JUDY.jpg 劇団の動画など、ありますよ?
ボス村松ドラマスペシャル「じ・だん」パラパラアニメ
遍歴の騎士ヤマオカ卿の酒気帯びでやんすダイジェスト
けつあごのゴメスダイジェスト
P型柔道一門PV
ミハエルとアイルトンとチュウカドンPV


2018年08月17日

グレート賛歌

グレートニュームラマツに逆転された。

昨日、稽古してグレートのセリフ回しが安定してきた。

台詞を覚えたと思われる。

前の練習までは俺の方がしっかりしてたのに。

俺は前進なしで、グレートは二歩ほど前に進んだ。

俺は一旦覚えた風から、それがしっかり固まるまでが長い、というか、固まらない。できることの多さと、脳の処理速度が遅いのと、メンタル弱の食い合わせが悪く、台詞がすぐに針を飛ぶ。

台詞をほぼ、覚えたグレートは、おもしれーおもしれー、と何回も言って楽し気に演技している。

グレートは本当に演技することが好きだ。

ところで、実は今回、俺もミスなくノレてる時は、なかなか気分がいい。

お互いが自分の演技を持ち寄って、切り合ってる感がある。

グレートはそれを、音楽をやってるみたいと言う。

楽器やったことがあるのかよ、とグレートに聞き返すと、グレートは、ない、と言う。

そうだろうと思った。

でも、前々からジャズのセッションのように、演技ができたらなあと思っていたので、すこし夢のスタイルに近づいたわけだ。

せっかくだから、役者の気持ちよさを、やれるところまで、追及してみたい。

そのためには、やっぱり台詞覚えだ。

もうちょっと、台詞が体にくっついてくれるとありがたいのだけれど。
posted by ボス村松 at 17:02| Comment(0) | JUDY&MURAMATSU | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: