JUDY.jpg 劇団の動画など、ありますよ?
ボス村松ドラマスペシャル「じ・だん」パラパラアニメ
遍歴の騎士ヤマオカ卿の酒気帯びでやんすダイジェスト
けつあごのゴメスダイジェスト
P型柔道一門PV
ミハエルとアイルトンとチュウカドンPV


2020年02月21日

腰痛

腰を痛めたら、安静にして湿布を貼るしかない。

接骨院の整体というのは科学的根拠のないプラシーボだ。

そういう文章をどこかで読んで、そんなものかと思っていた。

腰痛がなかったので、腰痛は対岸の火事だったいうのもある。

2週間ほど前、飲みすぎて何もする気が起きず、家で二日ほど寝ていた時があった。

バイトも連休だった。

それで腰を痛めた。

何だそれ。

家でゴロゴロしていただけなのだけれど、腰を痛めた。

寝ている態勢が悪かったのだろうか。

腰を痛めるのは重いものを持った時に限らず、むしろ日常の何気ない動作のとき、というのは聞いたことがある。

寝てても痛めるのだから、何がきっかけになるかは分からない。

全くもって腰痛とは恐ろしい。

その腰痛が、昨日廣岡くんと飲んだ帰り、池袋駅を歩いていたら、治った。

緑の窓口の前あたりだったろうか、歩いている最中に、ピキっと腰が鳴った。

すると腰がスッとした。ハマった感じがある。

あれ?これ治ったんじゃね?と思って、腰に負荷のかかる態勢にしてみても、ほぼ痛くない。

形成外科に行くと、筋肉が炎症を起こしているということだから、湿布を貼って安静にしなさいと、それだけ施術される。

それ以外の治療はないと聞く。

筋肉が炎症を起こしているだけでは説明がつかない、この、違っていたのがハマった感覚。

「筋を違えた」という言葉通り、筋が変な風にねじれていたのが、元の形にもどったとしか思えない。

筋って何だ。

整体は、これをやってたのか。違ってたのを、戻してたのか。

接骨院の整体は、プラシーボではないと俺は思い直した。

ガンに効く民間療法も全部が嘘ではないのかもしれない。

手かざしで治ることもあるのかもしれない。

イエスキリストもなべおさみも大したものなのかもしれない。


posted by ボス村松 at 15:10| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: