プリズンブレイクイメージ.jpg 新作情報
 「ボス村松のプリズンブレイク」
 2020.7.24(fri)-25(sat)
 @新宿シアター・ミラクル
 2500yen
  

2006年10月30日

善行

大手町で千代田線に乗ると、
座ろうとした席にこんなものがあった。
saihu さいふかー。
 
落し物を拾いました。 
 
「さいふかー」とは、口に出して言ったので、すると、乗客がみんなこっちを見た。
見るだけで、特にコメントとかはしない。 ニホンジン、シャイですねー。
しかし、一度視線を浴びると、届けるにしても、扱いに困る。 
ポケットに入れづらいのだ。
 
仕方ないので、ずっと手に持って、電車の移動中の時間をやりすごし、
代々木上原の改札で、落し物ですよ、と駅員さんに手渡した。
少し誇らしげだったかもしれない。
パチっていいところを、パチらなかったんだから、実に正等なことだと思う。
 
三万円ぐらい入っていた。
ええ、中身は確かめました。
キョーミあるじゃないですか。
  
三万円ぽっちで、財布の中身をパチった男にはなりたくないものだ。
しかし、一方で、拾った財布もパチれない男の称号を得た。
 
人生の選択、とか、そんな言葉を思い出した。 
ついで、オーガバトルのキャラクターメイキング画面みたいだ、と思った。
 
駅員は、「落し物係に渡しましたので、お客さまは、もう大丈夫です」。と言った。
俺の名前も控えない。
 
ちょっと待てよ!
 
その財布の主の日本演劇協会会長が、拾った俺に対して、何かしらの感謝を表したいとかになったら、どーすんだ!
 
全く。
 
ほんと、これだけ?
 
非常に感謝されたりない。ケーキの一つも駅長室でふるまうとかさ?
何か、もっと、あったんじゃねーの?
 
 
私の劇団、劇団鋼鉄村松のHP
http://www008.upp.so-net.ne.jp/koutetsu/
 
ラベル:千代田線
posted by ボス村松 at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック