JUDY.jpg 劇団の動画など、ありますよ?
ボス村松ドラマスペシャル「じ・だん」パラパラアニメ
遍歴の騎士ヤマオカ卿の酒気帯びでやんすダイジェスト
けつあごのゴメスダイジェスト
P型柔道一門PV
ミハエルとアイルトンとチュウカドンPV


2017年04月17日

モンスターライブ2

モンスターライブという企画から、脚本を書いてほしいと依頼があったのは既報どおり。

ついに情報解禁で、HPにも俺の写真が載った。


どうやら、俺の脚本がテレビに出る人たちにモリエールで演じられることは、間違いないらしい。

ついに俺の才能が天下の往来にでることになった。

まだか。

それを言うにはまだ早いか。

この依頼は、最初、俺をコメフェス優勝のMARK(X)の脚本書きだと思ってのアプローチで、

その時、俺は「すんません。劇団には二人の脚本書きがいて、それはバブルムラマツが書いたものです」と返信したのだった。

というわけで、バブルムラマツも、この企画に脚本を書く。

俺も書くに至ったのは、アガリスクエンターテイメントの冨坂くんの口添えがあったからと聞いた。

冨坂くんもこの企画に脚本を書く。

企画の某さんが、「ボス村松の脚本って知ってる?どう?」と冨坂くんに聞いたそうだ。

冨坂くんは「大丈夫だと思いますよ」と答えてくれたそうだ。「トンがったのを書きます」とか。

ありがとう冨坂くん。

脚本には次の自分の作演出用に考えていた、アイデアを使った。

「課長のことを、お父さんと呼び間違えてしまう」という以前このブログにも書いたアレだ。

ツッコミとしては、小学生かよ。というところ。

この言い間違えを、お父さんと呼び間違えてしまう病として、生と死と恋とコミュニケーションを問う、コントの枠を超えた人情劇に仕立てた。

盛りすぎですか。そうですか。

今、第一稿からの修正依頼を受けて、第二稿を返したところ。

話をもうちょっと短くして、登場人物の一人を女性に変えてくれというものだった。

うまく対応できたと思う。

スッキリ感、人情味がややアップ、コント感やや減といったところ。

なかなかよい出来なので、ぜひ見に行ってやってください。

俺も見に行こうと思っています。

自分の脚本を、人が演出したのを見るのは、これが初めて。

とても興味がある。

もちろん、「ボス村松の竜退治」の方も、鋭意、練習中なので、こちらも合わせて観劇のほどお願いいたします。

チケット予約ブログ右上のタイムテーブルで。
posted by ボス村松 at 13:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 劇団やってます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック