JUDY.jpg 劇団の動画など、ありますよ?
ボス村松ドラマスペシャル「じ・だん」パラパラアニメ
遍歴の騎士ヤマオカ卿の酒気帯びでやんすダイジェスト
けつあごのゴメスダイジェスト
P型柔道一門PV
ミハエルとアイルトンとチュウカドンPV


2019年01月26日

ゴーダがない

ゴーダがない。四個入りの無垢の箱から、俺は、いっぺんに食べちゃもったいないからな、と1個だけ食べて3個取っておいたゴーダがない。

バイトから帰って、ビン・カンのゴミ出しをした勢いで、部屋を片付ける感じで探したけど、ない。

消えてしまった。この世界から忽然と。

ガッカリした。

もう、寝る・・、と思ったが、天気がすごくいいので、眠くなるまで起きておくことにした。

実は、昨日のバイトのでレジ打ち中にピコンときたのだった。

現在執筆中の、「ボス村松の自転車泥棒」であるが、ラストまでの流れが繋がったのだ。

眠くなるまで、書くぜ。

きっと、2月20日の、「息つぎがうまくできない」の稽古初日までには書きあがるだろう。

あらすじを少し、お披露目させて。

人情刑事に、最初、自転車泥棒で捕まった主人公、本城真澄が捕まる度に、人情で逃がされ、罪を重ねていくお話。

ヒロインには、もらい事故の真由美。本城真澄が重ねる罪に、なんでだか事件現場に居合わせて、迷惑を被る。

しかし、本城真澄と、もらい事故の真由美は、惹かれ合うのだった。

恋の行く末と、罪の結末はどこにたどり着くのか・・。

こうやって、あらすじを説明できる話を作ろうと思って、今回はそれができてる。

俺の書く脚本は、あらすじの説明が難しいのが定番なのだ。

これは、よく褒められる「けつあごのゴメス」以来の、物語やでー。

けつあごのゴメスというのは、俺が22歳ぐらいの時に書いて、超えられない壁となっている一作。

サザンで言うところの、勝手にシンドバッド。

ただ今作の書き始めのモチベーションが「警察ど泥棒」のコントを書こう、だったから、「けつあごのゴメス」よりも切なくないな。

おバカ寄り。

それだけに、笑いを取っていきたいのが、上演に際してはシビアなところ。


posted by ボス村松 at 10:21| Comment(0) | 劇団やってます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: