JUDY.jpg 劇団の動画など、ありますよ?
ボス村松ドラマスペシャル「じ・だん」パラパラアニメ
遍歴の騎士ヤマオカ卿の酒気帯びでやんすダイジェスト
けつあごのゴメスダイジェスト
P型柔道一門PV
ミハエルとアイルトンとチュウカドンPV


2006年11月24日

のどかさん

今日、次回作「P型柔道一門」のPVの、のどかさんパートを撮ってきた。 
 
のどかさん。 
のどか、が名前で、
さん、が敬称である。
 
劇団鋼鉄村松のゲストキャラのカワイコちゃんであるが、
久しぶりに会ったら痩せてて、大変残念なことだ。 
それはいい。 
俺がミュージカルに出演したおりに、声をかけて一回ウチのに出てもらって、
次のにも出てもらうことになっている。
22か3。4はいってない確か、の小娘である。
 
俺が出向いたミュージカルで、のどかのどか、と呼ばれていて、
俺は人を呼び捨てするまでには、時間のかかる人間なので、
のどかさんと呼んでいたのだが、今現在も彼女は、のどかさん、である。
呼んでて、大変座りが悪い。
 
そもそも、女子を下の名前で呼ぶのは、
俺の価値観では、ものすごく親しいことになっているのだが、
そこに、さん、をつけると、どっちやねん、ということになる。
しかもそれが俺より一回り下の小娘である。
本当は名字に、さんをつけて呼びたいのだが、
もう、それは本当に馴染みのない、別の人の名前のようなので、そこへは戻れない。 
 
また、悪いことに、俺がのどかさんを、のどかさんのどかさん、と呼ぶものだから、
うちの劇団周りの人間がみんな、彼女を、のどかさんのどかさん、と呼ぶようになり、
どっちやねんどっちやねんどっちやねんどっちやねんと、ウチに来ると、彼女の周りはどっちやねんの嵐が巻き起こる。 
本当にどうにかならんもんかと思う。
 
今度会ったら、呼び捨ててみるか?
おかあさん→かあちゃんに変えたあの時のように。(ママ→おかあさんのときの記憶はない)
「あ、のどか、キュー出ししたら、動いてね。いくよ」
んー。
んー。
んー。
ちょっといいなあ。でも、よすぎるよな。
 
だいたいこんな時は、っち、でお茶を濁してきた。俺たちは。
さん、くん、から呼び捨てへの移行期に、っち、は便利だ。
ちょいと俺はあんたに、親しみを感じているよ感を、コミカルに表現。
 
のどかっち。
 
違うなあ。これだったら、まだ呼び捨ての方がシックリくるか。
あ、やん、があった。
 
のどやん。
 
いいような気もする。もうわかんない。
 
 
次回公演に向けて鋭意努力中の私の劇団、劇団鋼鉄村松のHP
http://www008.upp.so-net.ne.jp/koutetsu/
 
 
ラベル:あだな
posted by ボス村松 at 01:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック