JUDY.jpg 劇団の動画など、ありますよ?
ボス村松ドラマスペシャル「じ・だん」パラパラアニメ
遍歴の騎士ヤマオカ卿の酒気帯びでやんすダイジェスト
けつあごのゴメスダイジェスト
P型柔道一門PV
ミハエルとアイルトンとチュウカドンPV


2017年04月24日

手ごたえしかない

稽古場に初めてキャスト全員が集まって、練習をした。

脚本も上がってるし、役者の交通整理の演出プランもだいたい定まっている。

自分も役者として出ているから、その時点での役者陣に求めるべきクオリティを感じ取れる。

自分に今、出来ることを役者陣にやってくれと言う。

自分に今、出来ないことを、役者陣に何でできないの?と詰問しない。

俺は性急に役者にいい演技を求めるきらいがあるから、これはいいことだ。

演出に専念しているときより、全体を見渡す目は弱くなるが、元より俺のバランサーとしての演出能力は低い。

場面の構築や、近視的な演技指導はなかなかやると思ってるんだけど。

今回は、古崎くんが演出補を請け負ってくれてるし、俺が兼任演出なので、役者陣も積極的に演出に関わってくれている。

むしろ演出面も強化されているのではないか?

俺が夢見ている、お互いが持ってる音を持ち寄って曲を仕上げるバンドみたいな芝居になってくれるかもしれない。


それもこれも、やっぱり脚本がよく書けてるんじゃないかと。

自分でやってて、楽しい台詞場面がそこかしこにあるし、役者陣も今日のところはとても楽しそうだった。

今日は手ごたえしかない。

今作で自己最高を更新して、今回のやり方を自分のスタンダードにできないかな。

「稽古2月前に脚本を上げる」→「稽古前に台詞覚えを終わらせて自分も出演」

ボス村松の竜退治は6月いっぱいとびとびロングラン。

みにきてね。

予約はブログ右上のタイムテーブルで!

posted by ボス村松 at 02:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 劇団やってます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449282986

この記事へのトラックバック