JUDY.jpg 劇団の動画など、ありますよ?
ボス村松ドラマスペシャル「じ・だん」パラパラアニメ
遍歴の騎士ヤマオカ卿の酒気帯びでやんすダイジェスト
けつあごのゴメスダイジェスト
P型柔道一門PV
ミハエルとアイルトンとチュウカドンPV


2007年06月05日

本格派ではない

私の芝居は、よく歌う。私が思いつく20秒ほどの鼻歌である。

私は断じて音痴ではないが音がとれないので、歌うたびにメロディがまちまちで、
歌を聞いている方の役者連中はイライラするし、教えている俺の方も、もうちょっと、察しろよとイライラする。

イライラするのは楽しくないので、グズグズのまま放ったらかしにして、本番近くにさて、どうしようだ。

今日、ノドカさんにキーボードで支援してもらい、ようやくどうにかなる。
使うかどうか分らないまま、ええい買っちゃえ、とキーボードを買った俺のファインプレーだな。

音が分るようになりたいなあ。楽器使えるようになりたい。
インチキオペラを1本作ってみたい。

いやまて、今はインチキオペラじゃなくて、目の前の本番だよ。

   ***

私の芝居は、バブルのほどではないが、よく闘う。

しかし、そういう話の展開が好きなわけであって、殺陣自体には興味がないので、
グズグズのまま放ったらかしにして、本番近くに、さて、どうしようだ。

今日、一番まとめるのに困難を感じていた、10人入り乱れての殴り合いのシーンに、どうにか1本意味を通した。

ここは合体技でいこうぜ!等、出来あがったものは大変なB級テイストで、今日のところは失笑しながらも最終的にはノリノリで、「完成!」とみんなで万歳をしたものだが、お客さんが冷めた感じでこのシーンまできたらキツイなあ、と私が言ったら、みんなその可能性に思いを馳せ、恐怖した。

少なくとも私の社長は、おまえの芝居はつまらんといいながら毎回見に来てくれる私の社長は、特にこのB級格闘シーンをガキのゴッコ遊びじゃん、と言って嫌悪する。

そういう見方もある。

それは知っておかなければならない。

しかし、社長ははスパイダーマンシリーズが大好きなので(あれこそ壮大なゴッコ遊びだと思うのだが)、ウチがCG使えるようになったら、私の芝居を面白いと言ってくれるかな。


公演間近! 私の劇団、劇団鋼鉄村松のHP
http://www008.upp.so-net.ne.jp/koutetsu/

ラベル:劇団 演出
posted by ボス村松 at 01:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 劇団やってます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック