JUDY.jpg 劇団の動画など、ありますよ?
ボス村松ドラマスペシャル「じ・だん」パラパラアニメ
遍歴の騎士ヤマオカ卿の酒気帯びでやんすダイジェスト
けつあごのゴメスダイジェスト
P型柔道一門PV
ミハエルとアイルトンとチュウカドンPV


2007年07月24日

タカハシさんの見解

サッカー日本代表が、オーストラリア代表にリベンジを果たした。

痛快であった。しかし高原を褒めたたえるにせよ貶すにせよ、もうちょっと文脈を持って語れないものか。

06ドイツとの親善試合→100点。
06Wカップグループリーグ→0点。
07アジアカップ→100点。

「前はああ言っちゃったけどさー」といった語り口を聞きたい。

   ***

アジアカップ・オーストラリア戦試合観戦前に、タカハシさんと交わした会話。

「何か、サックリ勝てそうな気がするんだよねー」と私。
「ああ、私もそんな気がしますー」とタカハシさん。「で、Wカップとか肝心なところでまた負けちゃうんですよ」

私は彼女に、肝心でないとは言えない。アジアカップは優勝を狙えるというところで、Wカップとは別の楽しみがある。いや、Wカップよりも面白がれる。という趣旨のことを言った。

「そうですねー、日本はWカップに出られない方がいいのかもしれない」と高橋さん。



「だって、94年までの方が、Wカップ面白かった」

! 

それ、そうだわ。何のかんの言って、日本負けちゃうとガッカリして、その後、熱が冷めるんだよなー。W杯はこれからというところなのに。

「ですよね」

愛さなければ失うこともないのよ・・・愛の功罪という奴である。


私の劇団、劇団鋼鉄村松のHP
http://www008.upp.so-net.ne.jp/koutetsu/

posted by ボス村松 at 01:24| Comment(1) | TrackBack(0) | 体育祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おぉ、登場してしまいました。タカハシです

しかし、最後の一行にちょい違和感をおぼえたので、私ってやっぱ代表そんなに好きじゃないんだなあ。好きじゃなくても応援せざるを得ないジレンマ、であります

クラブ至上主義なうえ、愛するクラブ(昔の名古屋も今の大宮も)が代表選手をめったに輩出しないので、ジーコジャパンとか、まじ他人事に近かったです。むしろ嫌いだったりした 勝って騒がれるとくやしい。玉田のゴールは嬉しかったけど「あー私まだ名古屋サポだったらすごい至福だったなぁ!」と複雑な気持ちに

あ、オシムジャパンは応援してます。

なんか、純粋にうっとりしたいんですよ。W杯出場が手の届かないものだった頃のほうが、本大会の映像がひとつひとつキラキラして思い出せるんですよねー

…自分が歳をとっただけかもしれない。
長々すいません。
Posted by アスカ at 2007年07月26日 19:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック