JUDY.jpg 劇団の動画など、ありますよ?
ボス村松ドラマスペシャル「じ・だん」パラパラアニメ
遍歴の騎士ヤマオカ卿の酒気帯びでやんすダイジェスト
けつあごのゴメスダイジェスト
P型柔道一門PV
ミハエルとアイルトンとチュウカドンPV


2019年07月28日

東欧4か国夢紀行5日目(チェコ〜ウィーン)

5日目は移動日。チェコからウィーンへ。途中、世界一美しい街(らしい)チェスキークロムロフに立ち寄る。ヨーロッパを襲うアフリカからの熱波で本日の東欧も快晴30℃越え。湿気が低く光が散逸しないのだろう、日差しのビーム感がすごい。

チェスキークロムロフではお城と市内の観光。
昨日もおとついも、そうじゃなかったっけ?
いえいえ毎日、同じとあなどることなかれ。
建物の様式がこれまでのゴシックからバロックへと時代が下がってゴテゴテが減る。逆に絵が増える。
彫刻が壁画に。石壁さえも、積んであるようなカキワリの絵に。柱も立っているようなカキワリの絵になっている。
平面である。平面ガエルのど根性ガエルのごとし。

2019728 #2_190728_0042.jpg壁の凸凹ふうなのは全部、カキワリの絵です

城主の紋章が面白い。やっつけたトルコ人の生首をついばむカラスの絵ということだが、図案化されてない。生すぎる。そもそも絵が下手。
こんな紋章、みたことない。あとトルコ人というよりは、清の辮髪の人っぽい。


昼御飯は鱒の塩焼き。


バスでウィーン市街にのりこんだ際に、おや?と思う。道幅広くタイムスリップ感薄し。
一個一個の建物はさすがヨーロッパの一方を長く支配したハプスブルク家の首都である。
でかい、りっぱ。
しかし異国情緒という点においては、道幅狭く密度を高めて俺に迫り、のしかかってくるプラハに俺は軍配をあげる。
人が多すぎたけどね。

晩御飯はウィーン郊外の農家経営の居酒屋「ホイリゲ」で楽団の演奏を聞きながらお食事。
野菜の酢漬けのサラダと、豚と鶏のグリル。
これまでのツアー用意の料理で、一番見栄えがよかった。
味は、まあ、ふつうです。
この日、お嫁さんのスカートが復活していた。よいね。
posted by ボス村松 at 21:38| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: