JUDY.jpg 劇団の動画など、ありますよ?
ボス村松ドラマスペシャル「じ・だん」パラパラアニメ
遍歴の騎士ヤマオカ卿の酒気帯びでやんすダイジェスト
けつあごのゴメスダイジェスト
P型柔道一門PV
ミハエルとアイルトンとチュウカドンPV


2017年12月27日

かきあげ団「かきあげ団、海へ行く」観劇

一年ぐらい前から、ツイッターの俺のタイムラインにその名が現われるようになり、その自暴自棄みたいなつぶやきにシンパシーを感じていた、かきあげ団。

今回、「チケットがまるで売れていない。客席が放課後の教室で告白できるレベル」とのつぶやきを見て、これは男気を見せるところかと、俺は決して軽くはない腰を上げて、その芝居を観てきました。

さて、かきあげ団。団を称するのに反して、観たお芝居は、団長さん(芸名)と、団員くん(芸名)の男女二人芝居だった。

話の筋が特にあるわけではなく、会話の妙で楽しませるのはコント的。

舞台からはみ出ないで、舞台の中で収まりよくキレイにまとまっているのは芝居的。

団長さんがアホで、ほがらか。団員くんが、賢くてメンヘラ。

二人がお互いをくさしながら、時に、共感しながら、一時間しゃべった。

会場は新宿眼下画廊。

お芝居の設定はシンゴジラが出て眼下画廊は地下にあるから助かった、さあどうしようというもの。

団長さんはアホだから、なんでだか「海に行きたい。行こうよ」と団員くんを誘う。

団員くんは、いやですよと、至極まっとうな反応をする。

でも、最後には二人で鎌倉の海に行きました。

おしまい。

そんな感じ。

団長さんと団員くんの自在感がよかった。

あんなに堂々と、いっぱいの台詞を人前で回せたらさぞ楽しいだろうなと思った。

お客さんが多ければ、なおよかろう。

お客さんはなるほど、すくなかった。

団長さんと団員くん、男女二人ということで、二人はつきあっているのかな。つきあってないのかな。

付き合ってないほうがいいなと思った。

それで、団長さんが主導権を持って稽古とかしてるといいな。

団長さんなんだから。

逆に、団員くんが実は作演出で、団長さんと付き合っていて、稽古場をまわしていたら、ちょっとやらしいな。

団員くんは島崎和歌子のファンということで、うちのバブルといっしょだなと思った。

まあ、うちのバブルはヤリチンの恋多き男なので、団員くんほどの一途さはなく、バブルの恋の遍歴は、和歌子、眞鍋、モー娘。の二番目ぐらいに辞めた子、長澤、堀北、ガッキーさん(now)と数えれば枚挙にいとまがない。

和歌子LOVEに関しては、団員くんと並べると失礼かもしれない。


posted by ボス村松 at 17:56| Comment(0) | 観劇の感想文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: