JUDY.jpg 劇団の動画など、ありますよ?
ボス村松ドラマスペシャル「じ・だん」パラパラアニメ
遍歴の騎士ヤマオカ卿の酒気帯びでやんすダイジェスト
けつあごのゴメスダイジェスト
P型柔道一門PV
ミハエルとアイルトンとチュウカドンPV


2007年03月20日

1ページ2分目安

脚本を書くと、ワードの最初の設定の書式では1ページが2分目安。
50ページぐらいが、ちょうどいい塩梅で、
60ページだと、二時間は切れる。65ページだとこれは、二時間超えちゃうみたいな。
これまで、私は自分に甘い脚本を書きだったので、
70ページ前後まで書いておいて
しょうがないな、今回、神様は俺に70ページの脚本をお与えになられたのだから、と、
70数ページ分の芝居をお客さんに見せてきた。
もちろん、神様なんていないので、
脚本を70数ページにしたのは私で ある。
70数ページの脚本を持つ芝居をお客さんに見せると、そのアンケートでは、長いヤメロ。長いけど××××。長さは気になりませんでした、などと、とにもかくにも、長い、という単語が最頻の単語という結果になる。
いけません。短くしましょう。 
そういう決意をもって、今回は、自分を厳しく律し、第1稿74ページだった脚本を削って削って、現在の60ページにした。
実は、思ったよりあっさり60ページになった。
やれば、できるじゃん。
というよりは、
俺の脚本にカットして問題ない場面の何と多かったことか。
   ***
昨日、脚本を久々に推敲してみてワードを叩くと、60ページと17行になってしまった。
1シーン増やしたので、1シーン削ったのだが。
あと、17行か・・・
ト書き等の改行を、操作すれば、そんなのチョイチョイチョイなのではある。
が、それでは意味がない(あたりまえだ)
次回公演「P型柔道一門」のPVあります
http://www.youtube.com/watch?v=FWHxxyZhRPw
ラベル:脚本
posted by ボス村松 at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 劇団やってます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック