プリズンブレイクイメージ.jpg 新作情報
 「ボス村松のプリズンブレイク」
 2020.7.24(fri)-25(sat)
 @新宿シアター・ミラクル
 2500yen
  

2020年04月30日

パクラー

依頼されて書いていた脚本が書きあがった。

さて、次は何を書こうかな。

その前にネタの補充がいるかな。

この一作に、自分の中では秘蔵のエッセイ味をひとつ使った。

ネタの補充はどうやってやろう。

やっぱり少し小難しい本を読むことになるのかな。

人の中に入っていくことは、今は難しいし。

実際のところ、現代に生きる才能で、クリエイティブでセンスにあふれる人は、文章を書くことに行かないように思うんだけど、映像や漫画は演劇と同じ地平のように感じちゃうんだよな。

おおざっぱに言って、映像や漫画から引っ張ってくるのはパクリで、本から引っ張ってくるのは、消化して自分のものに、みたいなイメージがある。

画があるか、ないか。

自分は脚本で画を描く。

小難しい本には画がない。ゆえにそこからの援用はパクリではない。

小難しい本は読むのが面倒くさい。そんな面倒くさいことをやった俺、がんばった。

それが身になるんだ。

そんな根性論もある。

ちなみに俺はパクリをしないわけではない。

パクリもするけど、パクリじゃない方が偉くて、偉くなりたい。そう思っている。
posted by ボス村松 at 02:02| Comment(0) | 劇団やってます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: