JUDY.jpg 劇団の動画など、ありますよ?
ボス村松ドラマスペシャル「じ・だん」パラパラアニメ
遍歴の騎士ヤマオカ卿の酒気帯びでやんすダイジェスト
けつあごのゴメスダイジェスト
P型柔道一門PV
ミハエルとアイルトンとチュウカドンPV


2018年10月26日

今年2回目のマッドサイエンティスト

11月の劇団の本公演で、今年に入って2回目、生涯10回目ぐらいとなるマッドサイエンティストの役をいただいた。

「人造カノジョ〜あるいは現代のフランケンシュタイン〜」

一年前ぐらいに上演した同名の短編を苗床にして、もっとでっかい果実を収穫しようといった塩梅の作品だ。

その短編でも同じ役をいただいた。

そのときは、稽古場で調子よく演じられていると思っていたのだけれども、本番であんまり笑いをとれなかった。

今、振り返って見ると、いわゆる「マッドサイエンティスト」的な大仰な演技をすることにのみ腐心して、肝心の人造カノジョに恋する気持ちが欠けていたのではないかと思う。

大仰な演技に関しても、やりすぎた。

「ふはははは、残念だったな。このお芝居ではこの先二時間ぐらい恋愛シミュレーション以外の話は1秒たりとも出てこない!」

という台詞において、去年の短編では、この一行の台詞を全部「ふはははは」のノリで一気に、喋っていた。

考えが足りなかったかな。

「ふはははは」のノリは、「ふはははは」のところと「二時間くらい」のところと「出てこない」ぐらいのところにとどめておいて、他の部分では普段喋りぐらいのテンションで落ち着いて台詞回しをしてた方が良かった気がする。ペタンと一色で塗りつぶすのではなくて。

昨日の練習では、全然台詞が出てこなかった。

その前の練習で、台詞の出に関してはよい感触を得ていたので、大変ガッカリした。

今日はマッドサイエンティストの研究所の抜き稽古の日なので、しっかりと練習して何かを持って帰りたい。



今日はマッドサイエンティストチームの抜き稽古の日なので、実り多い練習にしたい。



posted by ボス村松 at 16:56| Comment(0) | 劇団やってます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: