JUDY.jpg 劇団の動画など、ありますよ?
ボス村松ドラマスペシャル「じ・だん」パラパラアニメ
遍歴の騎士ヤマオカ卿の酒気帯びでやんすダイジェスト
けつあごのゴメスダイジェスト
P型柔道一門PV
ミハエルとアイルトンとチュウカドンPV


2017年06月28日

ボス村松の何たら

金曜日の最終上演日まで、3日空くのでボス村松の竜退治以後に向け動き出した。

とりあえず、演劇フェス「シアトロン」に出品する、ボス村松のピクニックの台詞覚えをしなければならぬ。

今、覚えている竜退治の台詞と、混じらないかなあと怖いが、とりあえず、脚本をプリントアウトし自分の台詞にマーカーを引いた。

何を狂ったか、自分が演じる役に1ページの長台詞を書いてしまった。

覚えられるかなあ。

日本のラジオの屋代くんが、竜退治面白かった、俺の脚本を演出したい、とのツイートをしてくれてありがたかった。

この前の月曜日の回にお客さんが増えたことに、ひょっとして無関係では、なかったのかもしれない。

俺が屋代くんに脚本を書くとしたら、ボス村松のラジオ、になるよなあとそのタイトルをお題として考えたら、

核になるエモーショナルな部分が頭に浮かんだ。なかなか感傷的で、書いてみたくなった。

屋代くんの眼鏡にかなうかどうかは、わからないが、とりあえず書くことにした。

粛々と淡々と演劇をたくさん生み出すことにより、何か素敵なことがおきることを期待するという方針で毎日をすごしたい。
posted by ボス村松 at 19:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 劇団やってます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック