JUDY.jpg 劇団の動画など、ありますよ?
ボス村松ドラマスペシャル「じ・だん」パラパラアニメ
遍歴の騎士ヤマオカ卿の酒気帯びでやんすダイジェスト
けつあごのゴメスダイジェスト
P型柔道一門PV
ミハエルとアイルトンとチュウカドンPV


2018年02月27日

茶色のジャケット

アガリスクエンターテイメントの「卒業式、実行」を見て来た。

俺が客演した演目「紅白旗合戦」のパラレルの世界だ。

どちらも同じ高校が舞台で、どちらも卒業式に国旗国歌を掲揚歌唱するかで揉める。

そしていい塩梅のところに落ち着く。

パラレルと言うのは、登場人物が違う。

あと時期が違う。

「卒業式、実行」は舞台が卒業式当日のショーマストゴーオン、「紅白旗合戦」は当日のちょっと前の会議モノなのだ。

その中で同じポジションの役柄というものは存在する。

生徒会長、卒業式実行委員会委員長、校長先生、などなど。

そこに付け加えたいのが、やや飛び道具扱いの、生徒側に理解のある先生ポジション。

俺は「紅白旗合戦」で、その枠の社会科教師を演じさせてもらった。

懐かしい気持ちで公演を見ていると、紅白旗合戦で俺が着ていた衣装の茶色のジャケット、そいつが現れた。

俺がいなくなった中、ジャケットだけ参戦している。

着ているのは、同じポジションの美術教師役。

まじかよ!!

騎手乗り換えだ!!

どうしたって、彼と自分とを比較してしまう。

その美術教師役は、ちゃんと台詞を覚えていた。

なんてこった!!

そして、笑いのギアチェンジ役として大変芝居に利いた演技をしていた。

くっそー!!

茶色のジャケット、好走。連に絡む活躍!!

美術教師が笑いを生むたびに、俺は嫉妬した。

嫉妬して、へこんだ。

茶色のジャケットめ!! 裏切者!! 浮気な奴!! 

・・そんなような気持ちを、終演後、出演者のSくんに明かした。

するとSくんは、あの茶色のジャケットは、似てますけど前のジャケットと同じじゃないですよ、だって。



心が少し楽になった。




posted by ボス村松 at 20:09| Comment(0) | 観劇の感想文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: