プリズンブレイクイメージ.jpg 新作情報
 「ボス村松のプリズンブレイク」
 2020.7.24(fri)-25(sat)
 @新宿シアター・ミラクル
 2500yen
  

2020年09月17日

臨死体験

スマホでグーグルドキュメントを使って案外脚本が書ける(結果あんまり書けないが、書こうとすることはできる)と判明。

ぼんやり脚本を考えながら散歩して、着想を得た時に、足を止めて書くことを始めたのが先週。

散歩じゃなくても、いいのではないか。と考えたのが今週。

ウーバーイーツをしながら、着想を得た時に、足を止めて書けばいいのではないか。

お金も入る。

おお。

という訳で登録して、昨日、初めて配達した。

超緊張。

そんな初めてのおつかい。

アプリがいきなりバグったんじゃないかなあ?

お店の場所が地図に出てこない。

分からない。俺のアプリの使い方が間違っていたのかもしれない。

所要時間1分の表示はある。お店の人は1分で来ると思って、食事をつくっていることだろう。

どうすればいい?

アプリに頼らず、住所をコピペして、グーグルマップで探すんだ。

あ、この表示はテキストとしてコピペできない。

暗記して、グーグルマップにフリック入力で…

頭がカーッと熱くなって、指が言うことを聞かない。

昔、配管の仕事で、どうにもならなかった、あの辛い半年を思い出す。

使ったガムテを、どこに置いたか忘れて、ガムテを探してばっかりいた半年だ。

つらかった。

最近は、これがわたくし、ボス村松でございと、やや枯れたふうな、分別がついたような顔をしている俺だが、

それは薄皮一枚の表面にすぎず、その中身は、何ら変わらない不器用でピンチに弱い俺であることを、悟った。

大学の時、サユリちゃんが好きで、どうにもならくて、でもどうにかしたくて、お花を1本買って稽古場で渡したり、宿舎のドアノブにバイト先のお好み焼きが入ったレジ袋を下げたり、サユリちゃんがフクタッチとお付き合いしていることを知った後は、フクタッチの家の前に行って、サユリちゃんの自転車があることを確認したりしていたことも、合わせて思い出した。大変、不器用でどうしようもない。

これって、走馬灯?

俺、今、臨死体験してるの?

何とかお店について、商品をピックアップ。

お客さんの場所は地図に出てきた。

でもマンションの名前が書いてない。

番地だけで、探すの?

そんなもんなの?

らしいマンションの前、たまたま、同業の方が近くにいて、これ幸いとアプリを見せて、これでいいんですか?と聞く。

俺が分かってなくて、詳細が分かる画面とかあるんですか?とか。

同業の方は親身に俺の話に付き合ってくれて、このマンションでいいんじゃないのかな?と。

とりあえず、このマンションのこの部屋番号にウーバーイーツですって、まず声を掛けてみれば?

その通りにしたら、このマンションで正解だった。

今日はこの1件でウバ活はおしまい。



次は代役を頼まれた、カラオケのバイトへ。

バイト中に、他店のヘルプの話が来る。

自店で予定の時間までバイトして、他店へ。

ヘルプはやっぱり勝手が違うので緊張した。

何とかヘルプの3時間は、やり過ごせた。


クラフトビールの店と、日本酒の門打ちの店と気になっている店が二軒あって、こんど店が開いているときに、バイトが終わったら寄ってみようと思っていたのだが、せっかくヘルプで緊張しながら稼いだ3000円を、ペラッと使うのはもったいなく思ってしまった。

スーパーに寄って、家飲みした。





posted by ボス村松 at 10:49| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: