プリズンブレイクイメージ.jpg 新作情報
 「ボス村松のプリズンブレイク」
 2020.7.24(fri)-25(sat)
 @新宿シアター・ミラクル
 2500yen
  

2020年06月22日

団体名

演劇をすることにした。

7月末の連休に、3人、30分芝居「ボス村松のプリズンブレイク」を中心に据えた短編数本をやる。

小さな芝居なら小回りが利いて、不測の事態に対応しやすい。

ベンディングされているボス村松の自転車泥棒は、10人が出演する芝居なので、今上演するのはやはり難しいと判断。

在庫の新作があったので、そっちを上演する。

演劇やらなきゃでしょ。

演劇のためにバイト暮らしを選んだ人、ボス村松としては。

やっちゃダメと言われていたものが、やっていいよと言われれば、動かなければならぬ。

本当は、胸の中に熱い衝動がなかったとしても、胸の中の熱い衝動に駆られたという体で。

そういうコンセプトで設計されている人生である。



ボス村松の自転車泥棒の上演の可能性を探っていた時に、そういう衝動を持っていた人と居合わせたのが大きかった。

感銘を受けたのだった。

しかしその人も、そういうコンセプトの下で、そういうフリをしていた可能性は、ある。

この前会った時のその人の最新情報は、今ゲームにハマっていて、それ以外のことはやりたくないと言っていた。

おい、そこのおサルさん。

今日から演劇の練習ですよ。



さて、団体名をどうしようか。

俺しか関わっていないので、鋼鉄村松を名乗るはよくないか。

対コロナで、おこられる可能性もある。

俺個人で始めたものという体裁をとるには、別の名前でやったほうがいいのかもしれない。

とはいえ、ほにゃらら企画とか、改めて名乗るのもやだ。

ボスデス、が今のところの候補。

ボスです。という意味を込めてみた。


***


あと、昨日は俺が提供した脚本「フィンランド式」の読み合わせがあったはず。

どう読まれて、どんな感想を持たれたのだろうか。

そちらは8月末の上演予定。

15drop「フィンランド式」

本当は、ボス村松のフィンランド式としたかったが、それはちょっとと言われた。

まあ、そうだろうとも。


暑い夏になりそうだぜ。


posted by ボス村松 at 13:43| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: