プリズンブレイクイメージ.jpg 新作情報
 「ボス村松のプリズンブレイク」
 2020.7.24(fri)-25(sat)
 @新宿シアター・ミラクル
 2500yen
  

2007年04月23日

サムライナンバー9、観劇

江戸川乱歩と妻と編集者、そして明智小五郎ら小説内の登場人物が、
 
妄想やら何やらで、入り組んで、どんでん返しを10回ぐらい繰り返すストーリーパートと、
 
団体コンビプレーで見せるお笑いパートの、
 
二つで見せようとする芝居であった。
 
劇団の特色なのである。 
 
ストーリーと笑いを、混じり合わせることなく、割り切って二つやる。
 
リスクは大きいぞ。この欲張りさんめ。
 
上手な役者さんが多く、リスクに丸飲みされることはなかったが、
 
しかし、 リスクを飲み込んだとも言い切れず、の印象。 
 
が、、パネルが全部倒れて、怪人二十面相が桜の木の下に立って見栄を切る舞台装置も凄ければ、舞台全面を花びらの舞うCGでピンクく染めた映像も凄かった。映像に人の影が映んないんだよ。どうやってんだよ。
 
こんなこと出来るんだー、とびっくり。
 
演劇の可能性を学ばせていただきました。
 
ただ、お値段高めの3000円なので、星みっつ
 
 
私の劇団も公演を控えております
私の劇団、劇団鋼鉄村松のHP
http://www008.upp.so-net.ne.jp/koutetsu/
posted by ボス村松 at 00:24| Comment(0) | TrackBack(1) | 観劇の感想文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

三日で90万(笑)
Excerpt: 少し前までドウ○イだったのに、今ではセッ○スで生活してます(笑)
Weblog: たけちゃん
Tracked: 2007-06-04 03:20