プリズンブレイクイメージ.jpg 新作情報
 「ボス村松のプリズンブレイク」
 2020.7.24(fri)-25(sat)
 @新宿シアター・ミラクル
 2500yen
  

2020年07月05日

乱世の奸雄

自分が演出して出演する公演を立ち上げたり(ボス村松のプリズンブレイク)、

自分が書き下ろした脚本の稽古が始ったり(フィンランド式)、

応募したコラムが選考に残ったり(書く将棋新人王戦)、

こころがザワつく日々を過ごしています。

新型コロナの新規感染者増加中の出来事ということで、なにやっとるねん。

間の悪い自分の「らしさ」が感じられることだ。

自分を慰める言葉として「乱世の奸雄」を思いついた。

三国志の曹操の二つ名で、曹操は天下を取った。

乱世の小沢、大乱世の梶山というのもあったな。

これは竹下七奉行の二人の二つ名だが、こっちは天下をとれていない。

ザワついた心が見る夢としては、プリズンブレイクで役者としてのコツをつかむ。

フィンランド式で、俺の脚本を知った役者さんが、今後の出演を熱望する。

コラムが賞を取って、書く仕事がもらえるようになる、というのがある。

ああ、ザワつく。

夢見るのは自由なのだった。

昨日のカラオケバイトは、新型コロナの新規感染者増加を受けてか、暇だった。

東京の未来にホッとするところはあるが、カラオケ屋の売り上げもあがっていかないと、おまんまの食い上げだ。

チェーンの何店かは閉めたらしい。

バイトの同僚に愛想のいい子がいて、彼女の感じのよさは何なんだろうと考えて、ああ、この子は人の話を聞いて楽しそうによく笑うんだと思い至った。

人を笑わせる能力よりも、人の話を笑う能力の方が、生きる上で大きな武器になるのかもしれんな。

昨日、彼女はコンビニのおばちゃんからもらったと、一抱えの廃棄の揚げ物を持ってきた。

「おばちゃん、それやっちゃだめな奴だろ?!」と「おばちゃんは、なぜ君に?」の、二つのツッコミが俺の中に生まれて、問うと、

彼女は「なんかわかんないんすけど」と笑った。

彼女には乱世も平時も関係ないように思われる。
posted by ボス村松 at 17:44| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月01日

さくらんぼ

果物野菜は、自然のものなので、どうしたって状態の悪いものが入荷されることもある。

さくらんぼのパックで、バラツキがあるものが入荷された。

一つのパックを上から見て下から見てパックを開いてみて、悪いのを避けて、減った分を補給して、ニコイチ、サンコイチにして。

一方でまったくキレイで瑕疵がないように見えるパックもある。

悪いもののあるパックを開いて、よけていると、疑わしきは罰する気持ちで、怪しいものは全て排除する。

ふと思う。

怪しいと思って排除したこのレベルのさくらんぼは、キレイで瑕疵がないということで開かずに、そのまま棚に陳列したパックの中にもあったのではないか。

いや、あったよ。それは当然ありましたよ。

そうなのだ。

本人の実力が全てではない。

所属しているグループで、拾われたり捨てられたりするのだ。

勝ち組にのっかれ。

泥船からは、早く逃げだせ。

行けよ、おまえらなんて足でまといなんだよ!

あと、さくらんぼのパックは「小さな恋人」とタイトルされていて、小さな恋人が傷物というのはエロいな、と引退間際の我が愚息のロリコン心をくすぐった。

早朝のスーパーのバイト。

朝8時30分のこと。
posted by ボス村松 at 18:12| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月28日

おれがいた

酔っ払いってやだな。

昨日カラオケバイトで殊勲をあげた。

ここ10年でもっとも分かりやすく、人のためになることをした。

昨日のバイト先は飲み放題の団体さんが入って、超もりあがり。

大学生見当の若者である。

レモンサワーのピッチャー、グレープルーツサワーのピッチャーの注文がバンバン入り、店のピッチャーがなくなるぐらい。

彼らは燃え尽きることなく最後まで合唱をつづけ、俺はその無尽蔵のスタミナに感嘆したものだった。

若いってすごいな。

たださすがに脱落者も出る。

彼らの中の一人が、ふらふらとエレベーターの前に立ち、ボタンを押すでもなく固まったのだった。

手が下半身の方に伸びているようにも見える。

まさかな。

そのエレベーター前の様子を俺の隣で一緒に見ていたバイトリーダーが「おしっこしようとしてませんか?あの人」と言った。

あ、やっぱり君にもそう見える?

慌てて、酔っ払いに声をかけに行くと、すでにジッパーから彼の本体がこんにちはしてるじゃないか。

「お客さん、トイレはあちらですよ!」

危機一髪。

お客さんはうつろな目ながら、素直にトイレに入って行った。

俺がお客さんを誘導して、すんでのところで大惨事を免れたのだった。

俺、大殊勲。

今日という日のために、俺は生まれて来たのかもしれない。

最近、怒られてばっかなので自分の価値を再認識した。

明日からもがんばろう。

酔っ払いってやだな。

強く思った。

俺も酔っぱらいがちなので、もう酔っぱらうのはやめようかな。

もうちょっと早く彼と会えばよかった。

これが俺の酔った姿だぞ。

だいぶカッコワルイ。

俺もそうとう失敗してきている。

今回立ち上げた芝居を俺一人でやっていることの理由の一つにもなっていることだろう。

件のお客さんがトイレを出てから確認に俺が入ると、しっかりと的を外さず、行為を完遂させていた。

やるじゃん。

あんなによろよろしていたのに。

その後、そのお客さんは階段で吐くか、吐くのか?と怪しい動きをした後、寝に入った。

店が閉まると連れの人に引っ張られて店を出て行った。

その後ろ姿に、さらば、よっぱらいの俺。




posted by ボス村松 at 15:44| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月22日

団体名

演劇をすることにした。

7月末の連休に、3人、30分芝居「ボス村松のプリズンブレイク」を中心に据えた短編数本をやる。

小さな芝居なら小回りが利いて、不測の事態に対応しやすい。

ベンディングされているボス村松の自転車泥棒は、10人が出演する芝居なので、今上演するのはやはり難しいと判断。

在庫の新作があったので、そっちを上演する。

演劇やらなきゃでしょ。

演劇のためにバイト暮らしを選んだ人、ボス村松としては。

やっちゃダメと言われていたものが、やっていいよと言われれば、動かなければならぬ。

本当は、胸の中に熱い衝動がなかったとしても、胸の中の熱い衝動に駆られたという体で。

そういうコンセプトで設計されている人生である。



ボス村松の自転車泥棒の上演の可能性を探っていた時に、そういう衝動を持っていた人と居合わせたのが大きかった。

感銘を受けたのだった。

しかしその人も、そういうコンセプトの下で、そういうフリをしていた可能性は、ある。

この前会った時のその人の最新情報は、今ゲームにハマっていて、それ以外のことはやりたくないと言っていた。

おい、そこのおサルさん。

今日から演劇の練習ですよ。



さて、団体名をどうしようか。

俺しか関わっていないので、鋼鉄村松を名乗るはよくないか。

対コロナで、おこられる可能性もある。

俺個人で始めたものという体裁をとるには、別の名前でやったほうがいいのかもしれない。

とはいえ、ほにゃらら企画とか、改めて名乗るのもやだ。

ボスデス、が今のところの候補。

ボスです。という意味を込めてみた。


***


あと、昨日は俺が提供した脚本「フィンランド式」の読み合わせがあったはず。

どう読まれて、どんな感想を持たれたのだろうか。

そちらは8月末の上演予定。

15drop「フィンランド式」

本当は、ボス村松のフィンランド式としたかったが、それはちょっとと言われた。

まあ、そうだろうとも。


暑い夏になりそうだぜ。


posted by ボス村松 at 13:43| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月14日

ナツヤスミの終わり

今日はこれから、新しいバイトの面接がある。

緊張するな。

履歴書の特技、アピールポイントに、

勤労意欲がある。体が丈夫で風邪をひかない。比較的ユーモアがあり人付き合いはよい。

と書いた。

自分としては、嘘をついていないと思うのだが、どうだろうか。

あと、昨日から、バイト先のカラオケ屋の営業が再開されている。

俺は今日がバイト始め。

19時から出勤で、23時終業の、短縮営業。

深夜時給は22時からなので、オイシイ時間がカットなのがよろしくない。

お客さん来るのかな。

あと、俺、仕事覚えてるかな。

不安と共に、新鮮な気持ちで行ってきます。


スーパーの早朝バイトだけで過ごした、コロナ禍によるナツヤスミはおしまいということで、

もうちょっとやれることがあったよな。




posted by ボス村松 at 13:31| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月13日

蠍座

毒属性か・・。

昨日の記事で、私の星座である蠍座が聖闘士星矢では強いのか、弱いのか。

私は、蠍座の「内に秘めた情念」みたいな個性が、強い方に出る予想していたのだけれど、蠍座でピックアップされたのは、サソリの毒属性でした。

毒が必殺技では、強さランキングで上位には行けないよな。


また、同じく昨日の記事で遡上に上がった、獅子座と水瓶座もパッとした感じではありませんでした。

獅子座は最強にちがいないと思ってたんだけどなー。

獅子だから強い、になると、事は単純になっちゃうのか。

獅子だから強い、でも、その上がいる、が、一流漫画家の作劇力なのでしたね。

最強が乙女座で、ラスボスが双子座、隠れた実力者が天秤座。

言われて見ると、なるほどのような気もします。


聖闘士星矢は、時代的には読んでいてもおかしくない漫画なのですが、当時、本当に一話も読まなかった。

ただゴールド聖闘士とか小宇宙(コスモ)とか要所要所の単語は知っていて、今回、ネットで、誰が強いかランキングを見て回るとそれだけで、一時間二時間は軽く吹っ飛んでしまいました。

聖闘士星矢、僭越ながら、おもしろい漫画です。



posted by ボス村松 at 16:34| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月12日

水瓶座

劇団マスコットの村松一式に、Twitter上で占いをさせようと村松一式と絡めた12星座の絵を描いている。

牡羊座から始まって、10個目射手座まで辿り着いた。

射手座もどう描いたもんかと、けっこう悩んだのだけれど、ケンタウロスの矢が村松一式に当たって「いて」というダジャレで切り抜けた。

さて、11個目水瓶座だ。

何も思いつかない。

印象が薄い。何だ水瓶って。

ウィキペディアに当たってみても、元ネタになるハッキリしとした神話がない。

水瓶の水をこぼして、ゼウスに怒られたとかそんなのが、ない。

誰やねん。水瓶を抱えるあの男は。

わからないまま。

水瓶座の人には同情いたします。

子供の頃、寅年の妹が、兎年の祖母に、いいなあ!代わって!と言っていたのを思い出した。

やっぱり獅子座がいいよな。

獅子座の人の性格は王者っぽいとか、景気いいことが書かれているし、一等星もあるし。

俺自身は蠍座です。

なんかジトッと情念深いところは、そうなのかなと思う。

あと何と言っても、一等星アンタレスがあるからな。

なかなかカッコよくて、蠍座なのはまあ悪くないです。

聖闘士星矢は詳しくないので、この三つのうちでどれが強いのかは知らない。

でもやっぱり獅子座が強いんじゃないのかな。一方で水瓶座はゴールド聖闘士の中でも最弱なんじゃないの?

蠍座はいいとこ、いってそう。

威張ったことを言って、前に出てこないけど、実は実力は獅子座とタメみたいな。

興味がでてきた。

この記事を投稿したあと、検索かけて調べてみよう。
posted by ボス村松 at 18:21| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月10日

ごちゃごちゃしない

ビールはハイカロリー、プリン体。あとぐびぐび飲めて、お値段がかさむ。

焼酎はプリン体0糖質0。あとちびちびやるので、お値段控え目。

ということで、最近のエチル摂取の主軸になっていた焼酎なのだが、何気にみた箱裏の成分表に100mlで123キロカロリーとあった。

おまえ、そんなにカロリーあったんかい!

どうりで毎日エアロバイクを踏んでいても体重が減らないわけだ。

エアロバイクを踏みながら、AbemaTVで映画を見ている。

スイニートッドと、プラダを着た悪魔と、二本続けて見たのだが、二つとも面白かった。

言っちゃなんだが、話自体に、目新しさは感じなかったので、それが「どう話されたのか」の部分が素晴らしかったとことになる。

この体験を翻って自分の作劇に当ててみると、これは手痛い示唆になる。

独特の世界観が、ボス村松節で語られるのが、私の演劇で、自負しているところなんだけれども、そんなに俺の、俺の、と主張しなくてもいいのではないか。

普通の世界を、ボス村松節で語るぐらいがちょうどいいのではないか。

もしくは、その逆か。

泉鏡花戯曲賞の下調べに、件の文豪の作品におさわり程度に触れている。

読みにくい。

たぶん、好きになるのが早道なんだよな。

好きになって、まんま、戯曲化する。

変に泉鏡花ご本人を登場させて、ごちゃごちゃと自作の世界を渡り歩くみたいなことをせずに。

俺は、これをやりがち。

これをやると、俺は絶対に、文豪ストレイドッグの美少女としての泉鏡花もからめる。

そして文豪ストレイドッグで泉鏡花が推しキャラの、アニメファンも登場させる。

こいつは、きっと、泉鏡花が本当は男だったことにびっくりして、作品が読みにくいことにブーたれる。

賞がほしい人のやることではない。

posted by ボス村松 at 14:49| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月07日

ネゴシエイト

大家さんに、次の契約更新は定期賃貸借契約でお願いします。という電話があったのは既報の通り。

定期賃貸借契約というのは、定めた期日には部屋を出て行きます、という契約だ。

ただその間の家賃は割引しますよ、とのこと。

我が家は、引っ越すかのかー、めんどくさいなー、この部屋気に入ってたんだけどなーと、ブルーな心模様に。

しかし、これもキッカケかなと、俺は決断。

バイトを増やした方がいいところ、グズグズ暮らしていたのだけれど、バイト増やそう。

引っ越しは物入りだしな。

今年の頭、バイトの契約更新があったときに、夜勤から早朝勤務に移って、実入りが減っていたのだった。

バイトを増やすため、今働いているスーパーの店長やバイトリーダーに、作戦を打診した。

作戦というのは、4時〜9時の早朝シフトをちょびっと早上がりして、9時から別のバイトに入るというもの。

早上がりに関しては、了解を得られそうな感触を得た。

しかし、ここ2か月は夢のような生活であった。

コロナ禍でカラオケバイトは営業自粛。休業補償あり。

スーパーのバイトは週5で、朝4時〜9時の早朝バイトのみ。

気持ち的には週休7日だった。

最高だった。(おいおい、予定していた公演が中止になってるぜ)



そして今さっき、メールで定期賃貸借契約の条件が、大家さんから送られてきたのだった。

大家さんは、部屋をリノベーションして販売する会社。

私たちが早く部屋を出ていくと、割引率が高く、最大として提示されている3年間を居座ると(そのつもりだった)、割引率はほんのちょびっと。

ふーむ。

日本は借主にやさしく、大家さんが困ることが多いのはよく聞く話だ。

ネットで何でも調べられる世の中である。

「一応、定期賃貸借契約のことを調べてみるか」

ググってみた。

「嫌です、このまま普通借家契約でお願いします」とゴネることが可能とある。

早速、電話をかけて、ゴネてみたら、通った。

そういう法体系らしい。

向こうの会社としては、リノベーションして転売するのが商売。

リノベーションできない部屋は価値がないので、私たちが住んでいるこの物件は売りに出される旨を伝えられる。

また大家が変わりますが、ご了承ください。だって。

やや捨て台詞的に、「次の大家さんからはこういう提案、連絡もないかもしれまんよ」という言葉を頂く。

万一、心変わりがあったらご連絡ください。

はい、わかりました。

途中、向こうから交渉の雰囲気が出たときはあった。

そこに乗って行けば、ひょっとしたら割引率の変更他、好条件を引き出せたかもしれんなとも思う。

しかし、実際この部屋は気に入っていているのだし、素直な気持ちを通したので、結末としては、さわやかである。

何より、差し迫った用事がなくなったのはよかった。

心を砕くのは演劇だけで手いっぱいだ。

バイトを増やす分はそのまま、演劇に投資ということで。
posted by ボス村松 at 19:19| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月02日

圧力釜

圧力釜がうちに来た。

正確には超高圧力釜と誇っている。MEYERと記されている。スーパーのバイトの社員販売。ブランド品なのかな。15000円で買った。

説明書を読んでから、おっかなびっくり、牛すじを煮込んでみる。

「圧力がかかっているので、**の状態で蓋を開けると危険」みたいな説明がふんだんに記されていたので、うかつに蓋を開けられない。

今のこの状態がセーフティープラグが上がっている状態なのか、下がっている状態なのかが分からない。

本来ならここから蒸気が出るはずの蒸気口から蒸気が出ずに、セーフティープラグのところから、蒸気が出ているのはどういうこと??

いやー!

年とるっていやー!

ITでもない、アナログの圧力釜でこの体たらく!

しかしまあ、習うより慣れよということで、火傷を覚悟しながら、おっかなびっくり1回煮込んだら、構造がわかりました。

もう大丈夫。

使えるね、こいつ。

牛すじ、うまい。

肉のJUMPでは、国産牛すじで100グラム130円なので、牛を食べたければ、今後は筋でいいのか。オーストラリア牛サーロインよりも好み。
posted by ボス村松 at 22:25| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月30日

飲みすぎ

一応新型コロナに気をつかって、公園を選んで、横手君と飲んでたら、土砂降りがきて、家に帰って着替えてひと心地ついたところで、虹がかかった。

何かを示唆しているのかもしれんと、考えてみたが、思いつかなかった。

何も示唆していないようだ。

その前の日に、ベルギービールいる?って横手くんに聞いたら、ビールは飲めないということで、じゃああげないというやり取りがあったのだが、でもまあ、軽く飲もうと。

なかなか楽しく飲めた。

横手君は小劇場の超実力者なので、俺のホーリーも上がった気がする。

御利益ある。

知り合いは友達なので、横手君はもともと友達だが、この公園のサシ飲みは相当な友達っぷりだった。

アルコール摂取の欲求は、しかし、収まらず、家に帰ってからも相当に飲んでしまった。

これがおとついの話。

昨日は昨日で、おうちでAbemaTVトーナメントを見ながら、延々と飲んだ。

女流棋士のキレイ所が対局と解説で集まっている画面は、ちょっとおかしいんじゃないかというぐらい、将棋の番組じゃなかった。

見とれた。

そして今日は今日で、AbemaTVトーナメントがある。

お嫁さんの推しの木村王位が出場する回なので、これはもう、俺は飲むしかないだろう。

お嫁さんは、木村王位が画面に映る度に、キャー!と歓声を上げる。

チーム糸谷がんばれ。

6月からバイト先のカラオケ屋が再開されるようなので、最後の休みだ。

味わい尽くす。飲み尽くす。







posted by ボス村松 at 11:54| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月27日

栓抜き

新型コロナでイベントが中止になり、ロスが出そう。ということで、割引きになったベルギービールの24本箱を買った。

オレンジピールが入ったダークビールで、大変おいしい。

24本あるので、近所のバブルの家に1本持って行った。

随分まえから、掃除する掃除すると言っていたので、部屋がちゃんと掃除されているか覗いてみようという気持ちもあった。

不在なら、部屋の前に置いておけばいいか、ぐらいの気持ちで特に連絡も取らず、自転車を漕いで10分弱。

バブルの部屋をノックした。

反応がない。電気は点いている。

もう一回、ノック。名乗ってみる。池森ですー。

ボス村松ですー、とは言わない。

え、なんすか?と、若干の邪魔くささを匂わせたバブルの返事があった。

ばか、今日は面倒ごとじゃなくて、ビールを持って来てやったんだよ。

バブルが戸を開けて、その隙間から見える部屋は、床が半分ほど見えていた。

なるほど、多少は掃除をしたらしい。

バブルの部屋の基本は、床がゴミで見えない。

一応、掃除してねーじゃないかよ!と目の前では非難しておいたが、心の中では、がんばりましたと言ってビールを渡して帰った。

帰りの自転車を漕ぎながら、あいつの家に栓抜きあるかな?と思った。

334mlビンなんだよね。

仮に栓抜きがあっても、あの部屋の状態で見つかるかな。

更なる掃除のキッカケになればよい、と思った。

新しく買いそうな気がする。
posted by ボス村松 at 10:02| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月21日

ライン

鬼滅の刃のアニメが、いまひとつピンとこないと昨日書いたが、選抜試験のデカイ鬼との闘いは燃えた。

水が出るのがカッコいいね。

先に立ち筋のラインが見えて、それを追うと斬れるという設定が演劇の台詞回しと似てるなと思った。

俺個人としては、台詞回しの正解のラインが見えてそれを追うと、能力が足りなくてトチるので、どっちかというとラインは見えて欲しくないんだけど。

ラインじゃなくて、点で喋ることに憧れる。

新型コロナの影響で、ロスを避けるために安売りしていたベルギービールの24本箱を、試しに買ってみた。

昨日、届いた。

すごい美味しかった。

近所の知り合いにおすそ分けしようかな。

心当たりある人、期待しないで待っててください。

惜しくなって、全部一人でのんじゃうかもしれんし。
posted by ボス村松 at 16:25| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月15日

金曜日の夜

なんか、すぐ土曜日くるな。またAbemaTVトーナメント見ながら、もりもり食べて飲む日だ。

今週、何したっけ。

Mを見た→おもしろかった。

フェイスブックに再度チャレンジしてみた→このブログとツイッターとの棲み分けが、まだつかめない。

12星座の村松一式を描くことにした→牡羊座、牡牛座、双子座、蟹座、まで描いた。

お嫁さんの誕生日を祝った→プリンを作った。

あたらしい脚本を書き始めた→上演できるの?

全然、なんもやってないわけじゃないな。

ホッとした。
posted by ボス村松 at 21:52| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月14日

寿司桶いっぱい

お嫁さんの誕生日だった。

およめさんは、銚子丸の寿司桶いっぱいのお寿司で何を食べたらいいかわからない!というのをやりたいと言ったので、銚子丸で寿司桶いっぱいのお寿司を買ってきた。アサリの味噌汁も作った。

お嫁さんは早々にお腹いっぱいになり、3分の2以上は俺が食べた。

お嫁さんはモロゾフのプリンが好き。つまりは、固いプリンだ。

食後に、やや失敗ぎみの固いプリンを出した。

俺が作ったのだった。多分喜ぶだろうなあ、多少はサプライズ感あるかなと思って作った。

喜んでもらえた。

プリンは甘すぎた。ネットのレシピ通りだったんだが。

固さとコクは到達していた。



Mの3話の残りと、伊集院氏と古市氏が1話を見ながら駄弁る動画を見た。

Mは基本、ガラスの仮面をやっているのだが、アユはどうしても、マヤに比べて芸事への欲求に欠けるところがあるな。

マックス・マサに言われたからやってるのか、きみは。

でも、アユとマックス・マサには別れが待っているのだから、そこで歌にシフトするという筋立てなのかな。

マヤとは逆か。現在のマヤは芸よりも恋だからな。



伊集院氏と古市氏では、古市氏に近い楽しみ方を俺はしているようだ。

古市氏の方が比較的まっすぐドラマを見ている。

伊集院氏はツッコミ気味でドラマを見てる。

古市氏はマックス・マサのカッコよさにしびれている。俺もしびれている。

10年ぐらい前に、古市氏の著作「絶望の国の幸福な若者たち」をタイトル買いして読んだことがある。

そうそう、この人ええとこついてると思ったのは覚えている。

あの時はただの大学講師か院生ぐらいのプロフィールだったのが、こうやってテレビの文化人になるとは。


posted by ボス村松 at 23:32| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月11日

テレビ鑑賞

自粛生活で、大きなことの一番は公演が中止になったこと。

二番目はカラオケバイトがなくなったこと。

でも今のところ会社の努力で、お給料が保証されている。ありがたい。

お給料がもらえて、土日がお休みになった。結果、AbemaTVトーナメントが見られるようになった。

AbemaTVトーナメントは超おもしろい。

書く将棋新人王の応募も、これを題材にして書いた。

本当にバイト以外は外に出ていない。

運動不足を解消するために、お嫁さん購入のエアロバイクを俺も踏み始めた。

踏んでる間、無料配信のエヴァンゲリオンの映画を見た。

バブルがQでポカンとなったと言っていたけれど、俺には見やすかった。

破の後半ですでに、エヴァンゲリオンはスーパーサイヤ人ゴッドSSになっていたので、あれ以上となると俺のテンションがついて行かない。

一回リセットになったのは、納得の展開。

バブルはもっと、最強のがが出てきて、もっと熱いバトルを期待していたようで、彼の衰えぬジャンプ心には感心するやら呆れるやらだ。

エヴァンゲリオンを見終わったあとは、コロナニュースを見ながら踏んでいたけれども、さすがにコロナも飽きた。

Mを今日から見始めた。

おもしろかった。アユをプロデュースするマックス・マサの、ポケットに手を突っ込んでの無表情演技が超カッコいい。

「俺の作った虹を渡れ」

恥ずかしながら、のどかさんが出てくれたころの俺に、マックス・マサ的な気持ちがなかったとはいえない。俺もポケットに手を突っ込んで無表情でやってたら、のどかさんもまだ出てくれてたかな。

アユも全然演技がうまくないのがいい。台詞の読みが棒なのがすばらしい。

わき役の過剰な演技も聞いていた通り。大変なものだ。

明日は、二話目を見るぞ。
posted by ボス村松 at 17:03| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月09日

3000字

ここ数日、「書く将棋新人王」に応募するための記事を書いていた。

むずかしい。

脚本を書くのとも、ブログを書くのとも、また違うもんだな。

俺はどうも、ギャグ味のある言い回しや、叙情的な文句は書けても、地の文が苦手なようだ。

なんというか気合いが空回りして、ひとまとまりになると、すぐに読みづらい文章が出来上がる。

説明文が苦手なんだな。

それでも応募のための3000字は一通り書けた。

前回応募したものよりも、要素が削られたので、幾分読みやすくなっているのではないか。

前回新人王になった方は、文春将棋でインタビュー記事を何本か書いているようだ。

ええなあ。

俺も過去に2度ほど文章でお金をもらったことはあるが、次につながるものではなかったので、稼いだ気はしなかった。

俺が何十本も書き上げた戯曲は、どちらかというと書き上げると、お金が出ていく構造になっている。

まあ、それでもいいんだが。

いろいろ言ったが、それでも戯曲の文章が、単位時間あたりに書ける文字数でいうと一番少ない。難しい。
posted by ボス村松 at 18:20| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月05日

コラポ楽曲

文春の企画、第二期「書く将棋」新人王戦に応募しようと、さてとワードを開いた。

お供に音楽でも聴くかとYouTubeを開く。

PSGの「愛しています」かなと。

久しく聞いてないところだった。

ただその時は「PSG」というユニット名も、「愛しています」のタイトルも思い出せず、PUNPEEというおそらくはPSGのメンバーであろう人物の名前が頭にひっかかったのみだった。

PUNPEEで検索をかけてみると、星野源とコラポした楽曲の動画が上がっていた。

星野源は妹が大ファンだったり、大人計画の人だったり、ものすごく多方面に才能があったり、感じがよかったりで俺のチェッ(舌打ち)対象になっている人物だ。

それでも動画のサムネイルの画像が魅力的で、PSGを置いて、こっちの方を開いてみたら、やられた。

すんばらしい。こんちくしょう。

PVのアニメーションがとんでもなくクールでカワイクてカッコいい。トリスウィスキーのおじさんのような、スヌーピーのような絵柄のキャラクターが抽象度丁度よしで意味ありげに動く。またそれが、星野源とPUNPEEをキャプチャーしたアニメとからむ。実物に寄ったり絵柄に寄ったり、その振れもおもしろい。

PUNPEEが選んだと思われるトラックもいい。ブギーバックに迫るぐらい。星野源のお歌もよろしいんじゃないでしょうか。

これが無料なんですか。

これを無料で拝めるというのは、我々にとってありがたく、作り手さんには受難の時代だなあ。

でもどうなんだろう。

お金もうけという意味では受難だけど、作品を広く見てもらうという意味では、広がりは大きい。

さて「書く将棋」ではあるが、将棋を書こうとしてこのブログを書いているわけで、滞った。

でも憧れてやる気はあがった。

面白いのが書けるといいなあ。

posted by ボス村松 at 18:10| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月03日

次の日

昨日のabemaTVトーナメントは熱戦ばかりで面白かった。

特に山崎八段の過去の惨敗をふまえての「今の自分はあの時の3倍は強い」発言があってからの、2連敗には涙した。

熱戦にお酒が進んで、二日酔いになった。

昨日の部屋を掃除して沸き起こったやる気は、今この体を探してもどこにもない。

つくづく人間はフィジカルな存在だ。

ぼやっと将棋倶楽部24を指して3連敗した。


posted by ボス村松 at 15:40| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月02日

5S

4:00−9:00のスーパーの早朝バイトから帰ってきて、パソコンの前に座ると、結構疲れてる。

脚本が書けない。

ブログぐらいは書ける。

酒は飲める。

そんな感じ。

今日は19時からABEMATVトーナメントを見ながらお酒を飲む予定だから、

バイト明けにお酒を飲むと、一日に2回飲むことになる。

2回飲む時もあるのだけれど、何日か前に、痴ほう症の番組を見て体に気を付けよう週間に入ったので飲まない。

飲まずに昨日の皿に残った肉汁を野菜ですくって食べながら、洗濯機を回した。

すぐには寝ずに、後でお昼寝する作戦だ。

野菜を食い終えて、洗い物を片付けてまだ洗濯機が回っている。さて何をしようか。

部屋の掃除でもするか。

ビールの空き缶、ポテチの袋をゴミ袋に入れていくと、

片方だけになっていた靴下の相棒が見つかり、次々と組み合わさっていく。おお、おまえ、そこにいたのか。

ボス村松の自転車泥棒の衣装、小道具もまとめる。

中には、まだ役者に保管してもらっていて、そのままの衣装もある。

延期、と謳っているので、各人の家にあって良いのだけれど、リストは作っておかなきゃだな。

ただバブルムラマツからは回収しなければならないだろう。

あいつの部屋は魔窟だから。

公演中止により配り切れなかったチラシをゴミ袋に入れた時には、少し泣けた。

洗濯物を干して、掃除機をかけて、スッキリした部屋を見た時、やる気がわいてくるのが分かった。

今度こそギターを練習して、新しい脚本書いて、新しいバイト探して、団体登録証の更新の用意をして、個人事業主になって確定申告する勉強もして、ネタ補充のための小難しい本も読もう。

たかだか3時間ほど掃除しただけなのに、あふれるパワー。

3時間なんてお酒を飲む時間としては一瞬だ。

綺麗な部屋、いい。

建築現場で言われる5S。

整理、整頓、清掃、清潔、しつけ。

しつけが際立ってるね。のこり4つは同じに意味なんじゃね?

そんな疑問を感じつつも、俺も5Sで今後、ずっときれいな部屋の中で生きる決意をした。

誓う。
posted by ボス村松 at 16:03| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする