プリズンブレイクイメージ.jpg 新作情報
 「ボス村松のプリズンブレイク」
 2020.7.24(fri)-25(sat)
 @新宿シアター・ミラクル
 2500yen
  

2020年07月15日

俺は今なんだよ

脚本書きとして、最近なかなか調子がよい俺。

基本は自己評価、当社比なんだけれども、案外そうでもないところを示したいので、

最近もらった語録を、うろ覚えの引用してみる。


■山並くん(サムゴーギャットモンティブ)「ボスの脚本はバカバカしいのに詩的。場面転換が多いのに笑った」

お返事:バブルムラマツの場面転換はこんなもんじゃありませんよ

■横手くん(シンクロ少女)/宝保さん(コンプソンズ)「短編はふつーに面白い」

お返事:出演してくださってありがとうございます

■赤星さん(15drop)「パンチラインがツボ」

お返事:パンチラインというのは、ヒップホップ用語でサビ(塩原くんから誤りの指摘) 決めの歌詞の部分のことですね。

■屋代くん(日本のラジオ)「難解だ。つまらないわけではない。文学だ。歯ごたえがある。文学をどう芝居にするのか」

お返事:文学は誉め言葉です。

■匿名希望(某劇団代表)「プリズンブレイク大好き。うちの旦那もこれぞ演劇と言うとりました」

お返事:同じ時代の小劇場演劇に、産湯を浸かりましたからね。

■塩原くん(アガリスクエンターテイメント)「珍妙」

お返事:誉め言葉です。



全盛期到来だな。

生れては消えていく「ボス村松の何たら」を見逃すな。

いや、正直見逃しても、別にどうということはないです。

ご時世も大変なことになってるしね。

でも、あえて、一緒にバカになってくれる人はこのブログの右上に、公演のタイムテーブルがあります。

一生懸命、天才的に練習しています。

俺は今なんだよ。

厄年です。
posted by ボス村松 at 23:36| Comment(0) | 劇団やってます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: