JUDY.jpg 劇団の動画など、ありますよ?
ボス村松ドラマスペシャル「じ・だん」パラパラアニメ
遍歴の騎士ヤマオカ卿の酒気帯びでやんすダイジェスト
けつあごのゴメスダイジェスト
P型柔道一門PV
ミハエルとアイルトンとチュウカドンPV


2018年02月08日

宣戦布告

バイト先のスーパーの近くに、新しいスーパーが開店していた。

競合他社。ライバル店というやつだ。

そういや、そうだ!今日開店とか言ってたな!

稽古場取りで区民活動センターめぐりをしているときに、たまたまその開店初日に、その前を通りがかったのだった。

稽古場代を払うのに、おろしたばかりの一万円は崩した方がいいかなと思っていたので、敵情視察がてら入店した。

店内、天井が高い!

ガラス張りで中が見える鮮魚調理室、パン調理室、惣菜調理室は、さながらキッチンスタジアムの様じゃないか。

銀色の什器がピカピカ光り、その周りを忙しく回る白いキッチン服のキャストたち。

初日の活気が、俺に「店員さん」というよりも、ディズニー風に「キャスト」と呼ばせるのだった。

スーパーという名の遊園地やで。

熱気にあおられて、開店記念寿司「祝い」999円と、肉質A4等級いわて何たら牛1700円を特別にレジで半額と、特性だし巻き卵398円を買ってしまった。

万札を崩すというレベルではない。本格的な買い物。

まだ区民活動センターめぐり終わってないのに!

ライバル店おそるべし。

そして買い物の最後を締めるのは、圧巻のレジ15台!!

店内の端から端まででズラッと並ぶ姿は、さながら無敵艦隊だ。

その威力たるや、店内にはお客さんがあふれかえっているのに、レジに行列ができていない。

俺も一人待っただけ。

・・・おしまいや。

・・・俺のバイト先おしまいや。

こいつ、町じゅうの買い物客を全部、根こそぎ持ってくつもりやで。

いわて何たら牛、うまかったなあ。

寿司、うまかった。

だし巻きたまご、なんてことなかった。

普段、「さてと、バイトか・・」と、重い腰をあげて向かう労役の場所である我がバイト先。

案外スーパーの仕事は嫌いじゃないんだけど、慣れて昨今は熟年夫婦のような倦怠もあった。

しかし、今改めて思う。

俺、おまえがいなくなると、ダメなんや。

思い出すのは、配管の仕事をやめて無職になったときのこと。

この手から一円も生み出すことができない事実。

あの無力感。

仕事のあることのありがたさ。

普通免許すら何もない、出来ることといえば、つまんない脚本を書くことぐらいのこの俺を、拾っていただいたときの感謝の気持ち。

立ち上がれ、戦うのだ!俺。あの強大な敵に向かって。

今日からは、これまでより気持ちを乗せた「いらっしゃいませ」「ありがとうございました」を!

気の利いた品出しと丁寧な陳列の励行を!

勝つ。

俺はこ試練に打ち勝って見せる!



posted by ボス村松 at 17:55| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: