JUDY.jpg 劇団の動画など、ありますよ?
ボス村松ドラマスペシャル「じ・だん」パラパラアニメ
遍歴の騎士ヤマオカ卿の酒気帯びでやんすダイジェスト
けつあごのゴメスダイジェスト
P型柔道一門PV
ミハエルとアイルトンとチュウカドンPV


2017年04月26日

藤井四段は今日も勝ちました

棋聖戦挑戦者決定戦、糸谷八段に斎藤慎太郎七段が勝って、羽生棋聖戦への挑戦が決まった。

斎藤七段、羽生棋聖共に、あべまTVの企画将棋で天才将棋少年藤井四段に負けたばっかり。

タイトルマッチがさながら敗者復活戦みたくなった。

一将棋ファンのボス村松としては、この天才少年を、馴染み深い将棋界を襲った黒船みたく見ている。

外敵というやつだ。

藤井聡太四段14歳。

コンピューターと大体同じ印象。読みが早くて、間違えない。

一般棋戦にも出てくるので、コンピューターよりタチが悪い。

現在、デビュー以来公式戦負けなし14連勝。

最悪のシナリオは、底が見えたと将棋に飽きて、無敗のまま将棋をポイと投げ出しちゃわれること。

無敗は大げさにしても、勝ちまくってポイはありうる。なんたって、相手は14歳だ。

七夕の短冊に「いつまでspeedが好きでいられますように」とか書いちゃう年頃だ。

打ち捨てられた将棋界のショボンは相当なものになるだろう。

ライバルの登場が待たれる。

ライバルの登場が待たれるのは、そうなんだけど、実際には藤井四段が俺の敵であり続けることは難しいと思われる。

目に馴染んで来るうちに、藤井四段が外敵から俺のスターへと変わっていくんだろう。

羽生三冠も渡辺竜王も最初はヒールだったと聞く。

今ではみんなのヒーローだ。

渡辺竜王は今でもヒールと兼業ではあるが。

posted by ボス村松 at 20:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 将棋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449363407

この記事へのトラックバック