JUDY.jpg 劇団の動画など、ありますよ?
ボス村松ドラマスペシャル「じ・だん」パラパラアニメ
遍歴の騎士ヤマオカ卿の酒気帯びでやんすダイジェスト
けつあごのゴメスダイジェスト
P型柔道一門PV
ミハエルとアイルトンとチュウカドンPV


2007年06月09日

まんまパクる

鈴木雄太くんは、なかなか威勢がよくて、練習場に活気を与えてくれる、ムード+の存在なのだが、

おとついは「喉が痛くて風邪っぽいから大事をとって」、と休み、

昨日は、「熱が出ちゃって」と練習を休んだ。

そのあたりもまた、鈴木くんぽい。大事をとった甲斐がなかったらしい。

痛い欠席ではあるが、笑ったは笑った。オイタをして笑わせるのは、人柄である。

昨日の練習はオペの棚田くんが来たので、鈴木くんの役には代役をたてて、切らずに通して稽古した。

・よかったところ
 懸案の集団殴り合い2、歌1が機能した。
 ほぼ初見の棚田くんに、いや、基本面白かったすよ、と言われた。

・悪かったところ
 どうも空回っている感が。この芝居でこれを感じるのは初めて。
 棚田君に、前半空回ってる感あったよね?と聞くと、ありましたと答えが返ってきた。

・対処策
 棚田くんは、客入れのときに前説を入れましょうと言った。

棚田くんは、お客さんがリラックスして見ることができれば、この芝居は大丈夫ですよという。

まじでー、と尻ごみする俺に、

スター沖田がいるじゃないかとの声が上がる。

スター沖田は自分の劇団ギャングエイジシアターで毎回、前説と主演をこなしているスター沖田なのである。

本番前に、黒タイツを着て登場。お題が入ったガシャポンを引いて、エチュードをするのだ。

沖田くんはそれに、「やめてくださいよ」と一応は答えるのだが、私はその目の奥に、行けと言われれば行きますよ、の鈍い光を感じた。

恐ろしい子、オキタ。

前説によその劇団のをまんまパクるというノリは、なかなか素敵である。

多分やらないが、素敵である。


今月14日が初日! 私の劇団、劇団鋼鉄村松HP
http://www008.upp.so-net.ne.jp/koutetsu/

posted by ボス村松 at 10:13| Comment(0) | TrackBack(1) | 劇団やってます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

おれはエステティシャン
Excerpt: 女の体をいじりまくってお給料もらえたwww まじ最高www
Weblog: さわだ07
Tracked: 2007-06-10 19:58