JUDY.jpg 劇団の動画など、ありますよ?
ボス村松ドラマスペシャル「じ・だん」パラパラアニメ
遍歴の騎士ヤマオカ卿の酒気帯びでやんすダイジェスト
けつあごのゴメスダイジェスト
P型柔道一門PV
ミハエルとアイルトンとチュウカドンPV


2017年02月28日

観劇二本

先週末、二本の芝居を観劇した。

元キラー村松jr.であるところの、杉井キレ出演のお芝居と、コヤマリ出演のオブキというお芝居。

杉井くんはしっかり演技していて、よい船出をしたのではないか。

これから使いたいという演出家さんも現れるだろう。

今更ながら、自分は杉井くんの役者の実力を過小評価していたのかなと思った。

身内は稽古のダメなときから見ているから、どうも点が辛くなる傾向がある。



コヤマリが出てた芝居、「オブキ」@テアトルボンボン、よかった。

舞台の上が、素人の入り込めない、才能のある人たちの素敵空間になっていた。

衣装も照明も舞台もそれをきちんと後押ししていた。

コヤマリはその中でも、優れていた。

ゴスロリの恰好をして首の取れた人形を抱えて舞台に登場。

そこから出てくる演技は、もう、正解と言うしかなというもの。

声をつぶしたシャガレ声で、毒舌を吐いて、笑いをとる。

上手い上手いと思ってたけど、こんなに上手かったんだと感心した。びっくりはしなかった。これぐらいやるとも思っていた。

演技を、嘘の人をお客さんにいるように見せる手品とするならば、練習は手品のタネを仕込むところ。

近日中に、劇団員の客演が続くので、タネを知らない手品を俺は見ることになる。

お手並み拝見というわけだ。

posted by ボス村松 at 17:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック