JUDY.jpg 劇団の動画など、ありますよ?
ボス村松ドラマスペシャル「じ・だん」パラパラアニメ
遍歴の騎士ヤマオカ卿の酒気帯びでやんすダイジェスト
けつあごのゴメスダイジェスト
P型柔道一門PV
ミハエルとアイルトンとチュウカドンPV


2007年07月21日

ブラジル「天国」観劇

ライン作業の季節工がたむろする居酒屋が舞台。

そこの若女将マヤは美人さん。「おまえ、カズミだろ?整形したってわかるぜ。あの時はよくもやってくれたな」と迫るチビの工員。
「結婚してください。付き合ってもないけど」とヒゲの工員。
「この写真の女を知りませんか?カズミっていうんですが」と居酒屋を訪ねてきた謎の男。「また来ます。有効な情報には謝礼200万」

この美人若女将の謎を中心に、臓器移植が必要な彼女(風俗嬢)を持つ工員、元野球選手(小児猥褻で球界追放)、月15万の養育費を30年分背負っている工員、デブ、身長190ぐらいの美女(実は男)が、バカ騒ぎを繰り広げる。

・工場の周りに少女誘拐が頻発→いや、俺じゃないっすよ。(元野球選手)
・宝くじ当たっちゃった→この1000万であいつを殺してくれませんか?(養育費工員)
・あいつの腎臓どうかな。頼んでみます。あいつ、俺に借りがあるんですよ(デブの工員)→いや臓器って、そんな簡単なもんじゃないでしょ!(臓器が欲しい工員)
・美女とデブは仲良しに→これは現実?!→実は私、男なの→そんなの関係ないよ→やっぱりごめん→190センチから打ち下ろす張り手→ごめん→張り手→ごめん→張り手・・・エンドレス

その吹きだまりの居酒屋で起こるバカ騒ぎは、救いのないものだが、どの表情も随分と明るい。これは喜劇なのだった。

で、若女将はやっぱりカズミで、「あの時はよくもやってくれたな」チビの工員とカズミの過去であるが、カズミにそそのかされて、カズミの旦那を保険金殺人したのがチビの工員なのだった。カズミは保険金8000万を持ってチビの前から姿をくらませた。
カズミを追う謎の男は、殺された旦那の弟。
ラスト近辺、カズミから8000万を奪って、旦那の弟は居酒屋を出る。
あの男を追いかけて、と、若女将がチビの工員に。

「8000万はもういいじゃん。この金を持って(若女将がヒゲの工員に貢がせた500万と、宝くじ原資の殺しの前金500万と謝礼200万)、ここを出よう」とチビの工員。
「おまえがサイテーな女なことを全部知っていて、それでも好きだって言ってるのは俺だけなんだぜ?」

一瞬いい雰囲気が漂って、しかし、若女将はチビを熊の置物で殴り倒して、倒れたところを、でっかい将棋の駒の置物を打ちおろして打ちおろして、逃げた8000万を追って、居酒屋を出る。

倒れたチビの男の存在が雄弁な居酒屋。

どっこいチビの工員は生きていて血まみれで立ち上がる。「マジかよ〜」と失笑。

そこへ、忘れ物とばかりに若女将が戻ってきて、チビの工員は思わず、死んだふり。
若女将は忘れ物の1200万を抱えて(貢がせた500万+殺しの500万+謝礼200万)、8000万を追う。

「おまえ何、死んだふりしてるんだよ、追いかけろよ!」との声に、チビの工員、
「捕まえたからって、もう、どうにもなんねえよ。・・・・・俺、死んだふりしちゃったよ」←秀逸
で、幕。

   ***

劇団主宰のアン山田さんとは、マイミクで、私がそこで、「きょうブラジルの芝居を見てきました。ネタ重視の会話劇でした」と書いたところ、アン山田さんから、カキコがあって、腑に落ちない様子。

私はこれまで、場面転換、独白を排除した芝居を、ざっくりくくって会話劇としてきたが、これは成程、言葉足らずだった。ブラジル「天国」は、間、抑揚等、会話が一番重視されてはいるが、役者さんたちは汗まみれで動いていたわけで、ブラジル「天国」は、「毒系・会話重視・新喜劇」だったとする。星みっつ半。

   ***

客席は満員。反応はドッカンドッカン。

私は取り残された。

選択された言葉、選択された演技は申し分ないのだが、一様に上手すぎてペタンとした印象を持った。また、私もネタを考える作演さんであるゆえ、ネタに関しては身構える習性もある。そもそも、テレビの芸人さんたちの漫才・コントをほとんど笑わない。まだ一発ギャグの方が笑う。もちろん、うまく編集されたフリートークでは簡単に大笑いする。

倉本聰がいってたのだが、「演技の技術が、その役者の内面を上回ってはいけない」らしい。
なるほど、と感心した言葉だ。

この前の明石家3チャンネルのホリケン仕切りの太田プロ祭りは凄かった。ヤバかった。
あれは伝説だろう。エンターテイメントのギリギリ。極北。そのスリッピーさをギリギリセーフとは評せない。ギリギリアウトをちょっと越えてる。越えてるのかよ!完全アウトじゃん!それを楽しむんだから、日本のお笑い文化は成熟している。あのスリル!ホラー!やばいぜ!
あれに比べたら、全ての笑いは温いといえよう。いや、笑いは温くっていいんだよ。
そういえば、内面>技術、ではある。


私の劇団、劇団鋼鉄村松のHP
http://www008.upp.so-net.ne.jp/koutetsu/
posted by ボス村松 at 03:24| Comment(0) | TrackBack(1) | 観劇の感想文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

童貞卒業します!
Excerpt: 今夜、年上のお姉さんに初体験を41マモナ購入してもらいます。ここを教えてくれた人ありがとーーー!!
Weblog: ヤマダ
Tracked: 2007-07-21 19:35