JUDY.jpg 劇団の動画など、ありますよ?
ボス村松ドラマスペシャル「じ・だん」パラパラアニメ
遍歴の騎士ヤマオカ卿の酒気帯びでやんすダイジェスト
けつあごのゴメスダイジェスト
P型柔道一門PV
ミハエルとアイルトンとチュウカドンPV


2007年02月09日

500万画素とホワイトプラン

不精者が、ケータイの新しい機種を買うに到った道のりと、
最新モデルを遂には、買ってしまった経緯を記す。

この記述が、
「ボーダフォンがソフトバンク に移行して何かやっているらしいが、めんどくさいから、このまんまでいいや」
と何も動かなかった、私と同じような無精者の一助になればと思う。
 
−−−書き終えて、想像以上に長いエントリになったので、ここで結論を先に言っておくと、

ショップの人に相談しろ、と。

ショップの人はさすがに良く知っている。仕事なので親切。俺の相手を一時間以上に渡って勤め上げた。
 
   *** 
 
あれは月曜だから、もう3日前の話か。 
ケータイが水にダイブした。
死のダイブであった。
それくらいがなくては、無精者は機種変などを考えぬ。
 
現場作業中、ピットを覗き込んで、胸ポケットから滑り堕ちたのだ。

よくあることだった。
ピットというのは、ビル建造物の最下層階の更に下に存在する、
配管が通っていたり、水が溜まっていたり、耐震の設備の基礎が横たわっていたりするスペースである。
屋根の裏には屋根裏部屋があるように、
床の下にはピットがある。
 
コンクリート床に口を開けている50センチ×50センチの仮設の穴っぽこから
私はピットの底に揺れるケータイを眺めた。
ピットには20センチ程の水が溜まっていた。雨水であろう。
ピットの底から、1階の床レベルまでは1m50cmほどある。
「あっケータイ」と思って、すぐに拾い上げられる距離ではない。
 
私は、
「あっ、ケータイ」
と短く叫んだ後、長く嘆息して、詰め所に長靴を取りにいった。
 
長靴を履いて、ピットに下りて、無駄とは知りつつ、折りたたまれたケータイを開いてみると、なんと彼はシッカリと生きていた。
おまえ、完全防水なのか?!
 
驚愕 
 
バッテリーが一日持てば上等だったお前、
電話を数回かけると、すぐに残量メモリが1個になったお前。
これからも、よろしくな。
 
奴は本当に大した頑張りを見せたわけだが、本当は完全防水ではないので、電源は切っておいた方がいいだろう。
私は電源を切った。
 
しかし、私が時間を知ることができるのは、ケータイの時計だけだったので、
休憩の時間を知るために何回か電源を入れてしまった。
そのうちに、画面がチラつき始めた。
 
完全に乾けば、チラつきもまた収まるのではないか?
 
もう乾いたかな?
そろそろいいだろう? 
私が数時間ごとに電源を入れているうちに(愚行)、
彼は最後、画面を暗く落としたまま、何も答えなくなった。(ごめん)
 
ただ彼はその今際の際に、送信トレイ内の、ネタ帳代わりに使っていたボス村松PC宛のメールを、送信し、それを成功させたのであった。(涙)
 
   *** 
 
ケータイがなくては、朝も起きられない。

ケータイのアラームを目覚ましにしている。

私はその日の現場帰りにソフトバンクショップに行った。
正確に言うと、松屋に寄ってから、ショップに行った。
 
それがいけなかった。
その時歴史が動いたわけだ。
 
受付番号を吐き出すマシンに手書きの張り紙がしてあって、
「新規・機種変更の受付は6時30分までです」とある。
 
その時、6時45分であった。

間に合わず
 

次の日は芝居の稽古。
その次の日も残業。
しかし、いい加減ケータイを持っていないと現場で怒られそうなので、
ソフトバンクショップではなく、七時過ぎにビッグカメラに行ってみた。
 
   *** 
 
販売促進の応援の(応援、と名札に書いてあった。質問すると大変オロオロする)お兄ちゃんの分かったような分からないような説明を受け、私は受付に並んだ。
その時、私が手にしていたのは500万画素が売りの910SH。
あと、料金支払いは今、話題のホワイトプランに変更する気になっていた。 
列に並ぶ私がその時理解していたのは、
「ケータイの代金はビッグカメラにすぐ払うのではなく、毎月の引き落としといっしょに24回に分けての支払い、つまりは月賦。その24回、2年の間は、ソフトバンクから抜けちゃだめよ」
ということ。
そして、私の月々の支払いは2500円ぐらいプラス、ウェブ代、メール代、通話料分(無料通話時間はなし)になるであろうこと。
 
私はウェブはやらないし、長電話もかけない。
そして、私の現在の支払いは月々4000ぐらいである。
月々4000円と、2500円+通話料他


変わらないんじゃないだろうか。
 
ビッグカメラは、俺にこの500万画素のケータイをタダで持って行けというのか?

 

話がうますぎないか?
 
   ***
 
受付で、私の順番が来た。
名前、住所等を用紙に記入。
記入し終えると、(応援ではない)係の人が、
「では、現在お使いの方のケータイを見せていただけますか?」
と言った。
 
ケータイは手元になかった。 
そんな死んだケータイなど、持ち歩かぬよ。私は。
無くした、って言えば、それじゃあ仕方ありませんねってなるかな?(甘い)
 
というわけで、「無くしちゃったんですよ」
と、言ってみた。
「ああ、すいません。それはソフトバンクのショップの方に行っていただいてですね。ウチではそういう場合はお取り扱いできないんですよ」

 
なんだよ!
 
池袋のビッグカメラの近くには行き付けの回転すしの店、「若貴」があるので、
若貴で、腹パンパンになるまで食って家に帰った。
若貴はスシより何より、ちゃんこ汁がお勧めである。
 
しかし、機種変とは、かくも難儀なものなのか。
また、料金体系をどう選択すべきか。
そもそも私に500万画素のケータイが必要なのか。

   *** 


もろもろの疑問を、翌日、現場の職長さんであるロックギタリストに聞いてみた。
ロックギタリストはホワイトプランについては検討済みのようだった。 
「ホワイトプランは無料通話分がないから、結局割り高になるみたいだよ。通話料も30秒20円もするし」
・・・あれ? 俺のプランだと40円だったような。わからない。
 
それともう一つ聞いてみた。 
「あのですね」
日ごろ、常々疑問に思っていたことだった。
「ケータイが500万画素であるということと、デジカメが500万画素であるということは、同じなんですかね?」
デジカメで撮った写真と、ケータイで撮った写真。画素数が同じなら、出来上がるものも同じなのか?
 
だって、全く同じだったら、デジカメいらないじゃん。
 
「あー、うん。どうなんだろうねえ」
と職長さん。
 
職長さんはケータイでヤフオクしたり、いろいろ精通してそうだったのだが、その彼にも分かりかねる。難問であったらしい。

そうではない気がするのだが。
 
その話とは別に、職長さんが私に教えてくれた。
現場の近くにボーダフォンショップがあること。休み時間に現場を抜けて買ってくれば、ということを。
 
行かいでか!
 
   ***
 
私はその現場近くのソフトバンクショップで、15分待たされた後、
「すいません。シャープの奴で一番安いのください」
と言った。
 
一見安そうなホワイトプランも本当は高いらしい。
画素数のこともよくわからない。
もう、いいよ。めんどくさくなってきた。

それが時代に対応できてないということかもしれんが、

選ぶことを私は放棄する。
今まで使ってきたシャープの機種で、今まで通りの料金プランで、一番安い奴。
非常に保守的な選択である。

が、勝ちにいって、しくじるのが一番、癪に触る。

負けない策こそが最上なのだ。
次、ケータイ買うときこそ、じっくり考えていいのを買うことにして、

今回は、ほら、早急に1台欲しいわけだから、さっさと安いのを買う。

理屈にあっている。
 
シャープで一番安いのを、と言われて、店員さんは大いに困った表情を浮かべる。
「今、店内にシャープのもので在庫があるのは、こちらしか・・・」
店員さんがこちらといったのは、画面が横になるケータイ、アクオスだ。一番ゴツそうな奴だよ。
どうせ高いのなら、500万画素の方がいいんだよなあ。
私は今度の芝居のチラシに載せる写真を撮影するため、デジカメをどこかから調達しなければならないのだった。

ケータイとデジカメ、画素数が同じなら同じ性能という説が正しいなら・・
 
でもとりあえず、アクオスのケータイの値段を聞いてみる。

「この画面が横になるケータイって、いくらするんですか?」
「お客様は現在の機種を、どれくらいお使いになられているんですか?」
「1年か、1年半ぐらいですかね」
「ですと、3万****円ですね」
 
あれ? タダで持って行けの話が出てこない。
その時、私の財布の中には2万円弱しかなかった。
 
私はあくまで、品物が気に入らなかった体で

「そうですか、また来ます」
と言って、本郷のソフトバンクショップを立ち去ったのだった。
 
   *** 
 
どこにいるの? 私の運命の人?
 
   ***
 
現場を定時にはけての、午後6時、はい、今度は、私、大塚のソフトバンクショップにやってまいりました。(頭にきている)
お金も3万下ろした。

どうあっても、何か買う。俺はケータイを買う。買ったケータイが俺の運命の人だ。好きになった人が好みのタイプの俺だ。昔、小百合ちゃんを好きになって以来、平目顔が好きだ。
 
   *** 
 
38番の番号札をお持ちのお客様。

呼ばれて、席につく。
「どうなさいました?」

「機種変更です。ケータイ壊れちゃって、水にドボンです。うんともすんともいいません」
私がケータイを差し出すと、「それは大変でしたね。ちょっとお借りします」と、お借りした係の人がボタンを押すと、何でか、ケータイの電源が入った。
 
復活である。
 
「動き、ますね」と係の人。
あれ、俺、結局、ケータイを、買わない、んだ・・・買わないの?
 
「でも、一度水濡れすると、どうなるか分かりませんから、まず、アドレス帳を落としておきますね」
私はアドレスを落としている間に、ホワイトプランのことを聞いてみた。
「ケータイを頻繁に使わない方ならお得ですよ」
「あ、そうですか。ですよね。でも、俺、自分がどんなプランなのかも分かってなくて、それと、ホワイトプランと、どっちが得なんですかね」
 
堂々と、すごく大雑把に話をふる。
いいんだよ。それで。

自分を卑下することはない。ケータイってそんなに偉いのかよ。


「調べてみますね」
丁寧な対応だった。
 
調べた結果、ホワイトプランとの比較はひとまずおいて、俺がこれまで入っていた基本料3900円のボーダフォン時代の料金プランなら、係の人が言う「こちら」の「オレンジSプラン」の方が相当お得なことが判明した。

 
いろいろな割引等が重なって、月額1000円ぐらい安くなるのだった。

無料通話も最大10500円まで持ち越せる。(前は二ヶ月分しか持ち越せず)
 
課金だって30秒単位だ。俺のこれまでは1分で40円。15秒の会話でも40円。ひるがえって、オレンジSプランだと、30秒16円。15秒の会話で16円。1分の会話にしたって32円!
まてまて、月額980円のホワイトプランでも30秒20円なんだから、それだって今の俺よりお得だ。

午後9時から午前1時まで以外は、ソフトバンク同士なら無料なのだし。

俺の周り、ソフトバンク率高いし!
 
   ***
 
ボーダフォンの料金プランのままの人、料金プラン考えたたほうがいいですよ。
 
あと、どうやら、契約更新期間というのがあるらしい。

それは、自分がソフトバンク、てうゆーかにボーダフォン、てゆーかJフォンに加入した日の前後1週間ぐらいの期間のことを言う。
どうやらケータイの契約っていうのは、1年毎に更新されていくもので(何も言わなければ自動更新、多分)、つまり、俺の知らないところで毎年契約が更新されていたわけど、しかし、自動更新ではなしに、その契約更新期間中に料金プランを変えると、手数料が発生しないんですって!
 

つーか、その契約更新期間以外で料金プランを変えると、手数料が発生するんだとよ!
 
   ***
 
偶然にも、1月**日(半ばだったように思う)から2月10日までは俺の契約更新期間であったようで、今、料金プランを変えても俺は無料! すげー。これはもう、変えるしかない。これは私のマイ☆デステニー。
 
「ちなみにお客様は、ポイントが貯まってますので、この705N辺りですと、機種変更しても無料になりますよ。一度水濡れしたケータイは、どうなるか分かりませんしここで機種変更されては?」
 
もう、この商売上手!
いや、無料だよ。
 
「さらにこの一つ上の機種、こちらの810Tですと、月額300円ほどお支払いになることで、相当高性能な機種となりますよ」
「お勧めなんですか?」
「一通り何でもできるようになります」
 
しらないうち月払い前提の話なっていた。24回分割払いのアレね。今日のところは0円で、新しいケータイを持ってけドロボー、というわけだ。
やっぱり、そのシステムはあったんだなー。(ないわけはない。ビッグカメラでやってたんだから) 
 
24回払いは、ぶっちゃけ、お得なの?

詳しく聞いてみた。
これは「スーパーボーナス」という料金支払い形態なのだそうだ。

前述の通り、24回分、二年間ソフトバンクから離れるなよ、機種変更もダメだぜ、だが、これを利用すると、月々1680円割引してやるぜ、という、もの(買う機種によって割引の額は違う)。月々1680円×24回は、相当な額だ。
 
しかし、月額とは考えたね。月額に直せば、何でも安くはなるさ。
810Tの月々300円というのだって、 
300円×24回=7200円だ。
無料の705Nとは、ずいぶん違う。

あと、7200円で、こちらの810Tが、というより、
あと月々300円で、こちらの810Tが、と言ったほうが遥かに購買欲をそそる。
 

うまいことを考えたものだ。
 
そういうことを言うと、係の人は、ははは、と笑った。
 
画素数のことも聞いてみた。
「500万画素のデジカメ で撮った写真と、500万画素のケータイで撮った写真は同じなんですか?」
係の人は答えた。
「同じです」

同じと、断言されると、実に当たり前という気になる。
そうだよ。当たり前じゃん。 


では、この500万画素のケータイというのは・・
 
「ケータイというよりは、むしろデジカメにケータイがくっ付いた感じですね。これがあれば、デジカメいりません。逆にデジカメあればこれはいらないですかね。手振れ補正も付いてます。フォーカスの設定等も、普通のデジカメよりも細かくできるくらいです」
 
   ***
 
この、500万画素のケータイ欲しいなあ。
チラシの写真を俺は撮影しなきゃならないしさ。
しかしなあ、俺は現場作業員で、すぐケータイ壊すし、いいモン持っていてもなあ、
あ、でもホワイトプランにして、スーパーボーナスで買うと、
月々の支払いは、今払っている料金と、多分、ほとんど変わらないんだよなあ。
 
   ***
 
係の人が俺に、意外なことを聞く。
「設備の仕事は、内装の方ですか?」
え?
「実は、俺、設備工だったんですよ」
よく見ると、係の人の名札には研修生と書いてある。

現場上がりだったのだ。
ひとしきり、建築現場における設備業者の立場の弱さを嘆いて、
友情をはぐくむ。

同じ現場に入っていたら、きっとあんたとは、友達になれたよ。

もう、あんたには、負けた。
この最新モデル、910SH、購入させていただきます。(今日のところは一銭も払わないわけだが)

係の人、ホントいい人だった。 

  
係の人はご購入ありがとうございます、と言って、

「えー、パケット定額のプランはご利用になられますか月額980円から、最大4200円です」

と言った。
いりません。
「他社のケータイとのメールをやりとりするには、月額300円の・・」
他社のケータイとはやりとりします。
「スーパー便利パックは・・」
いらないです。
「スーパー安心パックは・・」
まだあるのかよ。
「すいません。しかし、スーパー安心パックは月々500円で、万一ケータイが壊れても、ソフトバンクが無料で保障するという、現場仕事でケータイはよく壊れますよね、入ったほうが・・。
そういうの俺、今まで入ってたよ。アフターサービス何たら、ボーダフォンメイト、だっけか?月額300円の。
それはボーダフォンのときのものでして、ソフトバンクでは、こちらスーパー安心パックを保障のプランとしています。

そうですか。 

しかし月額500円は、たけーなー。
 
 
「そうですね」

係の人には一瞬、逡巡があったように思う。しかし、 

「一度プランを解約すると、6ヶ月間入ることができないんですが、逆を言うと、6ヶ月たてば、入れるということでして、今日から6ヶ月以降であれば、壊れたとしても、壊れたそのときに、こちらのスーパー安心パックに入会していただいて、即、無料保障、ということも、実は可能です」
 
おお、そんな裏技的なことを教えてくれるのかい!?
 
しかし6ヶ月かー。微妙だなあ。壊れないかなあ?
普通の人には、まず大丈夫なんだろうけど、普通じゃないからなあ俺。
 
「6万円の機械ですので、全損定価で最購入は痛いですからねー」
 
え、この910SHって6万円するの?
 します。
ちょっと、待ってください、6万円だったら、24回払いに直しても、そんなには安くはならないでしょう? 何ですか、俺はどういう計算で月々払うことになるんですか?
 
   ***
 
そして、本日何度目かの、図解入りの料金プランの説明が行われた。
この時点で、係の人は俺相手に一時間オーバー、マンツーマン付きっ切り。
 
2780円(×24回。機体料)+980円(ホワイトプラン基本料)+300円(メール使用量)−1680円(スパーボーナス特別割引)+ウェブ・メール・通話料
 
=2380+ウェブ・メール・通話料
 
・・・やっぱ、24回払いってのがミソだが、このスーパーボーナスの割引額も大したものだ。。

よくよく考えると、二年同じケータイは、なかなか持てるものではないが。

これは普通の人でもそうじゃないのか?
 
「途中で、機種変更になると、スーパーボーナス特別割引が無くなります。」
それで、儲けるつもりか!
「しかし、半年に一度なら、破損した同機種を半額程度で提供できます」
まだそんなシステムが。
「はい」
あと、他には?
「そんなところです」
 
   ***
 
ここは一発、スーパー安心パックなしの、6ヶ月大切に使ってみる、をやってみますよ!で、1回壊して安心パック。二台で、二年ということで頑張ります。
「気をつけてくださいね」
とりあえず、現場で電卓代わりに使わないことにしますよ。

「あー、やっちゃうんですよねえ。軍手はめたままボタン押したりして」
 
共感のツボを押さえたとみえて、係の人も、俺も笑って、この長いエントリは幕。
 
 
追記
 
910SH、実際使ってみて、押しやすい場所に、ウェブへ飛ぶボタンがあったり(前のケータイではメールボックスを開くボタンの位置)、何気に選択肢にウェブに飛ぶ項目が潜んでたりする。誤操作でウェブに飛ぶぜ。パケット定額に入らない人は気をつけろ。

お得なスーパーボーナスは期間限定で4月までらしいぞ 


 
私の劇団、劇団鋼鉄村松のHP
http://www008.upp.so-net.ne.jp/koutetsu/
 

posted by ボス村松 at 04:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック