JUDY.jpg 劇団の動画など、ありますよ?
ボス村松ドラマスペシャル「じ・だん」パラパラアニメ
遍歴の騎士ヤマオカ卿の酒気帯びでやんすダイジェスト
けつあごのゴメスダイジェスト
P型柔道一門PV
ミハエルとアイルトンとチュウカドンPV


2017年03月16日

ぼくのうた

ロックもジャズも米国の黒人の労働歌がルーツということで、奴隷労働に根があるということ。

労働はおおむねメンドクサく、WBC観戦を切り上げてバイトに向かうのには苦痛がともなう。

しかし始めてみればば、ジョギング感覚のドライブ感がある。

進んでる。

好きでやってるはずの脚本書きの書けなくてうんうん唸ってしんどいのは、進んでいない。

単純労働の苦痛からの脱走がかの労働歌と習ったが、そこにはすでに現在我々を愉悦に導く喜びの種があったと思われる。

俺もスーパーのバイト中に時々歌う。

プロテイン飲料「ザバス」を品出しするときは、アニメ怪物君のテーマソングで。

♪ザバス、ザバスのドラキュラー

これはただのダジャレなので俺は俺の真意がわかりやすい。

次いで、

発泡酒の「のどごし生」を品出しするとき。

童謡の ♪このゆび パパ のメロディで、♪のどごし なま

何がどこで、どう回路がつながったのか。

もう一つ。

農協牛乳を品出しするとき。

CMのタイトルコール ♪東京新聞 のメロディで ♪農協牛乳

これは、京と協の音が被ってたんだね。

今書いてわかった。



posted by ボス村松 at 16:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック