プリズンブレイクイメージ.jpg 新作情報
 「ボス村松のプリズンブレイク」
 2020.7.24(fri)-25(sat)
 @新宿シアター・ミラクル
 2500yen
  

2018年02月13日

ヤシロ

昨日が練習初日だった。

「本が上がってるんだから、あとはもう順番に読むだけだから」

ヤシロはそう言って、練習を一ヵ月、3時間18コマに設定した。

気持ち少なめ。いい塩梅だと思う。

その稽古初日は、ヤシロのイメージを役者に伝達する場となった。

俺、脚本。ヤシロ、演出のこの「ボス村松のラジオ」

ヤシロは本を結構、読み込んでくれていたのか、

思いの他、俺が本を分かりやすく書けていたのか、

なかなかに俺の思い描いていた設計図を、くみ取ってくれていた。

むしろ、設計図の線を、俺の思っていたものよりも強く太いものにしようとしていた。

俺が自分の脚本を演出するときは、書きあがった脚本は、脚本として脇においておいて、その場のわちゃわちゃしたノリの良さを追う。

今回、従来の俺の作演出の芝居よりも、評判がよかったら、どうしよう。

喜ぶのが正解。

それは分かってる。

posted by ボス村松 at 09:51| Comment(0) | 劇団やってます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: