JUDY.jpg 劇団の動画など、ありますよ?
ボス村松ドラマスペシャル「じ・だん」パラパラアニメ
遍歴の騎士ヤマオカ卿の酒気帯びでやんすダイジェスト
けつあごのゴメスダイジェスト
P型柔道一門PV
ミハエルとアイルトンとチュウカドンPV


2018年09月12日

ケツプリオ師匠(独)

昨日の稽古で、飯を食いながらの演技をしたが、さほど難度が上がるものではなかった。

これまでの、小道具を使って食べてる体で演技をしていた影響で、エアーで箸をつまんで口に持って行ったのが一回あったぐらいだった。

それよりも、やっぱり台詞回しだな。

そして、台詞回しのためには、台詞覚え。

やっぱり、台詞覚えなのだった。

まだ、だめだ。

ケツプリオが「俺はここにいる」と主張する境地の、俺はまだ二歩手前、松井さんは三歩手前だ。

ケツプリオは流れが分かっている、構造を理解している、だから外れても戻すことができるという。

その自信から、俺は緊張なんて一切しませんよ、とのこと。

この前、新宿公演の前にやった台詞の早回しの練習で、ケツプリオはそれができていた。

その時から、俺と彼との力関係が逆転したような気がする。

のどかさん先生についで、俺の心の中に、ケツプリオ師匠が生まれている。

しかし、俺の心の中でも、ケツプリオ師匠がのどかさん先生と結ばれることはない。

そんなことは、俺が許さない。
posted by ボス村松 at 16:59| Comment(0) | JUDY&MURAMATSU | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: