JUDY.jpg 劇団の動画など、ありますよ?
ボス村松ドラマスペシャル「じ・だん」パラパラアニメ
遍歴の騎士ヤマオカ卿の酒気帯びでやんすダイジェスト
けつあごのゴメスダイジェスト
P型柔道一門PV
ミハエルとアイルトンとチュウカドンPV


2018年06月26日

妹にお小遣いをもらった

先週末、実家に帰省してました。

シースーと、焼肉をごちそうになりました。

さて、東京に戻りますとなった夜行バスの時間が、日本ーセネガル戦とどんかぶり。

なかなかそこまで考えて、バスは取れない。

「しまった、見たかったな」とこぼしたところ、妹が私に、その帰りの夜行バスをキャンセルしなよ。と言う。

「明日帰ればいいよ。新幹線代を払ってあげるから」と言う。

妹は美容師で、去年、実家には一部を改装して小さな美容院のスペースができた。

商売なんてやっていけるの?

始めるにあたって、戦々恐々としていたのだけれど、この一年は順調だったようだ。

一万円出せる身分になった。

お兄ちゃんはおまえがまぶしいよ。

妹は一期一会、まるで戦いのように、一人のお客さんの髪に挑むスタイル。

一つの出来栄えに天にのぼったり、地獄に落ちたりする。

その日の戦いに敗北したらしい妹はしゅんとなっていた。

日本ーセネガル戦はテレビの前に俺もいて、にぎやかに見たいということだった。

俺はありがたく一万円もらって、新幹線代には内心3000円足りないなと思いながら、サムライブルーの引き分け劇を見た。

いい試合でしたね。本田△。

妹は熱心に見るかと思いきや、スマホのパズルゲームをしながらの、観戦だった。

ゴール前のシーンだけ、テレビに目を移していた。

なんやねん。


posted by ボス村松 at 19:11| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月03日

お嫁さんの誕生日に、ふたりでごはんを食べました

お嫁さんの誕生日、遊園地、映画、温泉ととしまえんをコンプリートしたあと、練馬駅から徒歩5分ほど千川通り沿いととしまえん通り(だっけ)の交わるところにあるブッチャーズバルに行った。

ブッチャーズバルは、肉屋が直営する居酒屋、だから安い! というよくある謳い文句でそんなのは巷にあふれてる。それだけではお嫁さんの誕生日に値しない。

俺はこのお店の味付けが好き。ドレッシングとか想定よりちょっとおいしい。ラム肉って、こんな美味しいんだと知ったのもこのお店だったな。

夫婦円満アピールのこのブログだけれども、もう、一日いっしょにいたので、レストランの席で改めて話すネタも尽き、ややつまんない人間としてお嫁さんの前に座っていたと思う。しかし、それを解決してくれるのが、アルコールというもので、出来上がった時には俺の方の気まずさは消え、二軒目いくぞ!となった。下戸のお嫁さんの気持ちは知らない。

断っておきますが、我々が二軒目行くなんてことはほとんどない。過去1,2回あった程度のもの。

2、3日前にネット記事で串カツ田中の話を、二人が読んで、お嫁さんが行ったことないという話をきいていた俺が、ひそかに心に二軒目には、と作戦していたのだった。

というわけで、ブッチャーズバルでお腹ぽんこぽんこちゃんにならずに、余力を残して退店。

串カツ田中に行く。

フツーにおいしい。知ってました。

なんだろうね、とんかつなら、とても美味しい江古田の名店、とんかつ藤に行けば、1100円の「シソ巻ネギとんかつ・おかわり1回無料・味噌汁はトン汁」でおなかぽんこぽんこちゃんで大満足になるんだけど、人は、とても美味しいの他に、ちょびっとづつ違う食べ物を食べたいという欲求もある。同じカツでも、串カツ田中はその欲求によく応えてるんだな。

ここでも一時間ほど座って、ウチに帰って、セブンに寄ってアイスを買った。

雨はもう降っておらず、明日は晴れという。

お嫁さんの誕生日が5月というのは、なかなかサワヤカないい季節だと思うのだが、お嫁さん自身は「私の誕生日は、すごい雨が多い」と言う。

俺には自分の誕生日の天気の印象は全くない。

来年のこのブログでお会いしましょう。

また雨の日の出来事を書いてるのかな。

来年のことを書けるぐらいには二人とも病気してないのは、ありがたいことだ。

この歳になると、何より健康が大切だということが実感するところだ。

posted by ボス村松 at 08:07| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月19日

お嫁さんの誕生日に、パシフィックリムを観た

お嫁さんの誕生日に、としまえんで遊んだ。思い出になった。

写メとか撮る習慣はないんだけど、もっと年をとって二人がよぼよぼになるまで生きてたら、

こういう日に写真を撮らなかったことを、惜しかったと思うのかな。

としまえんを出て、近くのシネコンで、パシフィックリムを見た。

CGが今、どうなっているのだろうという好奇心があった。

見てみて、すでに、俺がスゲーと思うマックスまで到達していたことを知る。

実在するものみたいに、未来都市もロボも、スクリーンの上にあったんだけど、こんなもんだと思った。

むしろお話しの伝え方に感心した。

上演時間中のほとんどの時間でロボが戦っているのだけど、B級ながら結構話は入り組んでいる。

それを少ない言葉数で、分からせている。

テクニックだ。

自分のこれまで書いてきた脚本に、欠けているものだ。

今更だが、テクニックと向かい合ってみようと思った。

映画を観終わって、18時すぎ。

もうちょっとお腹を減らしたいので、これまた隣接する庭の湯でひとっ風呂浴びることにした。

としまえん、シネコン、庭の湯ということで、これでとしまえんをコンプリートしたことになろう。




posted by ボス村松 at 20:34| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月18日

お嫁さんの誕生日に行ったとしまえんに、雨がふってきた

お嫁さんのお誕生日にとしまえんに行って、ぐるぐるブランコに乗って、二人よれよれになった。

遊園地は基本、罰ゲームだと思う。

ばくだん焼きを食べて、コーヒーフロートを飲んで、体力の回復を図る。

ばくだん焼きの、中のねばねば具合はお好み焼きの焼きそこないに思えるのだけれど、美味しいは美味しい。

この辺りで雨が降ってきた。

次々とアトラクションにカバーがかけられて、店じまいの雰囲気が漂う。
雨の日の遊園地。

なかなかの哀感があるフレーズだ。

そもそも遊園地自体が、キラキラ楽しいよりは、少し錆びていて子供時代の郷愁を誘うイメージがある。

としまえんは、じっさい、なかなか錆びていた。

アトラクションも店舗も何も入ってない、空っぽの建物が何個かあった。

夏のプールがメインなんだろうな。

感慨にふけりながら、雨に関係ないミラーハウスで、残ったチケット回数券を消費。

さて、出るかというところで、雨の中動いているコースターを発見してしまう。

乗る?とお嫁さんに聞くと、乗らいでか!と威勢のいい返答。

さっきのぐるぐるブランコの回転は、ランタイムが長すぎたけど、私は基本、回転も落下も大丈夫と言う。

コークスクリューに乗る。

縦の大回転はないものの、ひねってのグルグルありの、ちゃんとしたコースター。

うおおおおお、と声が出る。

お嫁さんも、いやあああ、と言う。

下りるとやっぱり二人はヨレヨレ。

でもぐるぐるブランコの方がきつかった。長かったから。

としまえんの近くのシネコンで何か今時のCGがどんなになってるかを見たいと俺のリクエストがあって、パシフィックリムを見ることになった。

上映時間に合わせるため遊園地のゲームセンターで時間をつぶす。

エアーホッケー、太鼓の達人、バスケのシュートゲーム、射的、他いろいろなゲームでお嫁さんに負ける。

まあ、彼女の誕生日だしね。

いい時間になったので、としまえんを出て、シネコンに向かった。

posted by ボス村松 at 02:59| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月24日

病院に行った

お腹痛いのがどうにも収まらず、病院へ行った。

ウンコが出れば楽になる、あのお腹の痛いのだと思うんだけど、いつもと違うのは、最後の一撃が排せつされた感がないまま、便意は収まり、お腹の痛いのだけが残ってる。

お医者さんにエコーかけてもらって、胃は普通、腸は少しむくんでる、ガスと液がちょっとたまってるかなと言われる。

確認でレントゲンとCTも撮りましょう。あと点滴。

フルコースを申し渡される。

レントゲンとCTの間に、点滴は時間かかるのでトイレに行っておいてくださいと申し渡され、ダメ元で大便器にまたがると、一撃が出た。

すうっと楽になる解放感が体全体に広がる。

「もう、いいです。帰ります」と言ってもいいのだけれど、言い出せず一通り診療をうけて、一万円払って帰った。

選択として病院に行く、ではなく、下剤を買うにすればよかったのでは、と帰りの自転車の上で思った。
続きを読む
posted by ボス村松 at 11:13| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月08日

バイト二編

スーパーのバイト中、ユニゾンスクエアガーデンのシュガーソングビターステップが頭に鳴って、ご機嫌でレジを叩いた。

もともとはスーパーの有線にかかっていた、電子音アレンジのものをこれ誰の曲なんだろうと思っていたもの。

バイトの同僚に何人かきいて、先日、三人目ぐらいで答えを教えてくれた。

いい曲だ。聞き取れないんだけど、歌詞もいい。

裏でこんな意味のことを歌ってるんだと知っていると聞こえ方もちょっと違う。

それにしても、ご機嫌すぎるだろうと、いぶかしんで自分に問うてみたら、羽生竜王が村山七段に快勝して王位戦リーグを3勝0敗とリードした一局に思い当たった。それか。


カラオケ屋のバイトで、大学一年生になったばかりの青年に、いやーデンモクの機能わからんと冗談を言ったら、そっすかーと返された。その音には、お年ですものねーの色が混じった。悔しいのでもう一回、休憩中にデンモクいじってみる。
posted by ボス村松 at 16:32| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月08日

宣戦布告

バイト先のスーパーの近くに、新しいスーパーが開店していた。

競合他社。ライバル店というやつだ。

そういや、そうだ!今日開店とか言ってたな!

稽古場取りで区民活動センターめぐりをしているときに、たまたまその開店初日に、その前を通りがかったのだった。

稽古場代を払うのに、おろしたばかりの一万円は崩した方がいいかなと思っていたので、敵情視察がてら入店した。

店内、天井が高い!

ガラス張りで中が見える鮮魚調理室、パン調理室、惣菜調理室は、さながらキッチンスタジアムの様じゃないか。

銀色の什器がピカピカ光り、その周りを忙しく回る白いキッチン服のキャストたち。

初日の活気が、俺に「店員さん」というよりも、ディズニー風に「キャスト」と呼ばせるのだった。

スーパーという名の遊園地やで。

熱気にあおられて、開店記念寿司「祝い」999円と、肉質A4等級いわて何たら牛1700円を特別にレジで半額と、特性だし巻き卵398円を買ってしまった。

万札を崩すというレベルではない。本格的な買い物。

まだ区民活動センターめぐり終わってないのに!

ライバル店おそるべし。

そして買い物の最後を締めるのは、圧巻のレジ15台!!

店内の端から端まででズラッと並ぶ姿は、さながら無敵艦隊だ。

その威力たるや、店内にはお客さんがあふれかえっているのに、レジに行列ができていない。

俺も一人待っただけ。

・・・おしまいや。

・・・俺のバイト先おしまいや。

こいつ、町じゅうの買い物客を全部、根こそぎ持ってくつもりやで。

いわて何たら牛、うまかったなあ。

寿司、うまかった。

だし巻きたまご、なんてことなかった。

普段、「さてと、バイトか・・」と、重い腰をあげて向かう労役の場所である我がバイト先。

案外スーパーの仕事は嫌いじゃないんだけど、慣れて昨今は熟年夫婦のような倦怠もあった。

しかし、今改めて思う。

俺、おまえがいなくなると、ダメなんや。

思い出すのは、配管の仕事をやめて無職になったときのこと。

この手から一円も生み出すことができない事実。

あの無力感。

仕事のあることのありがたさ。

普通免許すら何もない、出来ることといえば、つまんない脚本を書くことぐらいのこの俺を、拾っていただいたときの感謝の気持ち。

立ち上がれ、戦うのだ!俺。あの強大な敵に向かって。

今日からは、これまでより気持ちを乗せた「いらっしゃいませ」「ありがとうございました」を!

気の利いた品出しと丁寧な陳列の励行を!

勝つ。

俺はこ試練に打ち勝って見せる!



posted by ボス村松 at 17:55| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月15日

スマホ持ちになりました。

「だめだ。早すぎたんだ。溶けてやがる」

巨神兵ボス.jpg

失ったスイカを再発行し、撤去された自転車を引き取り、Tカードを再登録し、

ガラケーを捨てスマホになったボス村松は、完全体になったはず。

しかし、スマホはボス村松には早すぎた。

「た、たっち・・ぱねる、そこ・・さわってない・・」

「ぱ、ぱそこんとの、どうき・・ぱすわーど・・」

この機械、なんかよそよそしい。

片手で扱って飯食いながら見ずらい。

毎日見ていた将棋の棋譜速報も開かなくなった。

時間が増えて、よいことだと思います。

知り合いの方々へ。

キャリアのアドレスは死にました。

連絡はGMAILのアドレスか、LINEにおねがいします。
posted by ボス村松 at 16:28| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月11日

おやすみなさい。

ついにスマホが家に届いた。

路駐で撤去された自転車も取り戻し、スイカも再発行されている俺はもはや完全体と言っていいだろう。

スイカを使って星野くんのバーに行って、うちのいらない電子レンジを置いてきた。

ついでに飲んだ。たのしかった。

ともあれ、年初に上げた今年の目標、「電子レンジを置いてくる」を1月にしてクリア。

のこりの11か月を、おまけとした。

ただ現在、スマホをちょっと触って、なんかメンドクサイナーとしり込み中。

一回寝て、起きてからつなげる。

そこで、完全体だ。
続きを読む
posted by ボス村松 at 10:44| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月07日

2018年もまっすぐ歩けそうにありません

2017年の年末の私は、スイカを紛失しスイカを持たず、駅で切符を買い、

Tカードを紛失し、未登録のTカードを使い、

携帯は紛失していないものの、充電器を外すとすぐ電源が切れるので、家電として携帯せずに使っていた。

2018年に入り、Tカードの紛失手続きをして旧カードと新カードを統合、ポイントを使えるようになった。

JCOMの人に来てもらって、ソフトバンクを解約、JCOMの格安スマホを使う算段もついた。

あと3日ほどで、アクオスケータイが届く。

スイカも紛失届をして再発行すると、スイカ内のチャージ金がそのままに新しく使えると知る。

先日紛失届を出したので、あとはJRに再発行に行くだけだ(紛失届提出、即再発行はできない)。

これで、ようやく俺も2000年代の人間に戻れると思っていたところ、

池袋で路駐した自転車が撤去されて、歩きの人間になってしまった。

もう、俺!!

健康診断があった日に寝過ごして、急いで自転車を駆って池袋のクリニックに到着。一か八か自転車を路駐。

一時間ぐらいは大丈夫だろう。

健康診断を終えたところでは、自転車のことを忘れていた。

「ああ、ここのクリニックはドリンクバー無料だった」といらんことを思い出して、

週刊マンガ誌を読みながら、コーヒーを飲んだ。

モーニング面白かったです。

ビルの10階にあるクリニックを出て、エレベーターに乗った辺りで、自転車のことを思い出す。

やば。

一階ロビーからガラスの自動ドア越しに見る、歩道には俺がそこに止めたはずの自転車がない。

はい、しゅーりょー。

辺りを見回すと「午後3:00に撤去しました」との立て看板があった。

腕時計を見ると3:10とだった。10分遅かった!!

30分ほど、マンガを読んで新聞読んでた。

痛恨。

マンガを読むなら、マンキツに行こう。

クリニックのドリンクバーも無料だけど、蔵書は限られてるし、高くつくぞ。

自転車の引き取り額は5000円。
posted by ボス村松 at 08:01| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月01日

あけましておめでとうございます。

一年の計は元旦にあり。

今年こそ、恵比寿スターバーに使わなくなった電子レンジを持っていくぞ。

***

帰省して実家にいる。

これから、妹の友人がお嫁さんになっている、料理屋さんのおせちが卓上にのぼる。

たのしみ。

前にお店に連れて行ってもらった時に食べた前菜は、俺の生涯レベルで記憶に残る味だった。

おせちはどんなことになっているのか。

***

昨日は紅白歌合戦を堪能した。

林檎ちゃんとトータス松本のデュエットが上手でよかった。

一年前の林檎ちゃんは、なんか調子悪かったから、ハラハラしてみた。

やっぱりカッコいい。やっぱりパーフェクト超人だ。

スーパーフライが一番よかった。うますぎるのは、そこに収まってる感じがして好きじゃないんだけど、歌の後半部分になってくると、それを超えてきた。めちゃくちゃ声が出る。とんでもねー。

ぐっと感動した。

ゆずがオオトリで、ゆず〜?と思ったけど、ゆずもよかった。

ガンダムのめぐりあいが、良曲なのは、ガンダムVが名作なのが大きい。

ガンダムとジオングの死闘が頭に蘇る。

ゆずのも、オリンピックが蘇った。

北島はすごかったなー。





posted by ボス村松 at 10:18| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月24日

いちご大福

とある事情で、とても臭い男子トイレと、週2で付き合うことになった。

本当に臭いのだ。

自身を顧みて反省した。

トイレ掃除をしながら、俺は決意した。明日からは、俺も座って小の用を足そう。

そんなわけで、先日、ほとんど人生初めてというくらい、座って小だけをした。(除く、大をしようとして大が出ない場合)

ズボンを下ろしたり、よっこらせと座ったり、幾分尺が伸びた一連の行為の最中、イチゴ大福を考えた天才のことを思った。

何で入れようと思ったんだろう。

イチゴが甘くなり大福がジューシーになる、あの奇跡を先見していたのだろうか。

それとも偶然の産物なのだろうか。

気づいた時には、俺は便座の上で、ふんばっていた。

俺、うんこはしたくないのに。

人間の自由意志というのは、どれほど我々に許されているのだろうか。

人間もまた愚かな畜生の域を出ないのではないだろうか。

おい、そこのパブロフの犬っ。

ワン。
posted by ボス村松 at 08:58| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月21日

ウルフスペシャル

ここ数日、夜勤バイト明けに飲み食いせず、9時ぐらいに寝て14時ぐらいに起きてる。

16時ぐらいに飯を炊き始め、17時ぐらいにお相撲を見ながら、お嫁さんと飯食ってる。

相撲おもしれえな。

子供の頃、仕切りとか塩まいたりとか、たるくて見てられなかったんだけど、今は「おお、気合入ってるな」とか面白い。

投げがカッコいい技。

押し出しがつまんない技。

昔はそう思っていたのだけど、今はもう、押し出しなんて超立派な技で、うちのテレビ桟敷ではブラボーの声が上がる。

半分以上の取り組みが、はたき込みで、お相撲さんがばったり前に倒れて相撲が終わる印象。

はたき込みにはカタルシスがない。

ああーっ、ってため息がでる。

ましてや投げで決まるところなんて、ほとんど見られない。

まあ、きっと手間なんだよな。勝ち方としても。

しかし、本日結びの一番、白鳳が逸ノ城を、上手投げの最終進化系であるところのウルフスペシャルで土俵の上に転がした。

カッコ良かった。王者はそうでなくては。

本日の晩御飯のメニューは、

ごはん、味噌汁、三日目のおでん、さんまの塩焼き、でした。

いろいろにぎやかに騒いでいる話題はあるけれども、俺は、お酒の席のそそうということで、みんな無罪に一票。

次からは気を付けましょう。


posted by ボス村松 at 19:42| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月18日

タコとアーティチョークのサラダ、めちゃうまい

濃い一日だった。

夜勤バイト明けに、パソコンを開くとボス村松のラジオのことで屋代くんからメールが来てた。

それに思うところが合って、作戦をして、待て次号。

寝て昼に起きて、コメフェスを見に行って、ピヨピヨレボリューションのメジャー感に手を合わせ、信心する。

有難いものを見た。

そこから足を延ばして池袋のLOFT。お嫁さんから誕生日プレゼントに時計を買ってもらう。

Gショックです。

ついでに靴も買う。さすがに二つも買ってもらうのは悪いのでこれは自分の財布から。履いていて穴があいた今の靴は青色だったので、今度はオレンジのにする。

さらに足を延ばして神楽坂。

「前菜が主役」ボン・グウというお店でお嫁さんにお誕生日を祝ってもらう。

これはお嫁さんのおごり。

おお、うめー、この店は大ヒットだと食べている時にケータイが鳴る。

バイト先のスーパーから。

出勤日という。

あれ、そうか、15日を超えたから、シフトの曜日が切り替わってるのか。そうだった。

お嫁さんに謝って、慌てて店を出てバイトに向かう。

バイトリーダーからすこし、怒られる。バイト仲間にすこし、よそよそさを感じる。

それでも、つつがなくバイトを終える。忙しかった。ごめんなさい。

今、帰ってパソコン開いてる。

ラインを見ると、コメフェスのプロデューサーさん(去年お世話になっているためラインでつながっている)から、劇場に脚本忘れていませんか?とメッセージがある。

そうです、忘れていました。

幕間に台詞覚えしようと鞄から出していたのだ。

プロデューサーさんが、なぜただの脚本のコピーを、俺の脚本だとわかったのか?

それは脚本のタイトルが、ボス村松のラジオで、一ページ、一行目にそれが書いてあるからなのだった。

posted by ボス村松 at 09:40| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月14日

酒は飲まない方がいい

日馬富士が酔って貴の岩をビール瓶で殴って、大怪我を負わせた。

先場所優勝から一転、今場所休場。進退を問われる事態となった。

なんとなく、自分に重なって他人ごととも思えない。

去年のコメフェス優勝からの流れに似ている。

過去に「遍歴の騎士ヤマオカ興の酒気帯びでやんす」という芝居を作って(ああ!!のどかさん!!)、酒は飲んでも飲まれちゃダメよを題材としていたのだが、全く身になっていない。

先週一週間は、毎朝バイト明けに飲んでいた。

脚本書きは進まず、お絵かきも進まず、本も読まず、当然ギターの練習もしない一週間だった。

なんか、だるい一週間だった。

今日、飲まずに、バイトから帰ってすぐに寝ると、四時間ぐらいで目が覚めた。パソコンの前に座って脚本に向かうと、筆が進む。

おお、調子がいいぞ。

前に進んだせいか、アルコールが入ってないせいか、はつらつしてる。

この分だと、今週中には書きあがるんじゃないのか。

10ページぐらいの中編に思っていた、ボス村松の国産ハーブ鶏であるが、20ページぐらいになりそう。

ちょうど、コメフェスにいい尺だなあ。

来年応募するだけは、してみようかな。

お酒は飲むと、おいしくて、たのしくて、時間がすぐすぎる。

飲まないと時間が長い。休みの日じゃなくても、バイトからバイトの間に一仕事できる。

その方がいいよね。

知ってはいるんだ。
posted by ボス村松 at 16:30| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月09日

料金引き落とし

携帯の調子が悪くなった。

電源が落ちる。

電池パックの摩耗でもない感じ。

うちのアパートはジェイコムに入ってるんだかなんだかだったかで、ネット接続もジェイコムだ。

ジェイコムからちょうどよく案内がきていて、ケータイもジェイコにするとものすごく安くなるとうたっている。

3分の1になりますよ。だってさ。

じゃあ、ジェイコムにするかと思ったが、ソフトバンクを解約するときは、二年契約の二年単位に訪れる解約月に解約しないと、違約金が発生するとお嫁さんに知らされる。

あぶねー、そんなトラップがあったのかよ。

そんなこんなで、マイソフトバンクを見てみると、これも折よくあと一月待てば解約月になる。

違約金は9500円。バカにならない。

これは天の利地の利人の利がそろったということで、あとひと月、このガラケーでだましだまし過ごして、来月からジェイコム契約のスマホ持ちになろう。

フリック入力できるかな。

このからみで、マイソフトバンクを見ていると、意識してなかった料金のことがらで、この料金プランでこれこれこれをすると、着うた一曲ダウンロードで25000円相当の料金がかかりますよ。とか書いてある。

怖くなる。

引き落としって怖い。

恫喝されて、カツアゲされるのも怖いが、こんなの引き落としもっと怖い。

知らんうちに、貯金0は、実にありうる。

クレジットカード乗っ取りとか。

松井さんは、この辺り実に用心深く生きている。

「ネットに俺の情報をさらすな!」

俺は松井さんに、気にしすぎだよと言ったものだが、違うな。

間違っていた。

松井さん正しい。

俺もこれからもうちょっと気を付ける
posted by ボス村松 at 10:18| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月03日

無糖と微糖

「いや、無糖並みに美味いんすよ。」

「じゃあ、無糖買って来いよ!」

先日、好評のうちに終演した劇団鋼鉄村松公演「鋼鉄の泡」の楽屋裏であったやりとり。

なんだか、面白く心に残った。

   ***

作演のバブルムラマツに「コーヒー買ってきて」のお使いを頼まれた、受付/撮影で参加の新劇団員、村松ケツプリオ(旧藤堂さん)が、微糖のペットボトルを買ってきた。

バブルは不審な表情で、その無糖並みに美味いという微糖を、一口。

「うん、まずい」

「えー」とケツプリオ。「美味くないっすか?」

無糖並みに美味いと言ったケツプリオにしても、つまりは、基本無糖の方が美味いと思っているようだ。

無糖並に美味いというのは、やや無糖より落ちるニュアンスが含まれる。

無糖と微糖の値段は、同じだろう。

ケツプリオは、味そのものよりも、自分が飲んだ時の驚きをバブルに伝えたかったのだ。

そして伝わらなかった。

そんな心のすれ違いがここにはある。

このやりとりを脇で聞いていたときは、「なんか、ええな」と思っていた俺だったが、

昨日、なんで面白かったんだろとふと思い出して、心のすれ違いか、と腑に落ちた次第。
posted by ボス村松 at 17:22| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月01日

おもてなしの心

東京オリンピックで、外人がくるぞ!

スーパーのレジ打ちとしては、戦々恐々の事態と思っていた。

ところが、最近、テキトーな単語並べただけで、案外通じるぞ、この言葉探しゲームが案外楽しいぞということを発見した。

この前、南アルプスの天然水の変な味シリーズを、これは普通の水ではないことを伝え、理解を得た。

ディスイズ クリア。ライク ウオーター。バット ノット ウオーター。テイスト ティー。

伝わった。まじかよ。ライク ウオーターでいいの? 水が好きってならないの? 

ほほう、普通の水の500ペットをケースで買いたいとな。

あ、すいません在庫にケースはありませんでした。

バラのものを、廃段ボールに入れてそれでお買い上げでどうですか?

あ、それでいいですか。

ありがとうございます。

そんなやり取りを成功させた。

終わった後、俺にその外人さんを「どうしましょう英語です」とふってきた同僚に対して誇らしく、

また、来る2020年に対して自信を深めた。

でも、まだ、センキューというのは気恥ずかしい。

サンキューと言う。

何のテレだと思う。


posted by ボス村松 at 18:58| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月12日

羽生棋聖誕生!!

中村太地六段が羽生二冠を破り、ついに、羽生棋聖が誕生した。

現在、将棋界は8大タイトルの時代であるが、そのうち名人と竜王が別格。

名人か竜王のタイトルを持っていると、その他にも何かのタイトルを持っていても、***名人、***竜王と名乗ることになる。

名人、竜王以外のタイトルを複数持っていると、例えばそれが2つだと、***二冠となる。

今回、羽生二冠(内訳は棋聖と王座)が、王座を失冠したので、羽生棋聖となった。

棋聖はタイトルの中で席次は最下位のようなのだけれど、名前の響きは二番目にカッコいい。

一番はやっぱり名人かな。

羽生棋聖。

いいじゃないですか。

コメフェスもなあ、タイトル制にすれば、今回もタイトルホルダーとして今秋の開催のものに参加できたのにな。

でも、まあ、今季の王者はまだ決まってないので、現王者は鋼鉄村松なのです。

コメディフェスティバル現王者の、鋼鉄村松の新作公演があと、一週間後に!!

***

劇団鋼鉄村松公演「鋼鉄の泡」

作演出 バブルムラマツ


2017年10月19日(木)〜22日(日)
@新宿シアター・ミラクル

脚本・演出 バブルムラマツ

上演作品:
「戦場の意気地なし」
「人造カノジョ」
「4人の怒れるドルヲタ」

「エレクトリカル・ハピネス」


チケットご用命は、ブログ右上のタイムテーブルで!


posted by ボス村松 at 10:07| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月10日

キャッシュカードがあった

キャッシュカードをなくして、ムラマティから5000円借りた状態だった。

どちらかというと、劇団内では貸す側だったので屈辱を感じながら頭を下げた。

ムラマティはどちらかというと優越感を見せながら財布から5000円を抜いて俺に渡した。

正規雇用になると、一味違う。財布の中に5000円以上入ってる。

そのキャッシュカードが見つかった。

ボス村松の竜退治の金庫代わりのタッパーに入ってた。

タッパーには6万円も入ってた。

あー、そこにヒョイといれてたかー。

そんなタッパーがまだあったことに驚く。ヒョイと入れたことにも驚く。

大学生になって、キャッシュカードを持つようになってから、ずっと財布にキャッシュカードを、あと保険証も何やらも全部いれていたのだけれど、数年に一度、財布はどこだと青ざめるので、今夏からカード類は引き出しに入れることにしていたのだった。

まー、それが引き出しに入ってなくて、結局青ざめたという話。

何をどうしようと、人間から変えていかないとどうしようもない。

でももう45年変わらなかったものは変わらないので、その都度パッチを当てて、いいところを見ていこう。

自分を好きになる魔法、つけまつける、の心持ちで。

キャッシュカードなー、

DM発送のための、透明ビニール封書をネット購入するときに証番号参照するために引き出しから出して、そのままヒョイだったんだな。思い出した。

今回のピンチを動機に、部屋を少し片づけた。

役に立った。ためになった。

   ***

劇団鋼鉄村松公演「鋼鉄の泡」

本番間近。

ご予約はブログ右上のタイムテーブルで。




posted by ボス村松 at 18:41| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする