JUDY.jpg 劇団の動画など、ありますよ?
ボス村松ドラマスペシャル「じ・だん」パラパラアニメ
遍歴の騎士ヤマオカ卿の酒気帯びでやんすダイジェスト
けつあごのゴメスダイジェスト
P型柔道一門PV
ミハエルとアイルトンとチュウカドンPV


2019年09月02日

グレートニュームラマツは稽古初日に遅刻

昨日は稽古初日だった。

今回初めて借りた稽古場はとても広く綺麗で、以前借りていた別の区の施設とは同じ値段。

稽古場を引っ越してよかったのかもしれない。

定刻5分前に稽古場に行くと、吉田覚丸くんと大城麻衣子さんがすでにいた。

おお、客演陣まじめ。

一方、グレートニュームラマツは遅刻してくる。

こいつは腰が低い割に、実のところ不真面目ではないかと、知り合って5年ぐらいでわかってきた。

ただ不真面目も嫌いではない。こちらも不真面目で気兼ねなく対応できるからだ。




演出のバブルから配られた脚本は、20ページ。三分の一ぐらいだ。

今回は半分再演みたいなものだから、完本して稽古スタートと言っていたが、実際信じていなかった。

稽古初日20ページは、そんなもんだろう。

グレートの不真面目と同様に、これも完本していなくてもよい。

全部配られて一気に全部覚えなきゃ、というよりも、出来上がったところからゆるゆる覚えていく方が普段の生活と照らし合わせた場合に、楽だからだ。

もちろん芝居のクオリティだけを考えるなら、初日から完本していて、以降終演までフルスロットルの方がよいものができる理屈はある。

でも、そこまでしゃちこばらくてもね。

不真面目と言って聞こえが悪ければ、ゆるさ、と言ってもいい。

ゆるさは、今現在、市民権を得ている魅力の一形態だ。

でっかいビルを建てるなら、ちゃんとしなきゃと襟を正すべきだが、演劇なんて基本なくていいもの、かつ、目の前に現れては消えていくものなのだ。

ゆるいものを作るには、ゆるい態度で作るのは道理だ。

もちろん限度はある。

蛇足ながら、俺は脚本を一月前に上げて稽古開始です。できれば稽古初日にうろ覚えぐらいも、一通りさらった状態で来てほしい。でも、まあ、さらってなくても仕方ない。
posted by ボス村松 at 15:04| Comment(0) | 劇団やってます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月01日

本日18時より稽古開始!!

今日から稽古だ。

あー!めんどくさい!

いや、楽しみでもあるんだけどね。同時にめんどくさくもある。

何でも、用事というのは、めんどくさいものだ。

いついつの時間にどこそこに行かなければならない、この、ならないっていうのがねー。

バイト?

いや、バイトは行かなきゃでしょ。(本末転倒)


posted by ボス村松 at 13:18| Comment(0) | 劇団やってます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月31日

息つぎがうまくできないアンケート

名簿の更新をして、飽きたら、WEB上の諜報活動に邁進して、飽きたら、DM名簿の更新をした。

予約リストを名簿に反映するのはずっと前にやったんだけど、回収した「息つぎがうまくできない」のアンケートを反映するのはほったらかしだった。

更新しつつ、目に入る感想は好評だね。

観に来れば、面白い。

ここなんだよな。もーなんでかなー。

観に来れば、面白い。でも・・

でも、そして、これも真実。観に行くの、めんどくさい。

強敵だ。
posted by ボス村松 at 21:08| Comment(0) | 劇団やってます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月16日

サマーソルトキック

劇団の10月公演のマークエックスインフィニティのHPを作り直したり、動画を作ったりして、数日を過ごしていました。

うまくいったなあ、と思うこともあれば、そうでないところもあります。

楽しみと共にやれました。

ギターを弾けてないことや、ボス村松のなんたら、について何もできてないのは、残念なことだけれども、できないときが、一番したくなるときなので、これをため技にしておこう。ガイルのサマーソルトキックだ。このしたいという気持ちを覚えておこう。

その前に東欧へ家族旅行に行ってもいた。ため技としては、だいぶたまっている。

できる、そのときがきたら、張り切っておまえ取り組めよ。

おまえは、できなかったとき、あんなにしたいと思っていたんだからな。

ビール飲むなよ。

   ***

作ったHPのアドレスはこちらです。
posted by ボス村松 at 18:18| Comment(0) | 劇団やってます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月09日

クリエイターですか?

マークエックスインフィニティの、PV用のパラパラアニメ動画がほぼ出来た。

ビールに溺れなければ、毎日バイトでもこれぐらいの仕事はできるんだな。

あとは、コヤマリさんの声をもらえば完成だ。

今回は色つきだぜ。

エプシイ様はカワイク見えるよう、結構丁寧に描いた。

エプシイ様.jpgエプシイ様

この動画をオープニングにして、キャストそれぞれのインタビューをアップしていければな、と思う。

バブルムラマツインタビューはもう撮ってあって、編集済なので、パラパラアニメとつなげて、YOUTUBEにアップだ。

あと、公演の詳細情報な。

なんだ、けっこう仕事があるな。

眠くなってきた。

寝る。おやすみなさい。
posted by ボス村松 at 15:35| Comment(0) | 劇団やってます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月18日

演劇の神様

ボス村松の自転車泥棒の、自転車泥棒はパチンコ屋の跡取りの元フィギュアスケーターという設定。

パチンコは中国の暗殺拳をルーツに持っていて、昔の台を指で弾く形式のパチンコ台は、暗殺拳の指の訓練器具だった。

俺の父ちゃんなんかは、ちょっと指の運動に行ってくる言って、パチンコ屋に向かったものだった。

暗殺拳は、親指でパチンコ玉大の鉄球・・つまりパチンコ玉を弾いて、人を殺傷する。

その暗殺拳の使い手、パ・チンコは満州時代の岸信介のボディガードをしていた。

岸信介は昭和の妖怪と呼ばれた大政治家で、現在の首相アベソーリの祖父。

パ・チンコは自転車泥棒の祖父にあたる。

パ・チンコの暗殺拳は一子相伝で、暗殺拳と共にパ・チンコの記憶/人格も伝承されていく。

満州に端を発したこの因縁が、物語のバックボーンにあり、これが芝居の最終盤でそれぞれの行動の動機やなんやの謎解きにからんでくる。

その説明が、脚本で今、うまくいってないところ。

今日、脚本を見直して突破口を見つけた。

パ・チンコの記憶/人格が伝承されていくことを、「1000年を生きる男」と表す、現地の言葉の視点だ。

インディアンでいうところの、ダンスウィズウルブスのノリで。

古代ウイグル語で、パは1000の数字の意味を、チンコは男を意味する。

パとチンコを合わせて、パ・チンコで、1000年を生きる男。

このチンコが男、というのが、奇跡的にしっくりくる。

これキタんじゃないの?

演劇の神様ありがとう。



posted by ボス村松 at 20:34| Comment(0) | 劇団やってます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月16日

通し稽古、通らず

落語家ってすげーな。一人芝居ってすげーな。というのが、今の俺の思い。

願わくば傑作スタンダップコメディにならんかと希望を持ちつつ、毎日の手慰みとして台詞覚えをしている自作自演の一人芝居、「ボス村松のバカンス」 

カメラ(俺のスマホ)の前で演じてみた。一通り覚えたので、通し稽古だ。

結果大きな問題が発生。

〇スマホは3分50秒撮影したところで、ファイルサイズが最大になりましたと、撮影終了に。結果、通し稽古は通らず、半分で終了。
〇台詞を思い出しながら喋っている時間は、ほとんど通用しない。台詞に気持ちがちゃんとのっかってないと、見れたものではない。下の動画は10テイク目ぐらい。
〇脚本に難アリなのか・・。笑いどころが無いように見える。いや、話は気が利いている(ハズ)。気が利いているを、笑いにまで持って行く演技力が必要。身に着けるのだ。40の手習い。しかたないよ。もう40になってるんだから。それでも、なりたい自分向かって手を伸ばす。俺はそんなドキュメントだ。







posted by ボス村松 at 14:52| Comment(0) | 劇団やってます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月10日

3→8

ぼくは、文章修練の意味と、誰かの目に止まってその誰かがぼくの芝居をみにきてもらえないかなの意味で、このブログを書いている。

案外、文章を書くのが楽しいというのもある。

日々のブログを書くにあたって、俺は今日(あるいは昨日)に、何があったかなと思い返す。

すると、ちょっとした何かぐらいは思い当たる。

それを1を10にしてとは言わないが、3を8ぐらいにしてブログを書く。

3を3のままに書くとするなら、「今日は特に何もない一日でした」ということになるのだろうか。

そもそもが、デクノボーに対する憧れがある。

今日は特に何もない一日でしたを、一年続けるのもカッコいいのかもしれない。

という言葉も、3を8にした言葉だ。一方で1を10にしてないことを誇っている部分もある。

・・なんてのは、ここまで自分の不誠実に対する告白なのであるが、この下駄を履いた半ばウソの8の言葉に、履かせた当人が引っ張られるというのは、ある。

昨日俺はこのブログで、「ここ数日感じている幸福感は、遠くに設定した演劇の希望に照らされてのもので、演劇が近くになると俺は不安に食われる」というようなことを書いた。

その文章を書いた後のバイトで俺は、演劇の実戦はまだ遠いというのに、近いときの演劇をまざまざと想像してしまい、不安に苛まれながら、レジを打った。

ああ、もう、きっとダメなんだよ、いっそ死んでしまいたい。

以前見た、アマヤドリの劇中の名言に、「おまえの、死にたいなんていうのは、今日の用事を投げ出して、南の島に行きたいっていうのと同じなんだよ」(のような意味合いの台詞)というのがある。

そんなこと言うなよ。

正解です。
posted by ボス村松 at 10:43| Comment(0) | 劇団やってます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月06日

今…あなたの心に、…直接…呼びかけて…います…

昨日の名刺(のデータ)を作ったと、誇らしげに画像をアップした。

個人情報とかいう奴を、ワールドワイドに漏らしたことになる。

狙われている美少女バリにガードを固くして生きる、松井さんからしてみれば、論外の行為だろう。

「写メを撮るな」「アップするな」「俺はここにいないから」

松井さんは、俺以上に台詞が覚えられない人間だが、うまくするとスゴク実感の伴った演技をする、演技派だ。

家庭の事情で、拘束期間の長い芝居には出られない。

松井さんが、いいんじゃん。と昨日、はたと思った。

今、書き上げてどうしようかと思っている、ボス村松のプリズンブレイクの弁護人役。

動画用なので、公演期日までに台詞を覚える必要はない。台詞を覚えてから、動画を撮ればいいのだ。

コペルニクス的転換というか、コロンブスの卵というか。

松井さんだけじゃない。俺にしても覚えきってからでいい。

あとは、ヒロインの看守役だよなー。3人芝居なんだ。

俺がPCで開いたままのプリズンブレイクの脚本がお嫁さんの目に止まって、彼女が盗み読んだところ、看守役をこれは私だとボロボロ泣いたという。

まー、お嫁さんは俺に点が甘いんだが。その看守役。



…聞こえてますか

今…あなたの心に、…直接…呼びかけて…います…

…LINE、一回送ったよね…

看守役、どうっすか?
posted by ボス村松 at 15:09| Comment(0) | 劇団やってます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月03日

落書きした



だから、なんやねん、というところだが、落書きした。

人情刑事に追われる、自転車泥棒だ。



posted by ボス村松 at 16:18| Comment(0) | 劇団やってます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月05日

イケメンになります

気持ちをつくる、と言っていたものの、実はその方向は間違ってたのかな。

俺はハゲの課長役をもらっている。

そして脚本に書かれている台詞はお調子者のような台詞が多い。

俺の役は、美味しんぼの、課長なのかなと思っていた。

「やまおかー!」

バブルは俺の台詞覚えの悪さを考慮して、稽古の最終盤まで演出を入れない。

ここ何回かの稽古で、ドバババときた。

なんか、俺は、もっとイケメンを求められているような気がしてきた。

バブルはこの芝居で月9をやりたいと、しきりに言っていたのだが、俺は分かってなかった。

俺も月9のイケメンの一員だったのではないか。

ハゲの課長役だけれども。

ハゲがイケメンを演じる落差を笑われろということなのかな。

俺は脚本の上で、主役ではない。

性格俳優のポジションである。

主役じゃない性格俳優のイケメン、というと誰になるのか。

バブルの月9のイメージは多分、W浅野で止まっている・・

三上博史。

名前を挙げたが顔はかろうじてイメージはあるが、演技は思い出せない。

案外主役役者だったような気もする。

とりあえず、手段として俺の中の渡部篤郎を起動することにした。

抑揚を抑えて、ボソボソ喋って場が持つと信じているのがイケメン役者。

渡部篤郎はそんなイケメンじゃないけど、あいつは自分を信じてる。

トヨエツはボソボソ喋って、イケメンだな。

イケメン楽しやがって!

俺も今作は楽するぜ!

まあ、今日の稽古でそれやって、またダメ出しが入るかもしれんが。
posted by ボス村松 at 13:49| Comment(0) | 劇団やってます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月26日

ゴーダがない

ゴーダがない。四個入りの無垢の箱から、俺は、いっぺんに食べちゃもったいないからな、と1個だけ食べて3個取っておいたゴーダがない。

バイトから帰って、ビン・カンのゴミ出しをした勢いで、部屋を片付ける感じで探したけど、ない。

消えてしまった。この世界から忽然と。

ガッカリした。

もう、寝る・・、と思ったが、天気がすごくいいので、眠くなるまで起きておくことにした。

実は、昨日のバイトのでレジ打ち中にピコンときたのだった。

現在執筆中の、「ボス村松の自転車泥棒」であるが、ラストまでの流れが繋がったのだ。

眠くなるまで、書くぜ。

きっと、2月20日の、「息つぎがうまくできない」の稽古初日までには書きあがるだろう。

あらすじを少し、お披露目させて。

人情刑事に、最初、自転車泥棒で捕まった主人公、本城真澄が捕まる度に、人情で逃がされ、罪を重ねていくお話。

ヒロインには、もらい事故の真由美。本城真澄が重ねる罪に、なんでだか事件現場に居合わせて、迷惑を被る。

しかし、本城真澄と、もらい事故の真由美は、惹かれ合うのだった。

恋の行く末と、罪の結末はどこにたどり着くのか・・。

こうやって、あらすじを説明できる話を作ろうと思って、今回はそれができてる。

俺の書く脚本は、あらすじの説明が難しいのが定番なのだ。

これは、よく褒められる「けつあごのゴメス」以来の、物語やでー。

けつあごのゴメスというのは、俺が22歳ぐらいの時に書いて、超えられない壁となっている一作。

サザンで言うところの、勝手にシンドバッド。

ただ今作の書き始めのモチベーションが「警察ど泥棒」のコントを書こう、だったから、「けつあごのゴメス」よりも切なくないな。

おバカ寄り。

それだけに、笑いを取っていきたいのが、上演に際してはシビアなところ。


posted by ボス村松 at 10:21| Comment(0) | 劇団やってます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月27日

ヘアスタイル

本番に備えて、また脱色した。金に近い赤毛になった。

頭皮は焼けるように痛い。

半年前にマッドサイエンティスト役をやって、そのとき脱色したので、今回もやらないと手を抜いてると自分で感じてしまうためだ。

脱色だけだと、半年前と同じなので、今日の夜にもう一回、今度は色を入れてみようと思う。

マニパニの紫を買った。

金髪に紫を入れると、銀髪になると聞いたが、さて。

今日は一日場当たり。

あたらしい環境で台詞を言って、気づくこともある。

今日も一日演劇だ。



posted by ボス村松 at 10:17| Comment(0) | 劇団やってます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月23日

月と6ペンス

今日は、昼13時から夜21時30分までの、長丁場の稽古日。

劇団鋼鉄村松では、小劇場界隈でよくやる一週間の集中稽古というのがない。

これはいいところ。そんなのやらなくても、出来るぜと言ったところ。

脚本に関しては、俺は稽古開始時に上がっていて、バブルにしても3週間前は上げる。今回は1月前に上げた。

あんまり稽古で脚本を変えたりもしない。

脚本執筆時に見えているものを、追っていくタイプ。特にバブル。

   ***

天気いいなー。アパートの7階から富士山がよく見える。吉兆である。

日本一である。

日本4位の俺をひきあげてくれるが、ごたる。

月と6ペンス

   ***

昨日はスッタフさんが、大挙した中での通し稽古。

冒頭の俺の見せ場のところでボチボチ笑ってもらえた。

もう克服したと思っていた苦手な台詞回しのところで、1カ所、

おお、こんなところがあったかという台詞回しのところで、1カ所よたった。

それ以外は、おおむね、前進している感触を得た。

あとは声のマネジメントだ。

だいぶコントロールしたつもりなんだけど、一本通して、まだ喉がいがらっぽい。

喉が弱くなってるな。秋口に決定的につぶしたのが、まだ尾をひいてるのかな。

幕が開けば、昼夜2公演の日が5日間続く。

でも、上川隆也は今から始まる(もうやってる?)舞台、魔界転生で、4時間の芝居を一日2公演、幕間の時間が1時間というのをやるらしい。

俺も今日から終演まではバイトがなしだ。

上川隆也にまけてられないね。

月と6ペンス


posted by ボス村松 at 11:08| Comment(0) | 劇団やってます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月26日

今年2回目のマッドサイエンティスト

11月の劇団の本公演で、今年に入って2回目、生涯10回目ぐらいとなるマッドサイエンティストの役をいただいた。

「人造カノジョ〜あるいは現代のフランケンシュタイン〜」

一年前ぐらいに上演した同名の短編を苗床にして、もっとでっかい果実を収穫しようといった塩梅の作品だ。

その短編でも同じ役をいただいた。

そのときは、稽古場で調子よく演じられていると思っていたのだけれども、本番であんまり笑いをとれなかった。

今、振り返って見ると、いわゆる「マッドサイエンティスト」的な大仰な演技をすることにのみ腐心して、肝心の人造カノジョに恋する気持ちが欠けていたのではないかと思う。

大仰な演技に関しても、やりすぎた。

「ふはははは、残念だったな。このお芝居ではこの先二時間ぐらい恋愛シミュレーション以外の話は1秒たりとも出てこない!」

という台詞において、去年の短編では、この一行の台詞を全部「ふはははは」のノリで一気に、喋っていた。

考えが足りなかったかな。

「ふはははは」のノリは、「ふはははは」のところと「二時間くらい」のところと「出てこない」ぐらいのところにとどめておいて、他の部分では普段喋りぐらいのテンションで落ち着いて台詞回しをしてた方が良かった気がする。ペタンと一色で塗りつぶすのではなくて。

昨日の練習では、全然台詞が出てこなかった。

その前の練習で、台詞の出に関してはよい感触を得ていたので、大変ガッカリした。

今日はマッドサイエンティストの研究所の抜き稽古の日なので、しっかりと練習して何かを持って帰りたい。



今日はマッドサイエンティストチームの抜き稽古の日なので、実り多い練習にしたい。



posted by ボス村松 at 16:56| Comment(0) | 劇団やってます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月04日

はちみつ大根

5日前に枯らした喉が、まだ直らない。

今日、「ボス村松の国産ハーブ鶏」新宿公演の前日稽古をして、驚いた。

普通の喋りの音域はちょっと枯れているぐらいなんだけど、高いところがもう、カスカス。

往年のもんたよしのりぐらい。

もんたよしのりは、あのカスカスで声量が出るんだから、謎声帯だよな。

ケツプリオに、「帰ってから、はちみつ大根作って飲みなさいね」と言われ、作って今、のんだところ。

しかし、これ、大根とはちみつ、別々に摂取してダメなのだろうか。

はちみつに大根エキスがしみだして、汁になることで、何か変化が起きて素敵成分が新たにできるのだろうか。

大根おろしの絞り汁だと、どうなんだろうか。

とりあえず、決起の飲みには参加せず、うちに帰って飴なめながら、このブログを書いてます。


松井さんの台詞覚えは、まだ、いけません。通常の芝居では、即死レベルです。

ただ、この芝居の融通無碍な作りの上でならとも思う。

松井さんの言い分は、明日は大丈夫とのこと。よし、信じた。

ケツプリオが半ば本気で松井さんを説教する姿は、ほほえましい。


実はお客さんの入りもなかなかどうして、軒並みどの回も一桁なわけで、もうガワだけ見れば、喉カスカス、台詞スカスカ、客席スカスカと、絶望的な状況。

しかし作りたい芝居へのアプローチの確信と、楽しさがあるので、不思議と暗さはない。

今日の練習も楽しかった。通し稽古をしながら、自分らの演技に感心したり笑ったりした。


このブログの読者諸兄よ。

きっと面白いから、見に来てね。明日、20時23時で、新宿シアター・ミラクルでやってるよ。


posted by ボス村松 at 00:43| Comment(0) | 劇団やってます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月31日

「ボスムラマツの国産ハーブ鶏」恵比寿回結果

笑いを取った取れなかったでいうと、取れた。

ピンポイントのギャグであったりツッコミ、というお笑いメソッド(のようなもの)に則ったものではなく、

呼吸みたいなものでお客さんをこっちに引き付けてのものだった(ように思う)。

それは俺が長年追い続けていたもので、その尻尾をつかまえたのは、あと10年頑張れると言える体験だった。

ただ上質な芝居であったかというと、そうではなかった。

上質であることは特に求めていないのだけれど、上質であるにこしたことはない。

最低限、これぐらいという下限もある。

この回の上演内容はその下限を超えていて、お客さんに許しを請う内容であったと思う。

すいません。

許してくれてありがとう。

チャンス〇ピンチ✖の属性を持つムラマツケツプリオの調子がよかった。

松井さんには終演後ビールをたくさん奢ってもらったので、ここで松井さんのことには触れません。
posted by ボス村松 at 11:15| Comment(0) | 劇団やってます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月29日

明日は恵比寿公演回

【朗報】藤堂さんの痛風は、回避された模様。

【悲報】松井さんのため息は、さらに深く。でも脚本は離してみたよ。

今日は芝居で使う音源をYOUTUBEで探した。

音探しは楽しい。

今回は、劇中に音を流さないため、エンディング曲を探しただけ。

食い足りない。

   ***

演劇なんて因果なことをやっている人間なら、一度は台詞を覚えないまま、本番の舞台上にいる夢を見たことがあるはず。

うわあああ、と起きて、あー夢だったかとひと安心。

あの夢、怖いよねー。
posted by ボス村松 at 23:09| Comment(0) | 劇団やってます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月07日

チラシできた

ボス村松の国産ハーブ鶏のチラシが、カンフェティから部屋に届いた。


0624ボス村松の国産ハーブ鶏裏面JPEG.jpg裏面

今回は、作画からデザイン、入稿まで全部一人でやれたので、感慨深い。

「こんなん作った」と人に見せると、反応もいい。

勢い余って、3万枚刷っちゃったよ。

何やっとるねん。

いつもは、1万枚。

友人が「本当ならチラシは3万枚配布しないと、意味なんだよねー」と言っていたのを思い出して、じゃあ3万枚刷ってみたのだった。

俺個人の見解は、チラシ見て見に来るお客さんって何人よー?というチラシ効果懐疑派だったので、手のひら返しもいいところだ。

今回は4人芝居にゲストが1人という、編成。手売りは見込めない。

それでもたくさんのお客さんに見てほしい!

っていうか、見てもらえるかもしれないと夢を見ながら、この公演の練習をしたい。

そんな気持ちに端を発した過剰投資なのだった。

日々に夢を食べるための、夢食費と呼ぶべきものなのであった。

人はパンのみに生きるに非ざるなのである。


   ***


それで、このチラシをどこに折り込むか?

カンフェティの無料折り込みのフォームから自分のチラシを、この公演と、この公演と、この公演に入れて、あとカンフェティの定期購読のにも入れて・・とやっても、なかなか3万枚なくならない。

やるな!3万枚!

そうだよな、これまでの1万枚印刷してるときは、手元に3000枚ぐらい残しておくから、無料折り込み分に行くのは正味7000枚。

今回はこっち分の留保も1000枚にしたから、無料折り込み分へ29000枚行った。4倍だ!一大キャンペーンだ!

今までは、ジャンルも違うし、枚数もドンと食っちゃうから避けていたルミネよしもとにも、折り込んでやったわ。

お笑い好きのギャルが見に来てくれるかもしれませんね。


当公演のサイトはこちら。
チケットももう販売してますよ。
posted by ボス村松 at 19:18| Comment(0) | 劇団やってます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月30日

チケット発売開始

明けて、7月1日、ボス村松の国産ハーブ鶏チケット開始である。

ここに合わせて、HPを作ったりチラシ作ったり公演のガワを固めてきた。

脚本はとうの昔に完成していて、台詞覚えも一通りはさらってあるで。

同じく7月1日より、バブルムラマツ作演出の「ライオン殺し」の練習が始まる。

上演の順序としては、ライオン殺し→国産ハーブ鶏の順である。

W杯も決勝トーナメントが始まる。

で、バイトが休みの今日に、俺が何に一番時間を割いていたかと言うと、ボス村松の自転車泥棒の脚本書きなのだった。

国産ハーブ鶏の同時上演の、ボス村松のピクニックの脚本改定もした。

お盛んですよ。

さて、そろそろフランスーアルゼンチン戦ですな。

羽生さんは豊島くんに、負けた。

でも面白い将棋だった。

公演特設サイトはこちらから。

   ***

「ボス村松の国産ハーブ鶏」


チケット購入一番乗りは誰だ!!
posted by ボス村松 at 22:47| Comment(0) | 劇団やってます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする