JUDY.jpg 劇団の動画など、ありますよ?
ボス村松ドラマスペシャル「じ・だん」パラパラアニメ
遍歴の騎士ヤマオカ卿の酒気帯びでやんすダイジェスト
けつあごのゴメスダイジェスト
P型柔道一門PV
ミハエルとアイルトンとチュウカドンPV


2007年08月29日

仮面マタドール(レプリカ)

チラシの表面が若干の修正点を除いて、完成した。

今回の作演出のバブルムラマツの作った紙粘土を私のケータイで撮影。

kamenmatadourutirassi.jpg

写真の前面に牛、後方にマタドール。

と、いうわけで、闘牛芝居なのである。

闘牛芝居とかやるべ、とモチーフにあえて感を交えて闘牛を選んだはずのバブルだったが、文献を読んでいくにつれ、闘牛に惚れてしまったようで、脚本を持ちながらの立ち稽古にもかかわらず、剣は目の位置に、とかウルサイのだった。

役者も概ね頭数が揃って、役も決まりつつあり、そろそろ本格的な練習に入りそうな感じだ。

闘牛芝居なので、カッコイイ男たちが必要なのだが、一番見てくれのよいムラマツベスが非マタドール役(台詞量は一番多い)に回ったため、カッコイイ男が不足気味のように見えるのが、座長さんは心配です。

バブルに残された手ゴマの男役者には、現時点で、ハゲとオッサンとヒョロイのとモッサリしたのがあるが、そのうちのどれを男の中の男、仮面マタドールに仕立てるのか。

あえてに、のアプローチをとるのか?正面突破を図るのか。興味はつかない。正面突破だろうな。俺に来るのかなー。男の中の男。いや、できるんだけどね。

闘牛芝居だけあって、びっくりするぐらい男くさい芝居だぜ。あと、青春。とツンデレ。


私の劇団、劇団鋼鉄村松のHP
http://www008.upp.so-net.ne.jp/koutetsu/

posted by ボス村松 at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 劇団やってます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック