JUDY.jpg 劇団の動画など、ありますよ?
ボス村松ドラマスペシャル「じ・だん」パラパラアニメ
遍歴の騎士ヤマオカ卿の酒気帯びでやんすダイジェスト
けつあごのゴメスダイジェスト
P型柔道一門PV
ミハエルとアイルトンとチュウカドンPV


2018年03月15日

今日の夜、一回目が始まる

今日の夜、初日の幕があく。

待ち遠しいな、早く夜にならならいかなあ、の気持ちでいたいところだ。

昨日、一個、課題をクリアしたので、少しその気持ちには近づいてはいるのだった。

   ***

昨日まで、自分の役の最初の台詞が、どうもしっくりきていなかった。

もったいをつけて意味ありげに舞台に立って、

自分が今、夜にいてラジオを聞いていることを伝えるのか、

さらっと、俺が夜にラジオを聞いていることなんてこの世界に何の意味もない、という風に始めるのか。

どっちも正解のようで両方面からアプローチして、あ、これで行こうと思ったことは何回もあったのだけれど、

つかんだと思ったやり方で、もう一回鏡の前に立ってみると、違うものになってる。

暫定的に折衷案で、台詞の喋り出しまでは間をとって喋り口は、サラッといくということにした。

劇場に入っての場当たりで、その冒頭の場面の照明と音響の場面のシーン作り。

俺は暗転中に気持ちを整えて、照明がつくのを待つ。

ところが、いっこうに、照明がつかない。

照明がつく。

ヤシロが「ボスさん、どうしたんですか」という。

どうやら俺がぐるぐる考えていた台詞は、暗転中の台詞だったようだ。

「俺、何回も言いましたよ」とヤシロ。

演出はよく聞きましょう。

「なんだよ、暗転中の台詞じゃ表情関係ねーじゃん」

と言うと、「いや、暗転中でも表情は伝わりますよ」とヤシロは高尚なことを言う。

ラジオパーソナリティーの役で、自身もラジオのヘビーリスナーの塩原くんも、言ってくる。

「「声を見る」って言いますからね。」

どっかのラジオ局のキャッチフレーズらしい。

まー、がんばるよとその場は返したが、楽になった。

サクッといこう。




posted by ボス村松 at 09:02| Comment(0) | 劇団やってます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: