みを誰か教えてあげられないものか、と気鋭の劇作家の私は嘆く。

秋元康が若い女の子に興味があって、将棋に興味を持っていないのが残念でならない。


さて、豆まきである。

最後尾に陣取る私に竜王の豆は届かない。照れながらの豆まきなので、平均よりも飛距離が出ない。

これでは、一日のイベントとしては盛り上がりに欠ける。私は意を決して、

「竜王! こっち! こっちー!」と叫んでみた。

恥ずかしかったです。二回言いました。

しかし、竜王に声は届かなかったようで、竜王は最後まで「いや、どうもどうも」という感じで豆をまいてお役御免となった。

豆はお目当ての竜王からのものではないのを、2袋キャッチ。

無料の甘酒を頂いて、椎名町から自転車を駆って自分のうちに帰った。

満足か満足でないかというと、満足してうちに帰った。



気鋭の劇作家、である私の劇団のHP
今度、将棋芝居作ります。

http://www008.upp.so-net.ne.jp/koutetsu







posted by ボス村松 at 20:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 将棋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック