プリズンブレイクイメージ.jpg 新作情報
 「ボス村松のプリズンブレイク」
 2020.7.24(fri)-25(sat)
 @新宿シアター・ミラクル
 2500yen
  

2020年10月20日

高円寺観光

先週の土曜日。恒例となりつつある、お嫁さんの自転車で東京探訪に付き合うの巻。

雨が降っていたので、自転車は断念。傘を差して、高円寺まで中華の定食屋にごはんを食べに行く。

量があって、知ってる味より、一味おいしい。そんなお店。

行ったのは随分前なので、ネットで今、どうなっているか検索して、見つからず。

一抹の不安を覚えながらの行脚。

南口の商店街をずんずん進んで、この辺りではないかという地点を過ぎて、もうひと粘り歩いても、記憶の店構えがみつからない。

どうやら、なくなってしまったらしい。

お店はなくなる。

行ける時に行っておけという教訓を得る。

特にこのコロナ禍のご時勢では。

さて、代わりにどこに入ろうとなったところで、私の便意が限界に達する。

目の前にあるサイゼリアでとりあえずの、お茶をして、それからだ。

一歩足を進めたところで、ケータイショップのイベントにひっかかる。

くじを引いて、2等を当てる。

くじをこれでこすって、と言われた靴ベラが全くの用をなさなかったり、2等を当ててどれが2等か決まってなかったり、グダグダだったが、この中の景品から好きなのを選んでと言われて、布マスクを選んだ。

使い捨てマスクが安くなっても、私のエースマスクはアベノマスク。

頼もしい味方が加わった。

サイゼリアに入ってお茶だけで済むわけがない。

ピザとラム串と豆スープとアイスクリームのっけコーヒーゼリーとワインをキメる。

うまい、と唸る。

サイゼリアはやっぱり最強。

うちの隣にできてほしい。

高円寺に来たので、古着屋でおれのパーカーを買う。700円。

最近寒くなってきたので、スーパーマーケットのバイト中が寒い。

ユニフォームの下に着こむものとして。

スーパーマーケットの売り場は冷ケースに囲まれているので、どうしても寒くなる。

いい買い物ができた。

近くのたまごが売りのプリン屋で、プリンを買う。普通。

ここからは復路。

駅前の鮮魚青果店で、お土産を買って、その隣の惣菜屋でメンチカツを買う。

メンチカツはその場で食べた。

メンチカツは好物という訳ではないのだけれど、谷中の商店街行脚から俺の中で当りのメンチカツを探すブームが起きているのだった。

あっさりめの肉の味が悪くない。谷中のメンチカツよりも安いので、現状1位とした。

セブンのを食べたら、1位とかいいそうな予感もする。

今度食べてみよう。

中華料理を食べようと思っていた舌を満たすため、タンタンメン屋に入る。

お嫁さんのタンタンメン好きは、先々週に馬賊(中華料理屋)に行った折りにも触れた通り。

胡麻のクリーミーさが特色。

まずまず、とお嫁さん。

俺の食ったのは、マーボータンタンメンで非常に山椒辛かった。

でも、まずまずおいしかった。

家に帰って、たのしかったねーとお嫁さんが言った。

俺もたのしかった。

ちょこちょこ買い食いすると、たのしい。
posted by ボス村松 at 17:31| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月13日

盗み聞き

今日は良い日だった。

スマホを使って路上で脚本を書きつつ(主に書けない)、配送のお呼びがかかったらウバ活をする。

そのバランスがよかった。

脚本、ちょっと書けた。

ウバ活も、もっと厳しいかと思っていたけど、最低限の思っていた回数は乗れた。

俺はウーバーを始めて3週間ほど。

しかし目に見えて、この1週間ほどで、ウーバーの人が増えた気がする。

実際に俺みたいな新規参入の人間が増えたのか、コロナが終わって(?)発注が減り、前までは自転車に乗っていた人が、自転車から降りて街でスマホをいじっている姿が目立つのか。

ベテランウーバーの人同士の話を、横で聞いた。

「今日は、ひどかったですね。ワーストですよ」

やっぱりそうなんだ。

その中で、健闘したな、俺。

雨の日は、外に出たくない人の発注が増えて、雨の中で走りたくない分ウーバーの人の数が減る。

ウバ活的には雨待ち。

この前の雨の日は、いっぱい乗れた。

ただ、雨の中、路上で脚本は書けない。
posted by ボス村松 at 23:47| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月10日

ぞぞ

今日はスーパーマーケットのバイトからの、カラオケバイトなので、ウーバーイーツに出陣できない。

雨の日はウーバー日和なのに。注文がいっぱいくる。特典もつく。

残念。

さてさてウーバーで貯めたゴールドが、俺のリアルな銀行口座に円として、振り込まれていた。

うひょー!

ゾゾの前澤元社長が、もう一生使いきれないぐらいのお金があって、何でまだお金もうけをするんですか?と問われて答えたのがある。

会社を大きくすれば、雇用を生むことができ、これは社会貢献だ。というのが一つ。

あと、お金もうけは、めちゃくちゃ楽しいからです。だそうで。



わかるぜ今の俺には。

時間給じゃなくて、自分の足でゲットする感覚。

俺なんてウーバーのルールに則って、たのしーとやっている。

俺との違いは額の多寡もあろうが、前澤元社長は、自分で道を切り開いてお金儲けをしているわけだ。

そら楽しかろう。


俺も演劇で道を切り開きたいものだ。

ウーバーのやりすぎに注意だね。

きたる上演にむけての軍資金集めのつもりだったので、ウーバーが俺の演劇活動の邪魔をするんじゃ本末転倒だ。

noteに脚本アップしたり、動画編集したり、脚本書いたり、爆発する準備をしなくちゃならん。

ギターなんて、もう全然触ってない。

爆発させるものがなければ、軍資金なんて、飲み代にするぐらいしかない。

それが、たのしいのかもしれない。

それで、いいのかもしれない。
posted by ボス村松 at 10:01| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月04日

日暮里遠征

放っておいたら、土日をダラダラ過ごしてしまう!

私は自転車に乗って東京の街に出る!

お嫁さんのサイクリングに付き合って、馬賊(中華料理店)のタンタンメンを食べに日暮里に向かった。

この半月ほどウーバーイーツにハマって、嬉々として配達にでかけてGOLDを貯めている俺にとって、タダの自転車搭乗はちゃんちゃらおかしいとしたもの。

でも、ついて行った。

日暮里は確かに遠い。

しかし毎日自転車に乗ってる俺には、楽勝だぜと思ってついて行った。

思っていたよりもまとまった距離だった。

ウーバーイーツは乗って降りて連絡を待っての繰り返しなので、一気に練馬ー日暮里間のライディングは、なかなかじゃない。

サラリーマン村松などは、川崎から中野の稽古場に自転車に来ていたので、たいしたものだ。

あいつは、ギアのある、カッコいい自転車を持っている。

俺の自転車は後輪ブレーキをかけると、キーッと音がする。

後輪ブレーキは左手のブレーキ。効きがよい。

右手の前輪ブレーキは効きが悪い分、キーッとは言わない。

前輪ブレーキを主戦とすべく、右手での片手運転を練習を始めた。

俺の右手が唯一左手に劣るのが、自転車の片手運転だ。

右手片手運転が左手片手運転を凌駕する日も近かろう。

さて、日暮里への行程の半分は不忍通りの上を走る。

不忍通り、坂が多いな!

東京マラソンで走るのかな?大変だぜ。

上り坂嫌いを公言するお嫁さんが、一回も下りることなく登り切った。

スピードも俺と変わらなかった。

馬賊につくと、5組ぐらい並んでいる。

グーグルの言う想定所要時間よりも時間がかかった。

屈辱である。

わざわざ練馬から自転車で来て、タンタンメンを諦める選択肢はないので、並んで食べた。

お嫁さんが、おいしーねーと感嘆する。

手打ち麺で、細いのと太いのが混在しているのがいい。

スープに酸味が利いているのもいいのだそうだ。

俺もおいしいと思った。同時に普通とも思った。

手打ち麺の麺の太さの混在は、茹で上がり具合の混在を呼ぶので、不具合の要素になるのでは?とお嫁さんに問うと、

それもいいのだそうだ。

昔、美味しんぼで、米粒の大きさを一粒一粒よって同じ大きさの米粒で炊いたご飯が激ウマという回があった。

美味しんぼが常に正しいわけではない。

ラーメン屋で、麺を細麺と太麺を選べる店がある。

ミックスがあればいいのではないか?とお嫁さんに問うと、それいい!とのこと。

ラーメン関係者のみなさん、ビジネスチャンスです。

まっすぐ帰らずに、谷中銀座を散策した。

歩いたらすぐ、端までついた。

この銀座ちっちゃいな。

ついでに寄るには、いい。

テレビで紹介されたというメンチカツを食べたあと、日本うまいもの6位というメンチカツが現れたのでもう一個食べることになった。

高級牛肉卸しの腰塚の本店があったので、覗いた。

100グラムの値段が、バイトしているスーパーマーケットの値段と変わらないので100グラムだけ買った。

まだ、食べてない。今日の夜食べる。

本当は牛肉のスタミナ漬けを買うつもりだったのに、店内を物色しているうちにそれを忘れてしまっていた。

スーパーの牛肉のスタミナ漬けは、ちょっと安くて味はイマイチというのが俺の中の定番なんだけど、ここのはどうだ?

そんな興味があった。値段について、ちょっと安くはあった。

痛恨。食べてみたかった。

帰りの道で、六義園に寄ることも考えていたのだが、生肉がカバンに入っていることもあって、まっすぐ家に帰った。

行きの方が上り坂が多かったので、帰りの方が下り坂が多かった。

ついつい、左手ブレーキをかけて、キーッと音をさせた。



posted by ボス村松 at 15:54| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月25日

マック

マクドナルド、うまいな。

ウーバーイーツを始めて、マクドナルドが一番人気。

ひと昔前の、中国産の青緑色の肉の、バッシングはどこいったんだ?

まあ、俺も忘れてたんだが。

配達のピックアップの度に、ひさしぶりに食べてみようかな、の思いがつのる。

昨晩、お嫁さんが「週末だよ、パーティーだよ、何食べる?」と言ってきたので、

マック食いたいと答えた。

本来木曜夜は、週末ではないのだが、お嫁さんは、本日金曜を、王将戦リーグ、木村ー豊島戦観戦のため、やすんだのだった。

狂ってる。

俺は月見バーガーとチーズバーガー、お嫁さんはマックグラン。

コーラが合う。

ビールの栓も開けたのだが、コーラの方が合う。

ビール最強説敗れる。

マックにはコーラか。知ってた?

そっかー、高いハンバーガーはそれなりにおいしいんだな。

俺の貧乏性が、ハンバーガー110円に引っ張られて、マックに行ったらハンバーガー単品3個にさせていた。

ワンコインで済むんだから、高いハンバーガーと安いハンバーガー、一個づつというのはアリだな。

高いハンバーガーおいしい。

やばい。

晩飯はマック、とかになりそう。
posted by ボス村松 at 10:27| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月23日

連休中

連休中はよく遊んだ。

バイト民の俺は日曜祝日関係なしなのだけれど、お嫁さんが関係ある。

遊んだと言っても、散歩と飯ぐらいのものなのだけれども、お嫁さんとは気が合うので、それぐらいで大体楽しい。

明日から連休!という金曜夜は、片道1時間以上自転車に乗って、青山の中華の名店「眠眠」にドラゴンチャーハンを食べに行った。

ふつうだった。から揚げの量は、ハンパなかった。

帰りがけ、ビルの谷間から見える神宮の花火の煙(火花は見えなかった)に東京を感じた。

土曜日、片道40分自転車に乗って、鮮魚のマーケットに。3000円のハタを買う。ハタはそんなもんの味だったが、甘えびがすごくおいしかった。羽生さんが丸ちゃんに勝って、竜王戦挑戦を決めた。

日曜日、二駅ほど歩いて成城石井にほぼ日の「カレーの恩返し」を買いに行く。「カレーの恩返し」のスパイス成分では、ピンクペッパーが利いている。あとはよく分からない。ピンクペッパーを買えばいいのかもしれない。夜中、赤毛のアンがテレビでやっていて、素敵すぎて泣きながら見た。

月曜日は遊ばなかった。11−22のカラオケバイト。バイト中、ウバ活の先輩のサイカくんから、池袋ではあのでかいバッグがパンパンになることがあるという話を聞く。

火曜日、最終日。早朝スーパーマーケットが明けてから、すぐ、お嫁さんと遊ぶのもテだったのだが、仮眠をとってお昼にウバ活池袋デビュー。やってみたかった。デビュー戦はわりにふつう。練馬の方が落ち着くは落ち着く。その後、お嫁さんと散歩&銭湯&飯。

銭湯、いいね。広いお風呂で足伸ばしてボーっとするの最高。

お嫁さんに最高だよね、と言うと、女湯は混んでいたので、そんな最高でもないとのこと。

飯はサイゼリア。念願の羊の串が食べられる。うまかった。サイゼリアってば、ほんと、なんでもおいしい。やすい。

すごいねー。ミラノ風ドリアもやっぱり食べた。

羽生さんと藤井くんの棋譜中継を見ながらの食事となった。

羽生さんが勝った。

全将棋ファンの歓びの声が大地にこだましたように思う。

藤井くんといえども、羽生さんの前では、ヒールなのだ。


posted by ボス村松 at 10:23| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月20日

3000円のビール

羽生さんが丸ちゃんに勝った。

将棋の話。

これで羽生さんの、竜王戦挑戦者決定。

一月後に豊島竜王に挑むことになる。

丸ちゃんとの決着局は、立ち合いで組み止めて、盤石の態勢で寄り切った印象の将棋だった。

カラオケバイトの休憩中に、棋譜と結果は見たんだけど、うちに帰ってから改めてアベマのビデオ視聴で対局を見た。

なんでか羽生さんが勝つと、うれしい。

基本的に期待を受けている人が、期待に応える姿を観るのが好きなのだと思う。

推しとかとは、違う心の働きと思われる。


痛飲したあと10時ぐらいに起きて、二日酔い。

せっかくのバイトがない日なのに二日酔いはもったいない。

失敗したと思ったが、お嫁さんと散歩がてらパン屋併設のカフェに入ったぐらいには二日酔いはおさまっていた。



パンを食ったところで、俺お嫁さんが羽生お嫁さんのツイートを拾った。

「羽生は、挑戦者決定が明けた朝、いつもと変わらず散歩にでかけました」

とのこと。

こちらは、祝杯で二日酔いになったのに、御当人は淡々としてなさる。

そういえば、挑戦者決定を受けての記者会見でもそうだった。



散歩はパン屋からもう二駅分足を延ばして、ほぼ日の「カレーの恩返し」を売っている成城石井まで行った。

晩御飯はカレーの予定。

しかし、そこで3000円の長期熟成ビールなるものを、目にしてしまう。

さすが成城石井、変なものを売っているぜ。

飲んでみたい!

よし、ウーバーイーツで、これを買うために3000円走る日を作ろう。となった。

俺の心の中に、今、ウーバーイーツが熱い。



ゲームみたいで、面白い。

依頼を受けて、届け物を届けて、ゴールドをゲット。

リアルロープレのようで、しかもそのゴールドは実社会でも使えるYENというのだからありがたい。

芝居の軍資金を貯めるのだ。

しかし従来バイトのプラスアルファの実入りという位置づけで考えちゃうと、このように嗜好品を買っちゃうことになる。

昨日は、これまたお嫁さんと自転車で遠出した石神井公園の鮮魚店で3000円のハタを1匹買ってしまった。

二人で折半なので、これは実質1500円なのだが。

気が大きくなっている。

ハタは、ちょっとおいしいぐらいだったんだけど、ついでに買った甘えびが超うまかった。

いや、ちがうんだぞ、俺。

ウーバーイーツは、芝居上演のための軍資金稼ぎなんだぞ。

こころして望まないと、むしろ気が大きくなった分、マイナスということにもなりかねない。



さて、晩御飯前の腹ごなしに二時間ほど、また、あのでかいバックを担いで、自転車に乗って来ようかな。

posted by ボス村松 at 15:35| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月18日

時給800円。

ウーバーイーツ、慣れた。

5時間乗って、4000円になった。

時給800円か。

散歩の代わりと思えば、お小遣いももらえる。

ただ散歩よりは配達自体が楽しく、脚本のことはあまり考えられなかった。

台詞回しの練習はできた。

高速でその場を立ち去る自転車の上は、声を出しての台詞回しの練習に適している。

今月末の日曜日に「ボス村松のバカンス」でシアトロンという演劇祭に出演する。

自転車の上で、その台詞の確認をしたわけだ。

だいたい覚えていた。

あと一週間、自転車の上で練習だ。



配達はウーバーイーツのアプリをオンラインにしておくと、「配達の依頼がありましたよ」ということでピコンと音が入る。

19時頃、4件の配達を終えて、そろそろ帰ろうかなと晩飯の食材を見にスーパーに入ったところで、ピコンと音がした。

そこから22時、もうホントこれで終わりとアプリをオフラインにするまで、うちに帰ろうとしては、ピコンと音が鳴った。

江古田駅周辺で何件か依頼をこなしたあと、豊島園に行く依頼があってその帰りに通った練馬で依頼を受けて、その近辺で数件。次に沼袋に行け、となって、沼袋でも二件入った。

まったく、ウーバーの奴が帰らせてくれないんだよな。

人気者になった気がして嬉しかった。


スーパーマーケットのシフトが、夜勤から早朝に変わって、実入りが減ったのが今年の頭。

新しいバイト問題は、これで解決ということでいいのかな。

外に出てアプリをオンラインにすれば、収入を得る手段があるというのは、心に頼もしい。

まったくモノにならなかった配管の仕事を辞めた時は、自分には一円の価値もないと暗澹たる気持ちになったのだが、これがあれば大丈夫だね。

ただ末端の労働者というのは、つくづく自分の時間を数百円で切り売りしているのだなあ、という感慨もある。


posted by ボス村松 at 14:26| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月17日

臨死体験

スマホでグーグルドキュメントを使って案外脚本が書ける(結果あんまり書けないが、書こうとすることはできる)と判明。

ぼんやり脚本を考えながら散歩して、着想を得た時に、足を止めて書くことを始めたのが先週。

散歩じゃなくても、いいのではないか。と考えたのが今週。

ウーバーイーツをしながら、着想を得た時に、足を止めて書けばいいのではないか。

お金も入る。

おお。

という訳で登録して、昨日、初めて配達した。

超緊張。

そんな初めてのおつかい。

アプリがいきなりバグったんじゃないかなあ?

お店の場所が地図に出てこない。

分からない。俺のアプリの使い方が間違っていたのかもしれない。

所要時間1分の表示はある。お店の人は1分で来ると思って、食事をつくっていることだろう。

どうすればいい?

アプリに頼らず、住所をコピペして、グーグルマップで探すんだ。

あ、この表示はテキストとしてコピペできない。

暗記して、グーグルマップにフリック入力で…

頭がカーッと熱くなって、指が言うことを聞かない。

昔、配管の仕事で、どうにもならなかった、あの辛い半年を思い出す。

使ったガムテを、どこに置いたか忘れて、ガムテを探してばっかりいた半年だ。

つらかった。

最近は、これがわたくし、ボス村松でございと、やや枯れたふうな、分別がついたような顔をしている俺だが、

それは薄皮一枚の表面にすぎず、その中身は、何ら変わらない不器用でピンチに弱い俺であることを、悟った。

大学の時、サユリちゃんが好きで、どうにもならくて、でもどうにかしたくて、お花を1本買って稽古場で渡したり、宿舎のドアノブにバイト先のお好み焼きが入ったレジ袋を下げたり、サユリちゃんがフクタッチとお付き合いしていることを知った後は、フクタッチの家の前に行って、サユリちゃんの自転車があることを確認したりしていたことも、合わせて思い出した。大変、不器用でどうしようもない。

これって、走馬灯?

俺、今、臨死体験してるの?

何とかお店について、商品をピックアップ。

お客さんの場所は地図に出てきた。

でもマンションの名前が書いてない。

番地だけで、探すの?

そんなもんなの?

らしいマンションの前、たまたま、同業の方が近くにいて、これ幸いとアプリを見せて、これでいいんですか?と聞く。

俺が分かってなくて、詳細が分かる画面とかあるんですか?とか。

同業の方は親身に俺の話に付き合ってくれて、このマンションでいいんじゃないのかな?と。

とりあえず、このマンションのこの部屋番号にウーバーイーツですって、まず声を掛けてみれば?

その通りにしたら、このマンションで正解だった。

今日はこの1件でウバ活はおしまい。



次は代役を頼まれた、カラオケのバイトへ。

バイト中に、他店のヘルプの話が来る。

自店で予定の時間までバイトして、他店へ。

ヘルプはやっぱり勝手が違うので緊張した。

何とかヘルプの3時間は、やり過ごせた。


クラフトビールの店と、日本酒の門打ちの店と気になっている店が二軒あって、こんど店が開いているときに、バイトが終わったら寄ってみようと思っていたのだが、せっかくヘルプで緊張しながら稼いだ3000円を、ペラッと使うのはもったいなく思ってしまった。

スーパーに寄って、家飲みした。





posted by ボス村松 at 10:49| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月11日

学成り難し

のだめカンタービレの再放送が始まった。

今日のは見忘れた。

なぜか。

昨日再放送を見て、マンガを読み返していたからだ。

なにやっとるねん。

マンガはお嫁さんが全巻をそろえている。

改めて読んで、気が利いたマンガだなあとつくづく思う。



マンガを読み返していたので、散歩脚本書き作戦もしなかった。

どうやったら、芝居のことだけする人になれるのか。

言うほど芝居が好きでないのが、問題だ。


posted by ボス村松 at 22:16| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月10日

あんこうの肝

二日酔いでした。

散歩しながら、インスピレーションが降ってきたら、スマホで脚本を書く作戦が、楽しくて、

家に帰ってテレビ点けたら阪神ーDeNA戦が7−0から7−7に追いつかれるというバカ試合をしている。



散歩のお土産の、あんこうの肝を作りながら、飲みすぎてしまった。

あんこうの肝を作りながら飲むためのおつまみで、すでに飲みすぎているのに、

出来上がったあんこうの肝で飲むんだから、二日酔いにはなろう。



三日目の今日も、二日酔いの余韻か、お酒が飲みたい気持ちにならない。

これを機会に、お酒を飲まないのがふつうの生活にできないものだ。



散歩脚本は、神社や公園のベンチが重宝した。

コンビニは、今、感染症対策でトイレを貸してくれないので、もよおすと難儀した。
posted by ボス村松 at 13:45| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月08日

高円寺の駅前の精肉鮮魚店

今更だけど、グーグルドキュメントいいな。

出かけて、スマホで脚本書ける。

書けるっていっても、そんなには書けないので、俺の拙いフリック入力でもそんなにもストレスにならない。

フリック入力もいづれ上達するだろうし。

脚本というのは泉鏡花戯曲賞の応募作であるが、まだ4ページしか書けてない。

でも、最初が一番難しい。

自分がどんなノリのを書きたいか、軸が定まるまで、書いては書き直しになる。

いつものことだ。

4ページも書けたんだぜ。立派なものだと自分をほめてあげたっていい。

でも1か月前に、1か月で書き上げてやるぜって言ってたな。

いつもじゃなくなった俺を期待していたわけだが、待っていたのは、いつもだったということだ。

しかし今日からは本気。これから1か月で書き上げてやるぜ。


さて、泉鏡花の美文の名調子の心意気を受け取り、俺なりの名調子でがんばる、という今回のコンセプト。

ボケとツッコミの構造が慣れているので、ついついそこに頼りがちなところを、ツッコミ成分を極力排して、ボケにボケを重ねていこうと苦心している。

ツッコミは美しくないからね。

ボケは美しくなりえる。

ボケもツッコミもない、まっすぐなものが書ければいいのだけれど、それはちょっと、まだ俺には難しいので、また今度だ。

万に一つの落選した場合に備えて、自分で上演できるよう、登場人物は少人数の編成にしたい。





今日は高円寺の方に歩きながら書いてみよう。

古着屋を眺めておけば、今後の衣装集めの足しになるだろうし、飲み屋の店構えは見るだけでたのしい。

そして着想が降りてきたら、ささっとスマホを開く。

いいねえ。

帰りは、駅前にある何か安い鮮魚精肉のお店で、晩飯の食材を買って帰る。

ここがキモ。

目玉の店があるのと、ボヤっとあるくのとは、心の張りが違う。

帰ってからは、野球を流して、一杯やりながら、さらに構想を練ることが出来ればサイコーだ。

昨日の巨人ー阪神戦はおもしろかった。

今中の解説、すきだ。
posted by ボス村松 at 10:24| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月05日

うどん

いまさっき、お嫁さんの自転車散歩についていって、彼女お目当ての讃岐うどん屋で食ってきた。

食べログで星3.7

お嫁さんは、うどんが好きで、おれは、まあ、どっちかというと、そば。

細いから。

でもそばも、わからない。そば茶のそばは、そばの味がする。

麺になっているそばに、そばの味は感じない。

ましてや、うどんをや。なべ焼きうどんは、味がしみてておいしい。

讃岐うどんは、ちょっと固いところがいいらしい。

お店のうどんは、たしかに、すこし固かったかもしれない。

店を出て、商店街を一通り歩いて、もう一度店の前を通ると、行列ができている。

ふつうだよ、と声をかけてあげたくなるね、とお嫁さんに言うと、

やめなさい、と言われた。

およめさんは、うどんが固かったので、満足していた。



この前の水曜日にも、お嫁さんがお礼参りに鳩森神社に行くのについて行って、将棋飯を食っていたのだ。

鳩森神社は将棋会館の隣にある。

棋士の注文の多い品を選んで食った。

むー。

きっと美味しいものを食べると、気が散るから、このペタンとした味の食べ物を選んでるんだなと思った。

posted by ボス村松 at 12:45| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月02日

かがみ

カラオケバイトのヘルプを2軒はしごしてから、自店にもどった。

見知った顔に、おつかれーと言われると、思いがけず、心がほくっとなった。

ヘルプを回って、カラオケバイトの人間はみんな若い。

おじさんは俺一人だ。

自店にないメニュー、設備が他店にはあるというのもある。

それなりに緊張していたわけだ。

自分は自分の顔を見ることができないというのは、ありがたい。

一人おじさんの絵は変てこに違いない



最近、健康のために、最近、腕立て腹筋をしている。

スクワットは鏡に向かって姿勢を見ながら。

髪が伸びてきて、俺のハゲ頭が、いかにもなハゲで面白いことに、ふいに気づいた。

俺ってこんなか。



鏡を見ながらスクワットするのをやめた。









posted by ボス村松 at 19:45| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月31日

シフト間違えた

14時に、カラオケバイトに行ったら、今日は17時からですよ、と言われた。

何度も確認したはずなんだが、今日は確認しなかった。

どうも昨日のどこかのタイミングで、別の世界線にまぎれこんだらしい。

どうせなら、今度は、のどかさんが俺の芝居に出てくれる世界線をお願いします。

じゃあ、17時まで待機してますよ。

待機場所に使うカラオケ屋のルーム、すずしー。

自転車で30分走って来た身には最高のごちそうだよ。

14時から30分ほどルームで過ごして、肌寒くなってきたところで、店が混んできたんで入っていいですよと言われる。

ラッキー。

やはり世間的にコロナは終息したらしい。

ありがたいことだ。

あと多店舗で欠員が出たということで、明日もヘルプの仕事をもらえたので、臨時収入出来。

なら今日は飲んでもいいかと飲みながらこのブログを書いています。

とはいえ、明日は11時―22時なので、いい塩梅で切り上げて明日に酔いを残さぬよう。
posted by ボス村松 at 01:27| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月30日

くしゃみ

カラオケバイトに池袋に行くと、人は戻って来ている印象。

コロナも収束傾向というニュースもあったので、来る秋冬の第三波を前に一時休戦だ。

カラオケ屋も繁盛した。

といっても、短縮営業、1部屋の定員半分だから経営は厳しいはずだ。

もう一方のバイトのスーパーマーケットは、売り上げが上がっているように見える。

客単価ってやつですか?

お客さんの数よりも、買い物かごの点数が、大きい。

おうちにいる時間が長いのだろう。

飲食の苦境が透けて見える。



俺はというと、あまり外食に抵抗はない。この前お嫁さんと、飯を食いに行った。

俺はお腹がいっぱいになると、くしゃみが出る癖がある。

くしゃみをすると、隣のテーブルの子供にすごい睨まれた。

俺もガンを飛ばし返してやったぜ。



その家族連れは、知らない間に、一つ向こうの席に移っていた。

ごめんなさい。今後くしゃみの音は押さえます。


posted by ボス村松 at 11:43| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月29日

バイトとバイトの間

バイトのカラオケ屋が、営業短縮になってもう1か月か。

夜勤がベースで働いていたのだけれど、今週末も昼間のシフト。

今日はスーパーマーケットの早朝バイトからの、カラオケの日勤なので、間が詰まっている。

限りあるおうち時間が、愛おしい。

昨日作った、コンソメおでんの汁が、練り物から出てきたエキスで、いい塩梅の味になっている。

うまい。

窓から見える青空。

7階にある部屋は見晴らしが自慢。

明るい東京が眼下にある。首相が辞意表明。

都庁まで遮るものがなく見える。

暑いんだろうなあ。

コンソメおでんに合わせて焼いたパン(冷凍させていた)が少しかび臭いような気がする。

お嫁さんは、問題なかったって言ってたけど。

しっかり寝たから、楽しくカラオケバイトできそうだ。

脚本のこと考えながら、ルームの掃除するぞ。

アルコールをシュッシュッしながら、俺は最前線で戦うコロナファイターだと考えるのが、最近のお気に入りだ。






posted by ボス村松 at 12:48| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月27日

夜に(出)かける

お嫁さんに休肝日を作りなさいと言われて、昨日は飲まなかった。

今日、早朝バイトから帰って、飲むか飲まないか思案して、飲まないと決めた。

夜に観劇に行かなければならない。

体に酔いが入っていると、どこにも行きたくなくなる。

ブッチすることはないと、自分を信じているが、せっかくだから観劇を楽しみに部屋を出たい。



というわけで、飲まずに、脚本書けないと向かい合う。

ワードのファイルを開く。

しばし、思案。

うん、書けない。

ネットを散策する。

米国で、また、黒人が撃たれて、たいへんなことになっている。

原監督が、また、褒められている。

あ、山ちゃんが今日順位戦か。



お酒は飲まないけど、つまみを作って水で食った。

多少は物足りないが、これで、いい気もする。


posted by ボス村松 at 16:54| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月24日

ヨルシカ

週末はカラオケバイト。

俺はカラオケ屋で鳴る有線、及びDAMチャンネルで、最新のヒットチャートを知る。

ビリーアイリッシュの、BADGUYの楽曲にぐっときて、PVの中の彼女の役者的立ち姿に惚れる。

検索してみると、オスカーで史上最高級の女性シンガーらしい。

おお。

俺も洋楽がわかる人間になったのかと、まんざらでもない気持ち。



一方で邦楽派でありながら、ボカロ系のチャカポコした最新のJPOPに、なかなか馴染まなかった俺。

米津玄師も最初、チャカポコに聞こえていた。

アイネクライネが好きになってから、これは米津玄師と見分けられるようになった。

アイネクライネのPVは、イラストがちょっと動くといった趣向。

歌うご自身が描いて作ったらしい。上手だけど、すこしアニメっぽい。

実物は顔の3分の2が髪の毛の、ギスギスに痩せた男で、イケメンではないと思ったが、どうも世の美的センスが彼に引っ張られて、彼の佇まいは今現在における、イケメンの一方の頂点らしい。

ダンスもめちゃうまい。なんだお前は。

そんな感じで俺が知った時は、すでに米津玄師はJPOPのトップオブトップの人だった。

周回遅れも過ぎる!2周半ぐらい遅れてた。



で、最近の話だ。

さらにチャカポコの勢いが増してきたように思える。

アニメ色の強いPVを背景に、似たような声質の女性ボーカルが、DAMチャンネルを席巻している。

全部いっしょのようで、違う人が歌ってる。

ヨルシカ、コレサワ、ずっと真夜中でいいのに、yoasobi。

なんか夜がモチーフの名前が、多いな!

いや昼間よりも夜がゲージツな雰囲気なのは分かるよ。

その中で、「夜に駆ける」という楽曲を昨日、ついに好きになった。DAMチャンネルで流れる15秒ぐらいのスポットで耳に下地ができた後、

有線でかかり始めて、この楽曲がかかるのを心待ちにする自分に、昨日気づいた。




というわけで、さっき、検索をかけてみたら、どうも2019年末から世を賑わせている楽曲らしい。

今回の俺は半周遅れか。

あと、「yoasobi」の「夜に駆ける」が正解なのだが、

俺は「ヨルシカ」の「夜に駆ける」だと思ってた。

似てるよ!難しいよ!


今、この記事を書きながら「夜に駆ける」をヘビロテしているのだけれども、yoasobiのもう一曲、「ハルジオン」との区別がまだついてない。

しかし、そういえば、今では俺がパーフェクト超人と崇めている林檎ちゃんも、俺が彼女を好きになる過程で、どの楽曲がどの楽曲か区別がついていなかったので、今回もいずれ区別がつくようになるのだろう。

そうだよ、矢井田瞳が林檎ちゃんも似てると思ってた。世の中もそう言ってた。全然違うのにね。



48才の俺は、今の人が好きなものが好きになると、ホッとするところがある。

最新の現代性と俺の今の齟齬がそこかしこに生じているからこその感情ではある。


posted by ボス村松 at 16:41| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月20日

ゴロゴロ押して

芝居で使った46型のテレビを台車でゴロゴロ押して、往来を1キロぐらい渡った。

無事、借主に返すことができて、その帰りにスーパーに寄った。

ビールとつまみのネタを買って、料理しながら飲んだ。

日の高いうちだ。

応募を画策している泉鏡花戯曲賞のアイデアがまとまりつつあり、お酒とアイデアも戯れた。

多幸感が脳みそにじんわりと広がった。

脳みそが分泌する何かの作用であることが、悟られた。

麻薬とかが、これのもっと強烈な奴なんだろうな。

誰だったかお坊さんが、悟りを得た時の多幸感を語ったのがあって、それも脳みその何かが過剰に分泌された様子だった。

大変な修行で、脳が誤作動したんじゃないかなあ。

悟り、誤作動説をここに唱えます。



暑さで、トイレスタンプがすぐ溶ける。

1スタンプで2日しかもたない。

夏場はブルーレットの方がいいのかな。


posted by ボス村松 at 10:07| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする