JUDY.jpg 劇団の動画など、ありますよ?
ボス村松ドラマスペシャル「じ・だん」パラパラアニメ
遍歴の騎士ヤマオカ卿の酒気帯びでやんすダイジェスト
けつあごのゴメスダイジェスト
P型柔道一門PV
ミハエルとアイルトンとチュウカドンPV


2016年11月30日

実家からカニ

実家からカニが届いた。お嫁さんと食べた。美味い。

実家の石川県では香箱カニと呼ばれている、ズワイガニのメスだ。

とても小ぶりなカニだが、味はズワイガニより上とされている。

特にカニみそと一緒に甲羅の中にあるアカコと呼ばれる部位が絶品。

あれって、何なんだろう。身でもなし内臓でもなさそう。子供の頃はなんとなく卵だと思っていたが卵は甲羅の外のお腹に蓄えられている。知らないままでここまできた。カニみそを超えるコクとホロっとした食感が楽しい。

その美味に感嘆しつつ一年ぶりのカニを楽しんだのだが、解体しながらの作業はめんどくささを伴う。

昔、森下裕美のマンガで「カニってバカだよね。こんな風に食べる用にパッケージされてさ」という台詞があった。

森下裕美はカニを解体するのが好き。

   ***

出来上がった脚本をプリントアウトして、読んでみた。

こうするとパソコンの画面上で読むよりも、全体の流れがつかみやすい。

おおむね、出来が2割増しされる印象。

これは俺だけかな。

プリントアウトされた俺の新作は、なかなかの出来のように思う。

脚本書きに関しては、少しづつ地味に腕を上げている印象。

この前、中華丼と飲んだ時に、そこは褒められた。

次の作の案はある。

俺の暗黒の配管時代に、理解不能のタフガイと感嘆したMくんをモデルにした英雄譚だ。

その善悪を超えた英雄的行為をそのまま配管の話にすると問題があるので何に移し替えようか。

鉄筋屋さんかなあ。

SFにするぐらいに遠くに飛ばした方がいいのか。
posted by ボス村松 at 08:43| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック