JUDY.jpg 劇団の動画など、ありますよ?
ボス村松ドラマスペシャル「じ・だん」パラパラアニメ
遍歴の騎士ヤマオカ卿の酒気帯びでやんすダイジェスト
けつあごのゴメスダイジェスト
P型柔道一門PV
ミハエルとアイルトンとチュウカドンPV


2017年10月18日

演技開眼六合目(一つ下がりました)

喉がかれ気味。

明日、場当たりと通し稽古、あと返しの稽古も入るかな? ここで喉をどれだけ温存できるか。

でも、せっかくつかみかけている役を詰めてもおきたい。

繊細な一日となりそうだ。

のどをからすということで、半歩後退。見えたと思った頂がもうちょっと高かったということで、相対的に半歩後退。

六合目に戻りました。

具体的には、どこまでいっても、スコーンと台詞が抜ける瞬間があるという。

でも、まあ、そこからが、パーティータイムだと自分を諦めたところに、私は演技開眼の光を見たのだが、

共演者の鈴木くんのところから客演の打診があって、もし出演したとしたなら、よそのお家でパーティータイムはよくない。

ダメ。抜けちゃ。台詞。

今回、台詞の入りがいいとか言って、ノーミスを8本そろえられる気は、全くしていません。

posted by ボス村松 at 03:15| Comment(0) | 劇団やってます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月13日

演技開眼7合目(1コ登りました)

こんな感じの心持ちで演技できたらいいな、という心持で昨日の練習はできた。

演出のバブル以下稽古場に居合わせた面々も、半ば感心したという感じで我々の演技を「うん、いや面白いよ」と言った。

昨日できた演技に比べると、今まで20年続けてきた演技はノッキングを起こしてたんだな。

台詞覚えの不安に、「テンポよく間をつめて」というバブル演出の切迫感もあって、気持ちとして常にピンチの状態で人前で台詞を喋っていた。

すごい細い線の上を走っている感じだ。

今年夏にやった、ボス村松のピクニック、で二ページの長台詞を思い出しながら、ゆったりと喋ったというのが一つきっかけになっているのかもしれない。
昨日の「人造彼女」では、結構、えーっと・・ぐらいの気持ちで思い出しながらしゃべれた。

イメージでは線の太さが3倍ぐらいある。

普通の役者さんは多分、これぐらいの心持ちでやれてるんだろうなあ、と思った。

今のつかんだ感覚が本物なら、やっとスタートラインに立てた。

遅いけど、よかった。

一日限りの、勘違いでありませんように。


posted by ボス村松 at 15:53| Comment(0) | 劇団やってます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月02日

演技開眼6合目

金曜日の練習が、うまくいった。

俺の出演短編2本のうちの、人造彼女の話。

台詞をあんまり先読まず、あわてず、その場で出てくるものに寄っかかることができた。

私は自分の台詞覚えの不安から、体から台詞を「はよでていけ」と押し出すように演技しがちだ。

結果、無駄な力が入る。生きた間が作れない。

面白い言い方や、変な動きとかは、比較的得意なのだが。

金曜日の練習は、その得意と不得意の中で、この辺が狙い処かという目途がついた。

ここ数作で試みている新しい台詞覚え方が功を奏しつつある気がする。

声に出して覚えるのではなく、頭の中で文章を思い出す。

できれば、脚本の文章配置とかの映像もつけて。すりつけるように。

前者は口に運動としての癖をつけるやりかたで、意味がおろそかになるきらいがある。あと道から外れると修正が難しい。

後者の方がオフロードに強い。

そういえばムラマツベスが脚本を声に出さずに、じーっと見てたな。

そういうことだったのかな、と今思う。

人造彼女は、俺のマッドサイエンティストと記者の新宿ムラマティ、あと、人造彼女の遠藤さんの三人芝居だ。

新宿ムラマティも遠藤さんも、自分をコントロールできる役者さんなので、一緒にやっていて頼もしいやら口惜しいやら。

私は適当に球が荒れていて打ちづらい、速球派投手のように見られたい。




posted by ボス村松 at 11:12| Comment(0) | 劇団やってます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月25日

文公の死ぬところ

ここ一週間ほど、つっかかっていた個所から脱出して、もう一息だ。

現在執筆中の、ボス村松のラジオ。

ラストの10ページはこれまでの経験則上、だだだだだっと書ける。

書けるはずなのだ。

詰将棋の詰め筋が見えたら、とたんに設問図の駒が動き出すみたいな感じで。

エピソードの数は足りているのだ。

文学的を標ぼうしている、屋代くんに演出してもらおうと考えているこの脚本。

今、書けたところは、なかなかに文学の匂いがするのではないか。

高橋源一郎の「日本文学盛衰史」の一番すきな個所、文公の死ぬところに似ている。

パクったからだ。

オマージュぐらいになってればいいなと思う。
posted by ボス村松 at 17:20| Comment(0) | 劇団やってます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月20日

撮影行脚

昨今の実動劇団員の入れ替わりに、HPの画像が対応していないので、それ用の写真を撮影すべく真夜中の東京をぐるぐる回ってきた。

今回のこの作戦は新宿ムラマティ発案、新宿ムラマティ実動の企画であった。

こういう撮影のようなな演劇作品造りそのものを作る以外の世話焼きする人を、演劇界隈では制作さんと呼んでいる。

ジブリだと鈴木敏夫のポジションだ。

成功した劇団には、だいたい辣腕制作さんの伝説がついてまわる。

宮崎駿も鈴木敏夫がいなければ、今のようなミヤザキではなかったかもしれない。

さらには劇作家劇演出家志望の人間よりも、制作志望の人間は圧倒的に少ないので、制作さんはバンドのドラマーぐらい引っ張りだこだ。

劇団鋼鉄村松の歴代、世話を焼き係を列挙してみる。

俺→キラー村松Jr.→村松ママンスキー→キラー村松Jr.(復帰)→サラリーマン村松(ワンポイント?)→新宿ムラマティ(現在)となる。

出会ったり愛想つかされたり復帰したり、いろいろだけれども、不思議と空白がなくリレーされている。

いつか、ありがとうおかげさまで、とば受賞の壇上で感謝の言葉をいいたいものだ。



今回の撮影は、台風襲来の中の撮影で、一番荒れ狂った時は、ROUND1に退避してビリヤードをしていた。しかし、それ以外は大過なく撮影できた。

スーツ着用で、ギャング風のショットを多く撮った。

黒いスーツが多かろうと思い、俺は明るいグレーのストライプのスーツを着ていったのが大正解。

スカパラの中のギムラ(Vo・故人)みたいな存在感を出すことに成功した。

近く、HPリニューアルの際にお披露目でいると思います。

その時は、ご案内いたしますので、ぜひ見てやってください




posted by ボス村松 at 10:14| Comment(0) | 劇団やってます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月03日

博士はよくしゃべる

バブルムラマツはSF好きで、脚本にSF要素が加わることが多い。

博士役なるものも、よく出てくる。

よくしゃべる。

用語が多い。

今回、バブルムラマツ短編集の1本、「人造彼女」で博士役をいただいた。

やっぱりこの博士もよくしゃべる。

自分の台詞をマーカーでひくと、ページが真っ黄色になった。

やばい。

あと、鋼鉄村松、初の会議モノとなる「四人の怒れるドルヲタ」では、最初にアイド告発するファンクラブ会長役をいただいた。

アガリスクへの客演で一度会議モノを経験しているところを、会議モノ処女の共演者たちにみせつけてやる所存だ。
posted by ボス村松 at 23:37| Comment(0) | 劇団やってます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月27日

50年前

今、脚本を書いていて、そこには、水前寺清子の365歩のマーチが、1968年リリースということで、高度経済成長とかぶっていて、やっぱり威勢がいいよな。という一節がある。

俺が生まれたのは1971年。

俺が物心ついたときは、すでに365歩のマーチは昔の歌といった風情だったが、高度経済成長という言葉は古びておらず、現代の話に聞こえていた。

今年は2017年。高度経済成長と言われた時期からは、もう50年経っているわけだ。

俺という人間の形がだいたいできたのが、15歳のころとすると1971に15を足して1986年。その時点の50年前というと、1936年になる。

太平洋戦争前じゃん。

あ・うんの時代だよ。

俺が15歳のころ、俺は太平洋戦争前なんて、現代と思っていなかった。

今の15歳は、高度経済成長を、俺が太平洋戦争前を見るように、見てるんだろうと思い至り、驚いた。

今回、書いている芝居に15歳の人物は登場しないけれど、現代劇を書くときに、その登場人物にあった視点を想像しないと、ちょっと恥ずかしいことになる。

これはめんどくさいことになってきた。

おれは油断すると、15歳の人間に、俺視点を喋らせがちだ。


posted by ボス村松 at 23:25| Comment(0) | 劇団やってます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月21日

調子わるし

脚本がかけない。

書ける男になったと思ってたんだけど。

説明過多にならず、オシャレに、ファンタジーを立ち上げるのに苦労しております。

将棋倶楽部24も酔っぱらいながらやったら、ある日、一日で8級まで落ちてしまった。

4級まで行ってたのに。それから8級で何回か指しても、勝ち負け。

落ちたところで落ち着いてしまった。

スランプである。

昨日見たNHKの、「華族、最後の戦い」でどこかで見た顔だ。誰だと思って、ああ、ポップンマッシュルームチキン野郎のCR岡本物語だ!と驚いた。

佐野史郎と10分ほどやり合っているシーンがあった。かっこよかった。

佐野史郎も上手かったが、負けてなかった。
posted by ボス村松 at 19:11| Comment(0) | 劇団やってます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月25日

我慢した

15時に起きてから4時間半経過。まだネット将棋をしていない。

そう、最初の一局を指さなければ我慢ができるのだ。

3局ぐらい指すと、もう、勢いがついっちゃって、止まらない。

お嫁さんとプール行こうか、とプールに行ってもリセットされない。

泳いでいる間も、体に禁断症状っぽい、うずうず感が残る。

ショウギ・・、ショウギ・・

バイトに行くと不思議とリセットされる。

バイトえらい。お給料もくれる。あと、倍ぐらいくれるといいんだけど。オーストラリアみたいに。バイトでも自給2000円ぐらいもらえるってさ。

ただ、バイトに行くと今度は、バイト上がりにビールを飲みたくなる。

つくづく欲望に弱い。

悪童日記という、とても面白い小説を書いたアゴタ・クリストフという人は亡命先のフランスだかどこかで、二人の息子を皿洗いで育てながら、やむにやまれぬ情熱に突き動かされて傑作を書き上げた。

創作の障害はつらいではなく、むしろ、たのしいだったりするのかな、と思う。

俺もバイト中に、芝居の構想を考えたり台詞を頭の中で反芻したりするのは、希望で、

おうちでネット将棋をするのを我慢して、芝居のことをするのは、修行めく。


posted by ボス村松 at 19:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 劇団やってます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月24日

スクラップあんどビルド

一週間前だったかに、ボス村松のラジオを書き始めたと書いた。

1ページ書けたと書いた。

翌日見直して、使い物にならないと思った。

一週間、ネット将棋をしながら、うんうん唸って、再び1ページ書けた、の地点に戻った。

この一週間で分かったこと。

*登場人物のキャラクターの言いそうなフレーズを、話の筋に関係なく先に考える。

*登場人物のキャラクターを、実際の人をモデルにすると喋り出す。

*桂馬は、この辺だろうと思って飛ぶと、案外攻めがつながる。

将棋倶楽部24で5級上位と4級下位をいったりきたりしている。

3級になりたい。

3級は、最初登録したとき、こんなもんだろうと申請した思い入れのある級位。

それから、1つ勝って10連敗みたいな感じを繰り返して、8級まで落ちた。

一回、半年現場仕事がなくて4か月ぐらい24ばっかりやってたときがあって、そのときに2級まで行ったのが瞬間最大風速。

いま、ちょっと将棋を指してて、手の流れが前よりも見えてきて面白い。

面白すぎて困る。

たぶん、ちょっとつまんないぐらいがちょうどいい。


posted by ボス村松 at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 劇団やってます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月19日

ボス村松のラジオ

日本のラジオ、の屋代くんが、俺の脚本を演出してみたいというのを聞いたので、ボス村松のラジオを書こうと思ってから、これで一月ぐらいたつのかな。

ボス村松のピクニックも終わったので、ワードの新規作成を開いて、「ボス村松のラジオ」と銘打ってみた。

すごい安産で、するっと一月ぐらいで出来上がらないかな。

なんとなくの世界観と登場人物は決まってるんだけど、何が起きるかは今のところあんまり思いついてない。

さてどうしたものか。

   ***

昨日の女王が、明日の女王に今日を届けることで、毎日が続いていく世界。

ある日のこと、昨日の女王が手配した宅配の運転手が、運搬中に「今日の種」を落っことして、「今日」を明日の女王に渡し損ねた。

その落っことされた今日の種は、今日になれずに、未明の夜となって深夜ラジオのDJを始めたのだった。

   ***

とりあえず、1ページ書いてみた。

悪くない感じ。

昔、今日を落っことした、件の宅配のドライバーが、夜を抜けようとするヒッチハイクの青年と出会う場面を書いた。

この後、主にその宅配ドライバーと、ヒッチハイクの青年が、宅配のトラックの中でボス村松のラジオを聞くことになろう。



ずいぶんとファンタジーに寄せたね、俺。

がんばれ。

わかりやすく。品よく。抜いたおしゃべりがダラダラ続く感じのものを。


posted by ボス村松 at 19:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 劇団やってます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月17日

ボス村松のピクニック、終了

ボス村松のピクニックは、まずまずだった。

悪徳弁護士ジャランベールと友人医師レジネッタのピクニック計画をバタ臭い翻訳物としてお披露目できたと思う。

しくじったところが何カ所かあった。

もう。

懸案の1ページの長台詞を乗り切ったところで、気が抜けて、その後の相づちパートでわたわたしてしまった。

6番バッターにホームランを打たれるピッチャーの心理がわかりました。

演技中、のどかさんの顔は浮かばなかった。

ありがとう、のどかさん。

俺らの出番の前に、休憩が入ると言うことで、DJグレートが再び降臨した。

DJウマーは今、生活を再建中なので、俺がDJグレートのお相手をした。

DJグレートが「枕営業っていうのは、ペッティングのことですよ」と言ったことに会場は騒然となった。

あと、みんな、やっぱりGET WILDが好きだった。


ボス村松のピクニック、見たかった/見てみたいの声をお待ちしております


posted by ボス村松 at 11:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 劇団やってます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月15日

ピクニック前夜。祈り

暑いやら、台詞覚えやら、バイトを安請け合いして多く入れちゃったやらで、あわただしく、パソコンの電源を入れてなかった。

久しぶりにブログのページを開いた。

キーボードが熱い。

俺の創作意欲が熱いのではなく、ノートパソコンなので本体の動作熱はそのままキーボードの熱となる。

夏ですね、

明日は、演劇フェス「シアトロン」にて新作短編「ボス村松のピクニック」のお披露目をする日だ。

俺の台詞覚え、間に合ったか?

間に合わなかったか?

脚本は授かりものとはよく言ったもので、自分の役に1ページの長台詞を作ってしまった。

それでも、まあ、弁護士の答弁の長台詞なので、途中に「あー」とか「うー」とか入ってもよい。

止めない。気持ちはつながっている。

ここさえクリアできれば、というところ。

毎度のことだが、台詞につっかかる度に、のどかさん先生の顔が浮かぶ。

のどかさんよ俺に力を貸してくれと思うが、台詞に全く関係のない顔という時点で、彼女が俺の足を引っ張っぱりに俺の頭の中に現われているのは明白だ。

本当に、40分一人芝居とかさせて、ごめんなさい。

粘着の演出を入れてごめんなさい。

明日の本番には、出てこないでください。

posted by ボス村松 at 18:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 劇団やってます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月09日

竜退治をした後

ボス村松のピクニックの練習を、グレートと二人っきりでやっています。

1ページの長台詞をあと一週間で人様見せられるレベルにに仕上げられるのか?

会話のところは多分、イケるな。

DM名簿の更新をしています。

エクセルの使い方が少しわかりました。

なるほどね、左上の三角を押して全部選択しなきゃいけなかったんだ。検索便利だな。

村松一式くんのお絵かきをしています。

今のBOTの絵と差し替えるべく、ということです。

コントの脚本提供の、お給料のメールが届いた。

おお、俺、演劇をお金にできたよ。

合間に将棋倶楽部24をやって、5級をキープ出来てる。

横歩取りと対四間飛車の将棋になることが多いな。

ガチガチの居飛車党です。




posted by ボス村松 at 07:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 劇団やってます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月02日

ぜんぶ、おわった

ボス村松の竜退治が、ぜんぶおわって、お嫁さんにお寿司をおごってもらった。

おれのしばいは、どこかにたどりつくのだろうか。

もやの向こうに、たどり着きたい岸が見えるのだけれど、遠いような近いような。

日本一のしばいを作りたい。




posted by ボス村松 at 02:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 劇団やってます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月28日

ボス村松の何たら

金曜日の最終上演日まで、3日空くのでボス村松の竜退治以後に向け動き出した。

とりあえず、演劇フェス「シアトロン」に出品する、ボス村松のピクニックの台詞覚えをしなければならぬ。

今、覚えている竜退治の台詞と、混じらないかなあと怖いが、とりあえず、脚本をプリントアウトし自分の台詞にマーカーを引いた。

何を狂ったか、自分が演じる役に1ページの長台詞を書いてしまった。

覚えられるかなあ。

日本のラジオの屋代くんが、竜退治面白かった、俺の脚本を演出したい、とのツイートをしてくれてありがたかった。

この前の月曜日の回にお客さんが増えたことに、ひょっとして無関係では、なかったのかもしれない。

俺が屋代くんに脚本を書くとしたら、ボス村松のラジオ、になるよなあとそのタイトルをお題として考えたら、

核になるエモーショナルな部分が頭に浮かんだ。なかなか感傷的で、書いてみたくなった。

屋代くんの眼鏡にかなうかどうかは、わからないが、とりあえず書くことにした。

粛々と淡々と演劇をたくさん生み出すことにより、何か素敵なことがおきることを期待するという方針で毎日をすごしたい。
posted by ボス村松 at 19:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 劇団やってます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月27日

ボス村松の竜退治7日目と8日目終了

土曜日は公演7日目。

通常回が12:00、16:00とあって、追加公演の「古崎彩夏の竜退治」が19:30から。

12:00の回に、お客様の笑いにめぐまれ、楽しい回となる。

笑いを狙ったところでワハハとくれば、気分がよくなる役者心理はいかんともしがたい。

演技を固めていないアドリブっぽい個所の噛みあいがコンボで入ったり、演技に最後のひと伸びが出る。

14:00の回は、これまでで一番少ないお客様の前で。

それでもかみ合った。芝居が出来上がっていることを感じる。

藤堂さんが音響操作をミスって、地震速報のアラームがラストシーンに流れ、皮肉なバッドエンディングとなったのはご愛敬。

19:30は「古崎彩夏の竜退治」

演出助手をやっているうちに台詞を覚えちゃった古崎くんが俺の役、遍歴の騎士カキウチを演じ、俺はセコンドに回るという趣向の回。

古崎くんは一個も間違えずに一本通す。俺以外の役者は本日三本目。おつかれさま。

古崎くん主役の方が話を追いやすいとの意見を聞く。

へこんでいる場合ではない。これを残り2回に生かすのだ。

   ***

8日目は、当日に入ってからの駆け込み予約と当日券のお客さんでキャパいっぱいとなる。

うまく対応できたけど、危うかった。

これを噂が噂を呼んだ状態と認定するかどうかだが、認定します。

最初からお客さんのノリがよくそれにノセられて、楽しく演技するが、ミスの多い回ともなる。

楽しくて、一個一個の台詞に増し増しで気持ちを乗せようとして、食ったり噛んだりする感じ。

それでも、そんなミスもなんだか愛嬌として許されるようなボーナス回でした。

もちろんそんなミスを苦々しく思った人もいたかもしれない。

しかしミスを怖がらない芝居が作りたかったので、これも一つの到達点である。

自分自身の演技は、古崎くんに学び、台詞量でいえば半分ぐらいを抑えて二枚目の方に寄せてみた。

終演後、藤堂さんにそっちでいいんじゃないですかと言われた。

のどかさんが、きた。

かわいかったわー。

おもしろかったと言った。

よい回に来てくれたと思う。
posted by ボス村松 at 05:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 劇団やってます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月22日

ボス村松の竜退治6日目終了

面白かったのか、まずかったのか、なかなか、判断のつきにくい回となった。

なかなか力強い面白かったという言葉をもらえた半面、寝てる人、ケツを痛がる人が散見された。

ここまで、ぼちぼち楽しんでもらえてるような感触はある。

が、やっぱり、話と言葉が小難しいよなあという反省も出て来た。

見に来てくれて、面白いと言ってくれたバイトの同僚も、

俺が文学的だなあと思っている、つまりは小難しいところは、

「シュールっすね」だった。

お芝居はその場所に人を縛るので、つまんない思いをさせる人たちにごめんなさいをしてまで、それは俺がやりたいことなのかを吟味した方が、態度としては誠実なことだろう。


posted by ボス村松 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 劇団やってます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月19日

ボス村松の竜退治5日目終了

5日目を終えて、これで本番だけで、7回芝居を通したことになる。

初日には初日の新鮮さが悪くなかったと思うけど、少しづつ熟成の味がついてきたように思う。

ここにきて、ようやく気付いた弱点もあって、脚本を読み返す。

いい話だな、と思った。

そのお話の、いいところが伝えきれてないな、とも思った。

「あとは、各々の役者に」とはせず、まだ足掻こうと台詞変更を含めた細かい演出を役者にメールした。

一ヵ月飛び飛びロングラン。

まだ4日、5ステージ残ってる。

好評に噂が噂を呼んでという、当初の目標は果たせていないが、まだまだこれからでしょう。

千秋楽には江古田駅から行列ができるはず。

5日目終演後、兎亭に残って飲んでいて、愉快なフレーズに出会った。

松井さん「俺が出てたら、どの役でした」
俺「うーん、馬かなあ」
藤堂さん「なんだよ、馬が最底辺かよ。オレ、竜よりも上のポジションと思ってたのに」




posted by ボス村松 at 17:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 劇団やってます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月15日

ボス村松の竜退治、四日目終了

昨日、急に涼しくなって風邪を引いた。喉が痛くなった。

やばいと思って風邪薬を飲んで寝たら、大体直った。

案外な体の強さにはよく助けられる。

天国のお父さん、石川県のお母さんありがとう。

本日の公演、痛風病みの藤堂さんが靴を履いて登場。

前回まで、足がパンパンに膨れ上がって靴が履けないということでサンダルでの出演でした。

それが今回、パンパンが多少修まったとの事、靴が履けました。本当によかった。

   ***

お芝居の方は大きなミスがなかったのはよかった点。

なんか、今日あたり変な馴れが油断に転じて、大クラッシュ起きるようなきがしていたのだけれど、それは杞憂に終わりました。

俺が、気をつけろよ気をつけろよと言った成果があったかもしれない。

しかし噂が噂を呼ぶには、もっとキラキラしてないとダメなんだろうな。

拍手はもらえた。

でもこんなものではないので、一回一回、この一本、とコスモを燃やして目指せ日本一。

でもこの一本にしくじっても、死ぬわけではないので、その時はその時の風が吹いている。










続きを読む
posted by ボス村松 at 02:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 劇団やってます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする