JUDY.jpg 劇団の動画など、ありますよ?
ボス村松ドラマスペシャル「じ・だん」パラパラアニメ
遍歴の騎士ヤマオカ卿の酒気帯びでやんすダイジェスト
けつあごのゴメスダイジェスト
P型柔道一門PV
ミハエルとアイルトンとチュウカドンPV


2007年07月18日

ハトのおよめさん

ハトのおよめさんを、彼女のうちでよんだ。

彼女は、本好きマンガ好き音楽好きで、最近は金にも余裕があるらしく、部屋に行くたび大人買いされたものがテーブルの上に積まれている。

ハトのおよめさんの他に、プラネテスがあった。プラネテスも読んだ。俺が、ヤンマガだかヤンジャンだかで立ち読んでいて、あ、終わったと思っていたところは、全然真ん中の方だった。いやはやよく出来たマンガだった。

さて、ハトのおよめさんである。

アフタヌーンで今も連載されてるんだって。初めて読んだ。

画は、一般人の落書きレベルを、やや下回っている。

え?下回ってるの?

ハトの(鳩である)およめさん(旦那がいる。ベンチャー企業社長の鳩)が、写植の大きい吹き出しで、毒舌吐いて、場が温まってきたところで「ハトビーム」と言って、ハトビームで(得意技。口から出るビーム。超強力)隣にいる熊とか猿とかを蒸発させる。

こいつは、ここまでのマンガライフで最もパンクだぜと、感銘をうけた。

マンガってこんなんでいいんだ?

パンクに初めて出会ったころの70年代(でいいんだっけ?)の少年少女のような私の心象だが、メロメロかというと、単行本で読む類のものではないなとも思った。だって全部同じなんだもん。この辺もパンク。3コードしかない。

しかし、「ハトのおよめさん」。いいタイトルである。

私はタイトルフェチで、自分は劇団をやっていて、タイトルは悩んで悩んでつけるのタチなのだが、最初につけた自分のところの劇団名はもう変えられなくて、その劇団名は劇団鋼鉄村松と言って、少し野暮ったい。

「あひるなんちゃら」という劇団があるようで、これはカワイイ。ハトのおよめさんとは、鳥つながりということで。見たことないので、今度見に行こう。


私の劇団、劇団鋼鉄村松のHP
http://www008.upp.so-net.ne.jp/koutetsu/
posted by ボス村松 at 19:57| Comment(3) | TrackBack(0) | 文化祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
亀梨くんと小泉が結婚とかあり得ないんだけど! http://kametsuni.cocolog-nifty.com/blog/
Posted by プラズマ at 2007年07月18日 23:14
リアディゾン噂の局部画像が載ってた http://otkaiotk.cocolog-nifty.com/blog/
Posted by ごんすけ at 2007年07月19日 00:38
あひるなんちゃら面白いらしいですよ。
基本70分芝居だそうです。
Posted by オオウッチ at 2007年07月20日 01:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック